ページの先頭です

住宅ローンに関するご質問

住宅ローンに関するご質問

お客様のなかには、カードローンと住宅ローンに関する疑問をお持ちの方もいます。

例えば、カードローンを契約すると、住宅ローンの審査に通らなくなり、住宅ローンを利用できなくなってしまうのではないかという問い合わせがあります。

ここでは、住宅ローンの利用を検討されている方、またすでに住宅ローンを利用中の方がカードローンに申し込みされる際の質問にお答えしています。

カードローン「FAITH」の申し込みを検討されていて、カードローンと住宅ローンとの関係に疑問をお持ちの場合はぜひ参考にしてください。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

一般的にカードローンの利用履歴は他のローンの審査に影響しますか?

他のローンへの影響について

住宅ローンなどの審査基準は提供する会社により異なり、一概にいうことはできません。

ただし、カードローンを利用中であることだけを理由に、住宅ローンなど他のローン審査が絶対に通らないということはありません。

住宅ローンなどの審査では、カードローン契約の有無だけでなく、さまざまな情報をもとに審査が行われます。

ただし、カードローンの利用方法によっては、他のローンの審査が通りにくくなる場合があります。

例えば、カードローンの返済が一定期間遅延するなど、延滞の履歴があると、ローンの審査に影響する場合があります。

また、短期間にあまりにも多くのカードローンに申し込みした場合などは、他のローンの審査に影響する場合があります。

この他にもカードローンでの借り入れ額が多い場合などは、返済能力を超えてカードローンを利用していると判断され、他のローンの審査に影響する場合があります。

これまでにキャッシングで延滞履歴があると、住宅ローンのおまとめや借り換えはできないのでしょうか?

延滞履歴がある場合

住宅ローンなどの審査基準は提供する会社により異なり、一概にいうことはできません。

ただし、個人信用情報機関等に延滞などの情報が登録されている場合、住宅ローンやおまとめ、借り換えの審査に影響がある場合があります。

延滞などの履歴は、カードローンに限らず、その他のローンやクレジットカードなど個人信用情報機関を利用して審査を行うサービスに影響する場合があります。

延滞などの履歴は一定期間登録されるため、現時点で延滞していなくても、過去にカードローンやキャッシングで延滞などされていた場合、住宅ローンなどの審査に影響する場合があります。

なお、登録されている信用情報について個人信用情報機関に開示請求をすることができます。

住宅ローンのご利用を検討中の方で、これまでにお支払いの遅れなどがあった場合は、一度ご自身の信用情報を確認してみることも可能です。

住宅ローンを組んでいるのですが、カードローンには申し込みできますか?

カードローン申し込みの可否について

住宅ローンをご利用中の方も、カードローン「FAITH」に申し込みできます。

住宅ローンは総量規制の対象とならないため、住宅ローンのご契約があることでカードローンの申し込みができなくなることはありません。

また、金融機関のカードローンやその他のローンも、住宅ローンと同じく総量規制の対象となりません。

JCBカードローン「FAITH」は、申し込み前に簡易審査シミュレーションの実施をお願いしています。

シミュレーションご利用時には住宅ローン等を除く、他社の借入残高をご入力ください。

簡易審査シミュレーション

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ