ページの先頭です

JCBを装った不審なメールが急増していますのでご注意ください(不審メール事例公開中)

2020.10.29

JCBを装って、個人情報を入力させるWEBサイトへ誘導する不審なショートメッセージ(SMS)やEメールなどのフィッシングメールが急増しています。
第三者によるカードの不正利用の恐れがあるためご注意ください。

不審なメールを受信した場合は、受信したメール本文内のURL等を開かずに、メールを削除してください。JCBが不審な利用を検知した場合に送信するメールでは、MyJCBのログインID・パスワード、クレジットカード番号、暗証番号等の個人情報の入力をお願いすることはありません。

急増しているフィッシングメール例

いつも弊社カードをご利用いただきありがとうございます。

昨今の第三者不正利用の急増に伴い、弊社では「不正利用監視システム」を導入し、24時間365日体制でカードのご利用に対するモニタリングを行っております。

このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました。

つきましては、以下へアクセスの上、カードのご利用確認にご協力をお願い致します。

ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。

■ご利用確認はこちら
http:XXXXXXXXXXXXXXXX

■発行者■
JCBカード株式会社
105-8011 東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング ...

その他の事例について

その他の事例も随時公開しております。詳しくは以下のページをご確認ください。

事例はこちら



フィッシング (Phishing) とは、金融機関 (銀行やクレジットカード会社) などを装った電子メールを送り、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です。

フィッシングについて詳しくはこちら

ページの先頭へ