ページの先頭です

キャッシングサービスの延滞に関するご質問

延滞に関するご質問

「返済日までにお金が用意できない場合はどうしたらいいですか?」

「キャッシングの返済が延滞した場合には追加で利息がかかりますか?」

キャッシングサービスを利用されているお客様から、こういった延滞に関する質問をいただくことがあります。

このページでは、キャッシングの返済が遅れてしまいそうな場合の対処方法や、遅延損害金についての質問にお答えしています。

また、延滞によるクレジットカードやカードローンの審査への影響や、延滞しないためのコツについても説明しています。

キャッシング返済時の延滞に関する疑問をお持ちの場合には、ぜひご覧ください。

返済が遅れてしまいそうな場合はどうしたらいいですか?

返済が遅れてしまう場合はどうしたらいいですか?

キャッシングサービスの返済日に返済予定金額が準備できないことがわかった場合には、まずはJCBファイナンスデスクに問い合わせください。

JCBファイナンスデスク

0120-833-633

受付時間/9:00AM~5:00PM(日・祝・年末年始休)

キャッシングサービスで延滞した場合は追加で利息など払う必要はありますか?

追加料金を払う必要はありますか?

キャッシングサービスで延滞をした場合には遅延損害金が年20.00%(1年365日による日割計算。うるう年は366日で計算)かかります。

(例)
10万円を15日遅れで返済した場合

遅延損害金=10万円×20.00%×15÷365=821円

返済が遅れたことでクレジットカードやカードローンの審査に影響はありますか?

クレジットカードやカードローンの審査に影響はありますか?

延滞によりJCBクレジットカードやカードローン「FAITH」の審査に影響がある可能性があります。

審査基準について個別にお答えすることはできませんが、一般的には過去にキャッシング返済時の延滞がない方が審査に通りやすい傾向があります。

ただし、JCBでは過去の延滞履歴にかかわらず総合的に審査が行われるため、必ずしも過去に延滞をしたことだけを理由に、審査に通らないことはありません。

延滞しないためのコツはありますか?

キャッシングサービスご利用時に延滞をしてしまう最も大きな理由に、借り入れ金額が大きすぎるという点があげられます。

キャッシングサービスを利用される場合には、事前に返済シミュレーションを行い、無理のない計画を立てることが重要です。

返済シミュレーションはこちら

また、ボーナス時などの余裕のあるときには繰り上げ返済を利用して多めに返済することを心掛けることもキャッシングの延滞を事前に防ぐために重要なポイントとなります。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ