ページの先頭です

はじめてのカードローン 便利な使い方とその仕組み

毎日の生活を送るために必要なお金。どんなときに、どのくらいのお金を使っているかを知ることは大切です。

生活に必要なお金は、「固定費」と「流動費」に大別することができます。固定費は、住居費や保険料など、毎月の変動が少なく定期的に支出する費用です。契約の中身が変わらない間は、支出がいくらになるのか予測しやすいでしょう。一方、流動費は食費や消耗品など、その月づきで金額が変わるものを指します。

レジャーやイベントは、休日の予定や予算の計画をあらかじめ立てておくことができます。しかし、同僚との付き合いが重なる季節や、冠婚葬祭のような支出は予測しづらいものです。場合によっては、現金が必要となる出費が重なることもあります。お金が手もとになくて慌てる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなとき、JCBのカードローンがおすすめです。カードローンにはじめて申し込むときは、知らないことも多く不安に感じるでしょう。そこで、申し込み方法や使い方について、ご紹介していきます。

カードローンで「いざというとき」に慌てない

カードローンは、どのようなときに利用されているのでしょうか。

直近1年以内に貸金業者へ借入申込を行った際の借入金使途

参考:日本貸金業協会「資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査結果報告」より
(データ基準日:2016年10月28日時点)

上のグラフから、趣味やレジャーのためにカードローンを利用したことがある方は、全利用者の約3割近くであることがわかります。
日常生活に必要な費用や、勉強に関連した費用のために利用する方もいます。出費が重なったときや、銀行にいく時間がとれなかったときに、手持ちのお金や口座残高が足りなくなったらどうしよう…という不安を感じたことがある方も多いでしょう。
いざというとき、カードローンを利用することができれば、慌てずに現金を用意することができます。

カードローンの申し込みはどうしたらいい?

JCBのカードローン「FAITH」を申し込む場合、JCBカードサイトの「FAITH」詳細ページの最下部にある「カードを申し込む」ボタンをクリックすると、入会申し込みフォームに移動します。
次に、WEBもしくは、郵送にて本人確認書類と収入証明書類を提出してください。郵送の場合には、登録された住所あてに書類提出用の封筒が届きますので、書類を入れて返送してください。
その後、JCBより、カードローンの入会審査の結果がメールで届きます。
カードローンの審査完了後、最短3営業日で登録された住所あてにカードローン「FAITH」が届きます。
パソコン操作に慣れていない方やご不明点がある方は、電話でのお問い合わせも可能です。

JCBローンカードデスク

0120‐16‐5140

受付時間/9:00AM~5:00PM(土・日・祝・年末年始休)

カードローンの限度額はどうやって決まるの?

万が一の出費に備えるなら、利用できる額は大きいほうがいいと思う方も多いでしょう。

カードローン申し込み時には、カード会社が借り入れと返済に関わる審査を行います。審査時に収入証明書類を提出し、年収や給料を確認して、それに応じたご利用可能枠(限度額)が決まります。

借入総額は「年収の3分の1」を超えることができません。貸金業法で貸付の上限割合が定められており、これを総量規制といいます。

この規制によって、ご希望のご利用可能枠(限度額)に満たない場合があります。

ここが知りたい カードローンの使い方

では、どのようにしたらお金を借りられるのか、カードローンの使い方や便利な活用方法を紹介します。

カードローンの使い方

カードローンの申し込み契約が完了したら専用カードが郵送されます。このカードがあれば、コンビニエンスストアに備え付けてあるATMなどを利用して借り入れができます。
指定した口座に振り込まれる「振り込みサービス」もあります。銀行のお金を移し替える時間がないときや、引き落としの支払いが多くて残高が不足するかもしれないときに便利です。

借入額を返し終わったらどうする?

カードローンを利用し、その返済が終わった後に、そのつど退会(解約)する必要はありません。また借り入れをしたいときに備えて、カードローンは退会(解約)せずに持っておくことができます。また、返済中でも、ご利用可能枠(限度額)の範囲内で自由に借り入れの追加が可能です。
どうしても退会(解約)したい場合は、電話または会員専用WEBページ「MyJCB(マイジェーシービー)」からいつでも退会の手続きができます。

余裕があるときに「まとめ払い」で利息も少なく

手もと資金に余裕があるときやボーナス時期にあわせて、キャッシングリボ払いの借り入れ残高を「まとめ払い」にすると、後にかかる利息を抑えられます。

カードローンの仕組みがよくわからない

カードローンは、住宅ローンのように、何か特定のものを購入するためにローンを申し込むのではありません。その使い道は自由です。

  • ローンの申し込みに担保や保証人は不要
  • いつでも利用することができる

この2つがカードローンの特徴です。
目的や使い道がはっきり決まっていないけれど、都合にあわせて必要な現金を用意したいときにはカードローンが便利です。

カードローンを申し込むなら、どのポイントに注目して選ぶのが良いでしょうか。日本貸金業協会が行ったアンケート調査によると、カードローンの申し込み先を決めるときのポイントに、6割以上の人が「金利の低さ」を、4割近くが「申し込み手順の分かりやすさ」をあげています。

借入先を選定する際に重視するポイント

参考:日本貸金業協会「資金需要者等の現状と動向に関するアンケート調査結果報告」より
(データ基準日:2016年10月28日時点)

一般的に、カードローンは、ご利用可能枠(限度額)に応じて金利に幅があり、どの金利が適用されているかわかりづらいのが難点です。

JCBのカードローン「FAITH」なら、ご利用可能枠(限度額)に応じて金利を固定し、段階わけしているので金利がわかりやすいという特徴があります。さらに、カードローンでもキャッシングサービスのように、1回払いを選ぶこともでき、5.00%と低金利(JCB内比較)です。

まとめ

カードローンの使い方を知っておけば、お金が足りない不安を解消することができます。ご返済の見通しをたてて上手に利用しましょう。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

この記事に関連するカード

信頼のカードローン「FAITH」

JCB CARD LOAN FAITH(カードローン専用カード)

  • 年利4.40~12.50%の低金利(当社比)設定
  • 借入限度額は50万~500万円
  • WEBで申し込み完結
  • 最短即日審査完了
  • 借り換え・おまとめにも対応
  • 手数料無料で全国15万台以上のCD・ATMを利用可能
  • インターネットまたはお電話の申し込みで最短数十秒でお振り込み

お申し込みはこちら

ページの先頭へ