ページの先頭です

キャッシングの返済遅延に関するよくあるご質問

カードローンの支払いが遅れた場合

カードローンで返済遅延があると、カードローンFAITHだけでなくその他のJCBカードのご利用にも影響がある場合があります。

返済遅延は、遅延損害金の発生などお客様にとってデメリットがあります。

ここではカードローンFAITHの返済遅延に関する質問にお答えしています。
カードローンFAITHをご利用の際には、返済の遅延をしてしまわないよう、計画的にご利用ください。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

返済を延滞するとどうなりますか?

カードローン「FAITH」のご返済を遅延した場合、新たなキャッシング1回払いおよびキャッシングリボ払いの利用を停止する場合があります。

遅延によるカードローン「FAITH」の利用停止は、遅延分を支払いされても一定期間継続する場合があるためご注意ください。

また、カードローン「FAITH」以外のサービスを利用されている場合、その他のJCBカードも利用が停止される場合があります。

その他のJCBカードの利用代金の返済が遅延した場合についても、カードローン「FAITH」が利用停止される場合があるためご注意ください。

また、返済の遅延が続いた場合など、ご利用状況により、退会となる場合があります。

カードローンの延滞の履歴は残ってしまいますか?

履歴は残りますか?

返済遅延があるもの、またはあったものは、遅延した履歴が個人信用情報機関に登録される場合があり、登録された場合、下の期間履歴が保有されます。

  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)の場合
    契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年以内
  • JICC(株式会社日本信用情報機関)の場合
    契約継続中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年以内

返済遅延等の履歴が登録された後、遅延分を支払いされても、遅延した事実等は上の期間登録されたままとなるためご注意ください。

延滞の履歴が残ると住宅ローンを組めなくなりますか?

個人の信用情報は個人信用情報機関に登録され管理されています。

カードローン「FAITH」を提供する当社を含め、クレジットやローンを扱う金融機関は個人信用情報機関に加盟し情報を共有しています。

そのため、一定期間以上カードローンの返済遅延が発生し個人信用情報機関に登録されてしまうと、住宅ローンなどその他のローンのご契約に影響する可能性があります。

クレジットカードやカードローンの申し込み時に遅延の履歴等は審査されますか?

遅延履歴は審査の際に確認されますか?

クレジットカードやカードローンをお申し込みの際には、個人情報の取り扱いに関する同意が必要です。

カードローン「FAITH」をお申し込みの際にも、個人情報の収集、保有、利用そして個人信用情報機関の利用および登録への同意が必要です。

個人信用情報機関には、これまで利用されたカードローンやキャッシングサービスの履歴が一定期間登録されており、審査では情報を照会します。

個人信用情報機関に返済遅延の情報が登録されている場合、遅延履歴も審査の際に利用される場合があります。

遅延損害金とはなんですか?

カードローン「FAITH」のご利用代金が約定返済日に支払いされなかった場合、約定返済日の翌日から実際の返済日までにかかる延滞料金を指します。

返済が遅れた場合の損害金はいくらになりますか?

損害金はいくら?

カードローン「FAITH」利用分のお支払いが遅延した場合、返済されるまでの期間、1年365日(うるう年は366日)を基準として、日割り計算にて年20.00%の遅延損害金が発生します。

口座引き落としにご入金が間に合わず、カードローン「FAITH」の返済が遅延した場合、次の計算方法で遅延損害金を算出します。

約定支払額×20%÷365日×延滞日数

  • 約定支払額は手数料、利息、遅延損害金を除くお支払い元金。

カードローン「FAITH」の約定支払額2万円の場合、約定返済日から7日後にお支払いになった場合、次の金額が遅延損害金となります。

遅延損害金の計算方法例
2万円×20%÷365日×7日=76円

JCB「FAITH」の詳細とご利用条件こちら

ページの先頭へ