ページの先頭です

カードローンの必要性などに関するご質問

カードローンの必要性について

なぜカードローンというサービスがあるのでしょうか?
それはカードローンの必要性が高いからです。

とは言え、すべての方がカードローンの必要性を感じているわけではありません。

では、どのような方がカードローンを利用しているのでしょうか。またカードローンの手続きにはどのような必要性があるのでしょうか。

ここではカードローンに関するさまざまな必要性について、お問い合わせの多い質問にお答えしています。

カードローンの契約を検討している方はぜひ参考にしてください。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

どんなときにキャッシング専用のカードを契約する必要がありますか?

カードローンの必要性が高いのは、急に出費がかさんだ場合など、手もとの現金が足りないときです。

もちろん、カードローン以外の方法で解決できるならば、カードローンを契約する必要はありません。

しかし、さまざまな理由で急に現金が必要となることがあります。そんな場合に備え、いますぐカードローンの必要性を感じないときでも、カードローンに入会しておくことも可能です。

カードローン「FATIH」は年会費無料なので、入会しても必要がなければ利用せず、保有だけしておくことも可能です。

どのような目的でカードローンを利用されることが多いですか?

利用目的に関するご質問

カードローンはどのようなときに必要性が高いのでしょうか。
ここではどのような目的やシーンでカードローンが利用されているのかを紹介しています。

こんな理由でカードローンを使ってもいいのだろうかと迷っている方はぜひ参考にしてください。

  • 買い物
    現金で支払いたい場合や、手数料等をクレジットカードのショッピングリボ払いなどと比較してカードローンのほうが利息が節約できるとき。
  • 冠婚葬祭
    祝儀や香典など、急な冠婚葬祭による出費が重なったとき。
  • レジャー・旅行
    友人との旅行などで、まとまった現金が必要なとき。
  • お付き合い
    飲み会や接待、割り勘での精算で現金が必要なとき。
  • 通院、入院費、想定外の出費
    急なケガや病気、事故などで現金が必要なとき。
  • 生活費
    保険や税金、クレジットカードを使いすぎてしまったとき。
  • つなぎ融資
    銀行から融資を受ける場合など、融資を受けるまでの一時的なつなぎとして。
  • 借り換え
    旧債務の借り換え資金として。

収入証明書類を提出する必要性を教えてください

カードローンの申し込みには、収入証明書類の提出を求められる場合があります。

ここでは収入証明書類を提出する必要性についてお話しています。

収入証明書類は、カードローン入会の審査の際に、収入を確認するために必要です。なぜ収入を確認する必要性があるのかは、貸金業法による総量規制が大きく関係しています。

総量規制とは年収の3分の1を超えた貸し付けを規制する法律で、貸金業者は申込者が総量規制に該当していないか、必ず確認しなくてはいけません。

1社につき50万円を超える契約、または借り入れの総額が100万円を超える場合は、必ず収入証明書類が必要となります。

在籍確認はありますか?

在籍確認の有無について

カードローンの申し込みをすると、カード発行会社から勤務先へ確認のお電話をする場合があります。

これを在籍確認と言いますが、ここでは在籍確認の必要性についてお話します。

カードローンはご本人に安定した収入があることがお申し込みの条件です。

そのため、勤務先等の届け出内容に誤りや虚偽がないかを確かめる必要があり、在籍確認を行います。

届け出された内容と事実が異なる場合、カードローンに入会することはできません。

使っていないカードローンを解約する必要性はありますか?

カードローンは、現金が必要なときに備えて、使っていなくても解約しないで保有しておくことが可能です。

年会費などの費用がかかる場合などは、解約を検討することもひとつですが、JCBのカードローン「FAITH」は年会費が無料です。

なお、使っていないカードローンが複数ある場合などに新しいカードローンに申し込みをすると、審査に通りにくくなる場合もあります。

使っていないカードローンを解約する必要性はありませんが、あまりに多くのカードローンを保有している場合は、使っていないカードローンの解約もご検討ください。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ