ページの先頭です

複数社からのキャッシングに関するお問い合わせ

いくつかの業者から借り入れする際の注意点

キャッシングはご利用可能枠(限度額)の範囲内ならば、何度でも繰り返し借り入れ・返済ができるサービスです。

ただし、ご利用可能枠に達してしまうと、返済しない限りキャッシングでの新規借り入れはできません。

そのため新たに複数のキャッシングサービスを契約し、結果として複数社からお金を借りる方もいます。

複数社からのキャッシングは可能ですが、その分リスクが大きくなってしまうことがあります。

ここではすでに複数社のキャッシングを利用されている方、また、これから複数社でのキャッシングを検討されている方から問い合わせされることの多い質問にお答えしています。

複数社から借り入れをすることはできますか?

複数社からキャッシングをすることは可能ですか?

すでに他社のキャッシングサービスを利用中の方も、総量規制の範囲内ならばJCBのキャッシングサービスがご利用可能です。

総量規制の対象となる方は、キャッシングサービスの申し込みができません。

総量規制では貸金業者からの借り入れ額の総額を制限しています。

借り入れ残高が年収の3分の1を超える場合、新規にキャッシングを利用することはできません。

また、キャッシングサービスの利用中に総量規制の対象となった場合、新規の貸し付けが制限され、現在契約中のキャッシングサービスは利用できなくなります。

  • JCBのキャッシングサービスにお申し込みされても、審査状況によってはご希望に添えない場合があります。
  • 総量規制についてはこちらをご確認ください。
貸金業法についてご理解いただきたいこと

キャッシングでの借り入れが複数の場合まとめた方が良いですか?

借り入れはまとめた方が良いのですか?

複数社から借り入れをしている場合、できる限り1社にまとめたほうがキャッシングのリスクを軽減することができます。

複数社のキャッシングを同時に利用していると下のようなデメリットがあります。

  • 利息の負担が大きくなりやすい
  • 返済額が分かりにくい
  • 返済日を間違えやすい
  • 借り入れ残高が把握しにくい

一般的にキャッシングやカードローンは限度額が大きいほど融資利率(金利)は低くなります。

そのため3社から限度額30万円で計90万円を借りて返済をするよりも、1社でいまの借り入れ金利よりも低い金利で限度額100万円のキャッシングを契約し、3社分をまとめて返済するほうが利息の負担は軽減されます。

1社ごとの返済額が少額でも、複数社に対する返済額の合計を考えると負担はとても大きくなります。

また、返済日が複数あると返済のし忘れの原因になることもあります。

ときにはキャッシングの借り入れ金で返済をしたために、なかなか完済できないケースも多くなっています。

複数社でお金を借りるデメリットは、借り入れ残高が多くなればなるほど、そして複数のキャッシングを利用すればするほど大きくなります。

すでに他社から複数の借り入れがあり、新規でキャッシングサービスの申し込みを検討されている方は、残高のおまとめをご検討ください。

2社以上でキャッシングを利用する際の注意点を教えてください

2社以上から借り入れをするときの注意点を教えて下さい

2社以上から同時に借り入れが続いている場合は返済額と返済日、そして借り入れ残高をしっかりと把握することが必要です。

複数社のキャッシングを同時に利用していると、返済計画が立てにくくなってしまいます。

未計画での返済は、キャッシングの完済を難しくしてしまう可能性があります。

借り換えや残高のおまとめなどの場合を除き、キャッシングによる借り入れ金でキャッシング利用残高を返済することは好ましくありません。

複数社のキャッシングの返済でお困りの方は、キャッシングのおまとめや借り換えのご検討をおすすめします。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら
ページの先頭へ