ページの先頭です

キャッシングでの借り入れは何社までできますか?

借り入れは何社までできますか?

カードローン「FAITH」は、現在他社のカードローンをご利用中のお客様もお申し込みが可能です。

ただし、申し込みされるには、現在のお客様のカードローンおよびキャッシングサービスのご利用状況が総量規制に該当していないことが条件です。

また、お客様から「カードローンは何社まで申し込めますか?」というお問い合わせをいただくことがあります。

ここでは何社までならばカードローン「FAITH」に申し込むことができるのかなど、複数社のカードローンをご利用中のお客様からお問い合わせの多い質問についてお答えしています。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

複数社からカードローンの借り入れはできますか?

複数社からの借り入れは可能ですか?

JCBが提供するローン専用カード「FAITH」をはじめ、さまざまな金融機関からカードローンが提供されています。

カードローンは個人が契約できる件数が制限されていないため、総量規制の範囲内ならば複数社から借り入れできます。

他社のカードローンをご利用中のお客様も、カードローン「FAITH」にお申し込みが可能です。

FAITHは何社までの借り入れなら審査に通りますか?

複数社から融資を受けている場合は審査に影響しますか?

他社のカードローンやキャッシングサービスをご利用中のお客様でも、カードローン「FAITH」にお申し込みが可能です。

審査では、他社からのお借り入れ状況に限らず総合的に審査します。そのため、何社までなら契約が可能かについては、明確にお答えすることはできません。

ただし、他社借入額の合計と、カードローン「FAITH」に新規に申し込みされるご利用可能枠の合計が、年収の3分の1までであることがご入会の条件となります。

カードローン「FAITH」ではお申し込み前の簡易審査シミュレーションをお願いしています。

現在、他社のご契約があるお客様については、お申し込み前に必ずシミュレーションをご利用ください。

簡易審査シミュレーション

カードローンを複数枚利用するのはデメリットが多い?

カードローンを複数枚利用するのはデメリットが多い?

カードローンの契約件数は何社までという明確な制限はなく、総量規制の範囲内ならば複数のカードローンで借り入れすることが可能です。

ただし、複数社のカードローンを利用することにはデメリットもあり、現在他社のカードローンをご利用中のお客様にはカードローン「FAITH」による借り換えもおすすめです。

ここでは、なぜ複数社のカードローンを利用するのはデメリットが多いのかをわかりやすくお話ししています。

デメリット1:返済日が月に複数回ある

カードローンの返済日は金融機関によって異なる場合があります。複数の契約がある場合、それぞれ異なる日に返済となる場合があります。

複数社から借り入れしている場合、毎月の返済額の合計金額を把握するには、複数の返済日の返済額を合計する必要があり、毎月の返済額がわかりにくくなる可能性があります。

デメリット2:金利が高くなり、利息が増える

1社につきそれぞれ限度額50万円を3社、合計150万円のカードローンを契約している場合と、1社のみで限度額150万円のカードローンを契約している場合では、限度額150万円のカードローンのほうが金利が低くなる場合があります。

カードローンは限度額が大きいほど金利は低くなる傾向があり、その分利息も安くなります。

たとえ利用残高の合計が同じでも、複数社のカードローンを利用していると、利息を多く支払うことになる場合があります。

デメリット3:借金を借金で返済し多重債務を抱える状態に陥りやすい

カードローンの返済のために、別のカードローンで借り入れを行うと多重債務に陥り、完済が難しくなる場合があります。

複数社のカードローンを利用することが必ずしも危険だということではありませんが、多重債務を抱えてしまう可能性があることを把握して計画的に利用しましょう。

FAITHのご利用条件とお申し込みはこちら

ページの先頭へ