ページの先頭です

退職した場合はどのようにしたらいいですか?

仕事を辞めた場合についての質問

退職してしまうと、一般的に毎月安定した収入を得ることはできません。

カードローンはご契約者本人に安定した収入が必要なため、退職により安定した収入がなくなると、カードローンの新規利用が停止となる場合があります。

退職が一時的であっても、カードローンの契約中はJCBに退職したことのご連絡が必要です。

ここでは、カードローンの契約中に退職することになった時にお問い合わせの多い質問に答えています。

退職するとカードローンの契約にどんな影響があるのか、退職後のカードローンの扱いなどをわかりやすく紹介しているので参考にしてください。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

仕事を辞めた場合、カードローンの契約はどうなりますか?

退職後の契約について

カードローン「FAITH」のお申し込み時に届け出された勤務先を退職された場合は、当社への連絡が必要です。

現在のお勤め先を退職し、その後すぐに新たなお勤め先へ勤務される場合も連絡は必要です。

カードローン「FAITH」の利用には安定した収入が必要となるため、退職された場合は新たな借り入れができなくなる場合があります。

これは貸金業法により、お借入総額は年収の3分の1までに制限されているため、収入がない方には貸付できないことによります。

そのため、退職により毎月安定した収入があることの確認ができなくなると、カードローン「FAITH」の利用を停止する場合があります。

なお、カードローン「FAITH」の契約中は、お借り入れ状況に応じて、収入を定期的に確認しており、JCBより収入証明書類のご提出を求める場合があります。

また、退職後に別のお勤め先に勤務される場合などは、新しいお勤め先での収入証明書類の提出が必要となる場合があります。
年収が変わった場合など、ご利用可能枠が変更となる場合があります。

退職後は一括で返済しなければならないのですか?

一括で返済しなければならないのですか?

カードローン「FAITH」のキャッシングリボ払いを契約中に退職された場合でも、借入残高を一括返済する必要はありません。

退職により毎月安定した収入があることが確認できなくなると、カードローン「FAITH」の新規利用が停止され新たな借り入れができなくなる場合がありますが、ご利用残高がある場合は返済が必要です。

カードローン「FAITH」のご利用残高がある場合は、退職により新規利用が停止されても、毎月の振り替えにて返済となります。

また、一括で返済することも可能です。

一度退職してから再就職した場合、再度カードローン「FAITH」に申し込むことは可能ですか?

再申し込みは可能ですか?

カードローン「FAITH」は、ご本人がお勤めで毎月安定した収入のある方なら、退職の経験や「FAITH」の退会有無にかかわらず、再度申し込み可能です。

再度カードローン「FAITH」に申し込みされる場合でもJCB所定の審査を行います。

そのため、以前カードローン「FAITH」を利用されていた方であっても、ご希望に沿えない場合があります。

なお、退職によって安定的な収入がなくなり、カードローン「FAITH」の新規借り入れが停止された後に、就職して安定的な収入が得られる場合は、新規借り入れの利用が再開できる場合もあります。

退職後に再就職した場合は、再就職先での収入証明書類を当社までお届け出ください。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ