ページの先頭です

申込時の収入証明について

申込時の収入証明について

カードローンを申し込む際には、多くの場合「収入証明(所得証明)」する書類が必要です。

カードローンの申し込みをして収入証明書類の提出が求められたとき、どのような書類を用意すればいいのかすぐに思いつくでしょうか?

このページでは、カードローンを申し込む際に必要となる収入証明などの書類についてご説明します。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

所得を示す書類はカードローンの申込時に必要ですか?

カードローンを申し込みする際に、「収入証明」という文字を目にすることがあると思います。

カードローンの審査時には返済能力を判断するために、所得を示す収入証明書類の提出が必要な場合があります。

一般的には以下の書類が収入証明書類として認められています。

  • 源泉徴収票:会社員、公務員、年金受給者
  • 課税証明書:会社員、自営業・個人事業主
  • 確定申告書:自営業・個人事業主
  • 給与明細書:会社員

カードローンのお申し込み時に提出する所得を示す書類は、会社員の方の場合、最も一般的なのは源泉徴収票と給与明細書です。

金融機関によっては書類を組み合わせて提出を求めている場合もあります。

一方、自営業・個人事業主がカードローンを申請する場合は、課税証明書か確定申告書が必要となります。

なるべく早い融資をお望みの方は、上の書類を事前に用意しておくとスムーズに申し込みできます。

カードローン「FAITH」ではどんな書類が必要ですか?

給与証明を示すことのできる書類が必要

カードローン「FAITH」では、個人の給与証明を示すことのできる書類が必要です。

例えば、源泉徴収票や給与明細書が収入証明書として必要な書類となります。

「FAITH」申し込み時の収入証明として有効な書類

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 納税通知書

JCBカードローン「FAITH」では、自営業や個人事業主の方などは対象となりません。

収入証明書類はなぜ必要なのですか?

カードローンのお申し込みに収入証明書類が必要な理由は、審査においてお客様の年収が基準のひとつとなるからです。

また、貸金業法で「総量規制」というルールが決められ、総量規制の範囲内で融資を行うためです。
この規制により、借入総額は年収の3分の1までと制限されています。

この法律では、金融機関側もカードローン利用者の年収の3分の1を超える額を貸してはいけないとされているので、収入を証明する書類の提出をお願いしています。

貸金業法について

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ