ページの先頭です

カードローン審査と勤続年数に関するよくあるご質問

審査と勤続年数に関するよくあるご質問

一般的にカードローンの申し込み対象となるのは、毎月安定継続した収入がある方です。

そのためカードローンを申し込みの際には、カードローン審査で勤務先への入社年月日や勤続年数を確認する場合があります。

勤続年数の長さは、今後も安定かつ継続した収入があると見込めるかなどの審査の際に利用される場合があります。

ここでは、カードローンをお申し込みの際にお問い合わせの多い、カードローン審査と入社年月日や勤続年数に関するご質問にお答えしています。

お申し込みを検討中の方は参考にしてください。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

「FAITH」の申し込みでは、入社年月日の申告がありますか?

カードローン「FAITH」のWEB申し込みでは、お勤め先とお勤め先の電話番号のみのお届けとなっています。

入社年月日や勤続年数のお届けは必要ありません。

  • カードローン「FAITH」の申込書はお届け項目が異なる場合があります。

カードローンの審査で、勤続年数は重要ですか?

働いていた期間は重要ですか?

カードローン「FAITH」に申し込みされると、当社所定の審査が行われます。

カードローン「FAITH」の審査基準について個別にお答えすることはできませんが、一般的にローン商品は勤続年数が長いほど、今後も安定して収入があるとみられやすくなる場合があります。

年齢や年収額、職業、家族構成などが同じという条件で比較した場合、勤続年数が短い方よりも長い方のほうが審査に通る可能性が高くなる場合があります。

ただし、カードローンは勤続年数に限らず総合的に審査が行われるため、勤続年数が短いことだけを理由に審査に通らないことはありません。

勤続年数が短いとカードローン審査に落ちる可能性が高いですか?

カードローン「FAITH」では勤続年数が1年未満の場合でも、現在お勤めの勤務先から発行された給与明細書が直近2ヵ月分ある場合、申し込みできます。

勤続年数1年未満でも審査に通りますか?

転職したばかりの場合でも、2ヵ月分の給与をすでに受け取っている方ならば、カードローン「FAITH」に申し込みが可能です。

カードローン「FAITH」は総合的に審査が行われるため、勤続年数が短いことだけを理由に審査に通らないことはありません。

カードローン「FAITH」は、転職された場合などで勤続年数が短い方でも、ご本人がお勤めで毎月安定した収入のある方であれば申し込みできます。

現在の勤務先での収入の証明が必要なため、2ヵ月分の給与明細書などをご用意ください。

虚偽の年数を申告して発覚した場合はどうなりますか?

虚偽年数を申告して発覚した場合

カードローン「FAITH」のWEB入会では、入社年月日を記入する項目はありません。

ただし、虚偽の申告が判明した時は、カードローン「FAITH」のご契約後であっても会員資格を喪失する場合があります。

なお、カードローン「FAITH」のお申し込み時に届け出された内容は、必要に応じて確認のご連絡をする場合があります。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ