ページの先頭です

コンピューターウィルス・スパイウェア対策

コンピューターウィルス・スパイウェア対策

コンピュータウイルスとは

コンピュータに感染して障害をもたらすプログラムのことを「コンピュータウイルス」と呼びます。コンピュータウイルスには単なるいたずらをするものから、システムを破壊してしまうような悪質なものまでいろいろあります。
また、コンピュータウイルスは自己増殖するため、感染したパソコンから多数のウイルス付きEメールを送り出すなど、お客様自身が加害者になってしまう可能性もあります。

コンピュータウイルスによる被害

・ファイルを削除する、データを破壊する。
・システムを起動不能にする、動作を遅くする、不安定にする。
・ネットワークに繋がった他のコンピュータに感染活動を行う。
・ウイルス付きEメールを送り出す。

コンピュータウイルスの種類

ワーム

主にインターネットを通じてパソコンへの被害を拡散させるウイルス。自己増殖しながら破壊活動を行う。 Eメールを介しての感染以外にも、WEBサイトに接続するだけで感染するなど、インターネットのあらゆる通信手段が感染経路になる。

トロイの木馬

他のプログラムを偽ってコンピュータへ侵入し、データ消去や他のコンピュータへの攻撃などの破壊活動を行う。 しばらくの間潜伏してから「発症」するものや、他のユーザーがパソコンを勝手に操作するための「窓口」として機能するものなどもある。

ウイルスに感染しないための対策

ウイルス対策ソフトの利用

ウイルス対策ソフトを導入し、こまめに情報(ウイルスパターン定義)の更新を行い、常に最新の状態を保ってください。

見知らぬ相手からのメールは開封しない

見知らぬ相手からのメールを受信しても開封せずに削除してください。

不審な添付ファイルは開かない

ウイルスはパソコンに登録されているメールアドレスを無作為に抽出して、メールにファイルを自動的に添付したり、利用者の操作に関係なくメールを自動的に送ることもあります。

セキュリティーパッチの適用

OSやブラウザの脆弱性をついてウイルスが進入することを防ぐため、OSやブラウザは最新のセキュリティーパッチを適用し、常に最新の状態に保ってください。

スパイウェア、キーログハッキング

ウイルスとは異なり、本来のプログラムが正常に動作している裏側で動作するソフトウェアであるため、利用者はインストールされていることに気がつきにくいという特徴があります。

スパイウェア

通常はソフトウェアなどと一緒にダウンロードされ、インストールの時点で活動内容が明記されているケースが大半です。しかし、悪質なスパイウェアには「入力された個人情報を外部に送信する」といったものも存在します。

スパイウェアについてはこちら

キーログハッキング

キーボードからの入力情報を不正に記録するプログラム(キーロガー)をパソコンに潜入させ、ID やパスワード、カード番号などを奪う行為です。コンピュータウイルスなどと同じくメールの添付ファイルとして侵入するケースや、利用するPCに第三者が事前に仕掛けている場合などがあります。

「SaAT:Netizen(サート:ネチズン)」のご案内

SaAT:Netizen(サート:ネチズン)

スパイウェアやキーログハッキングを防ぐには、「SaAT:Netizen(サート:ネチズン)」のご使用をおすすめします。
他社セキュリティ製品がインストールされている環境でもご利用いただけます。

詳しくはこちら

クレジットカードを選ぶ

カテゴリや特集、お申し込み方法などから、あなたに最適なクレジットカードをお探しいただけます。

クレジットカードを選ぶ
カード一覧

会員専用WEBサービスMyJCBのご案内

「MyJCB」は、カードご利用代金明細の確認をはじめ、ポイントの確認、お客さま情報の変更など、便利なサービスが24時間いつでもご利用いただけるJCBのインターネットサービスです。

会員専用WEBサービスMyJCBのご案内
MyJCBのログイン・ご登録はこちらから

ページの先頭へ