ページの先頭です

JCBデビットカード

JCBデビットカードとは

JCBグループのカード会社およびJCBと提携した会社が発行する、お客様の決済口座から利用額をお振り替えするカード(※1)です。
また、JCBクレジットカードの取扱加盟店様は特別なお申し込みなしで取り扱いできます。

  • 1 金融機関では、売上確定の通知が到着するまでの間、振り替えた資金を一時的にお預かりしています。

JCBデビットカードの特徴・取り扱いのメリット

金融機関(カード発行会社)の口座を開設されている方であれば、保有できるカードです。
取り扱い方法や取り扱い条件は、従来のJCBクレジットカードと同様ですが、より幅広いお客様が利用できるため、貴店の売上アップが見込まれます。

JCBデビットカードについて

JCBデビットカードの種類とロゴマーク カード券面(一例)

JCBデビットカード


JCBデビットカードの券面はカード発行会社により異なります。(上はイメージです。)
ロゴマーク(一例)

JCB DEBIT ロゴマーク(一例)


カードの券面にJCBロゴマークと「DEBIT」という文字が表示されています。
  • JCBデビットカードはJCBカードの一種ですので、加盟店様では従来のJCBロゴマークのステッカー等を掲示ください。
お取り扱い方法 JCBクレジットカードをお取り扱いできるすべての端末機(POSシステム含む)にて、JCBクレジットカード同様にお取り扱いできます。
お支払い方法 1回払いのみです。
お取り扱い可能時間 原則、24時間利用できます。
  • 金融機関(カード発行会社)によっては利用できない時間帯があります。
対象年齢 JCBデビットカードは、カード発行会社によって発行対象年齢が異なりクレジットカード会員の基準より低い年齢の方に発行される場合があります。

ご利用から決済までの流れ

ご利用から決済までの流れ

【1】~【7】カードのお取り扱いから会員様口座振り替えまで

加盟店様にてJCBクレジットカードと同様に操作をした後、金融機関(カード発行会社)は会員の方の金融機関口座から利用額を振り替えます。※1

  • 1 金融機関(カード発行会社)では、売上確定の通知が到着するまでの間、振り替えた資金を一時的にお預りしています。

承認番号の取得と売上について

JCBと加盟店様との精算は、JCBクレジットカード同様に【6】の売上をもとに実施します。金融機関(カード発行会社)では、【1】~【7】による会員の方の金融機関口座からの振替額と売上額を比較します。
承認番号取得時の金額と売上額が一致しない場合、以下(2)(3)の処理が自動で行われます。(【8】)

  • すべての取引についてご利用金額実額で、承認番号の取得をお願いします。

(1)承認番号取得時の金額と売上額が同じ

(1)承認番号取得時の金額と売上額が同じ

会員の方の金融機関口座からの振り替え、返金はありません。

(2)承認番号取得時の金額が売上額より小さい

(2)承認番号取得時の金額が売上額より小さい

差額を会員の方の金融機関口座よりさらに振り替えられます。

(3)承認番号取得時の金額が売上額より大きい

(3)承認番号取得時の金額が売上額より大きい

差額を会員の方の金融機関口座へ返金されます。

ご契約内容について

ご契約について

  • JCBデビットカード取り扱い開始に際して、追加のご契約は不要です。
  • 取り扱い方法・取り扱い条件・振込日はJCBクレジットカードと同様となります。

加盟店様へのお振り込みについて

  • JCBデビットカードのお振り込みは、従来のJCBクレジットカード分に合算してお振り込みとなります。
  • 明細表記についても「【JCBカード】1回払い分」に合算して表記されます。
  • 手数料率・割引料率はJCBカードと同様になります。

表示例
表示例

JCBデビットカードのお取り扱いについて

JCBデビットカードは、JCBクレジットカードと同様にお取り扱いできます。

お取り扱い方法

店頭販売の場合 通信販売の場合
カードのお取り扱い
  • カードの確認
    JCBカードであることのご確認をお願いします。
  • 端末機の操作方法
    JCBクレジットカードと同様の操作手順でお取り扱いいただけますので、「クレジット」ボタンを選択してお取り扱いください。
    お取り扱いいただけない場合は、会員の方へご利用いただけない旨をお伝えいただき、他の決済方法でお支払いいただくようご案内ください。
  • J-Debitでのご利用と間違えないよう、ご注意ください。
  • JCBデビットカードは「1回払い」のみお取り扱いいただけます。2回・リボ・分割・ボーナス払いは利用できません。
  • 券面に凹凸の打刻がないエンボスレスカードとなるため、インプリンターは利用できません。
JCBクレジットカードと同様に、お取り扱いが可能です。JCBクレジットカード取り扱い時と同様の手順で通信販売決済システム等の設定・操作を行ってください。
  • JCBデビットカードは「1回払い」のみお取り扱いいただけます。2回・リボ・分割・ボーナス払いは利用できません。
本人確認
  • 署名
    JCBクレジットカードと同様に、会員の方の売上票への署名、加盟店様でのカード裏面署名とのご確認をお願いします。
  • 暗証番号
    JCBクレジットカード同様にICカードの取引でもお取り扱いいただけます。ICカードリーダーに差し込み、暗証番号(4桁)の入力をご案内ください。
  • JCBデビットカードの暗証番号は、金融機関口座のキャッシュカードとは別の番号の場合があります。
  • セキュリティコード
    JCBクレジットカードと同様に、セキュリティコードによる本人認証が可能です。
  • J/Secure(TM)
    JCBクレジットカード同様に、J/Secure(TM)による本人認証が可能です。
  • 金融機関(カード発行会社)によっては認証に対応していない場合があります。

お取り扱いのご注意事項と加盟店様へのご依頼事項

(1)すべての加盟店様へ

  • 承認番号の取得について
    すべてのお取り引きについてご利用金額実額にて承認番号の取得をお願いします。
    端末機(POSシステム含む)にて承認番号を取得している場合は、別途承認番号を取得する必要はありません。
    • 誤った金額で承認番号を取得した場合、その金額が会員の方の金融機関口座から振り替えとなりますので、ご注意ください。
    • 詳細は上の「承認番号の取得と売上について」をご確認ください。
  • 取消・返品が発生した場合について
    承認番号取得後、取引がキャンセルとなった場合は、承認および売上の取り消しをお願いします。
    端末機(POSシステム含む)で取消・返品を行う際は元取引の伝票番号をご入力ください。
    • 承認および売上の取消を行わなかった場合、会員の方の金融機関口座に返金がされませんので、ご注意ください。
    • 金額を訂正する場合は、原則として元取引と同じ金額を取り消したうえで、再度正しい金額にて承認番号の取得と売上票および売上データの提出をお願いします。
  • JCBデビットカードの利用制限について
    加盟店様の業態等によっては、金融機関(カード発行会社)の意向によりJCBデビットカードの利用を制限することがあります。

(2)POSシステムをご利用の加盟店様へ

  • 売上票および売上データへの承認番号の設定
    売上票および売上データには、必ず承認取得を行った金額、承認番号の設定をお願いします。
  • 取引の承認と売上の単位
    1件の売上に対して承認番号は1件です。複数の取引の承認を1件の売上へ統合しないようお願いします。
    • なお通信販売で複数商品取引に対して1件の承認番号を取得し、商品発送単位で売上票および売上データが複数になる場合、いずれの売上票および売上データにも同一の承認番号の設定をお願いします。
ページの先頭へ