ページの先頭です

匿名加工情報とは?

匿名加工情報とは、特定の個人を識別することができないように個人情報を加工し、当該個人情報を復元できないようにした情報のことをいいます。
また、匿名加工情報は、一定のルールの下で、事業者間におけるデータ取引やデータ連携を含むパーソナルデータの利活用を促進することを目的に個人情報保護法の改正により新たに導入されました。

JCBは匿名加工情報を取扱うにあたり、「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン」に則り、会員の皆様のプライバシー保護を第一に考え、義務を遵守しています。

匿名加工情報取扱い事業者の義務

ステップごとに事業者へ課せられる義務は下のとおりです。

【STEP1】匿名加工情報作成時の義務

JCBがカード会員の個人情報を匿名加工情報へと加工する際の義務です。

  • 適切な加工を行うこと
  • 復元につながる情報が漏洩しないよう、安全管理措置を行うこと
  • 匿名加工情報に含まれる項目の公表

【STEP2】匿名加工情報提供時の義務

JCBが匿名加工情報を事業者(第三者)へ提供する際の義務です。

  • 提供先に匿名加工情報であることを明示すること
  • 第三者提供する匿名加工情報の項目および提供方法を公表すること

【STEP3】匿名加工情報受領時の義務

JCBより匿名加工情報を受領した事業者(第三者)の義務です。

  • 作成者が施した加工方法の取得や他情報との照合を行い個人を識別する行為の禁止

参考:個人情報保護委員会ウェブサイト

詳しくはこちら

匿名加工情報の加工方法

JCB会員の皆様のプライバシー保護を第一に考え、氏名、カード番号などの個人を特定できる情報は利用せず、法令で定める適切な加工を施します。具体的な加工方法は、匿名加工情報を活用するサービスごとにご案内します。ここでは、代表的な匿名加工の流れをご紹介します。

イメージ

よくあるご質問

【Q1】匿名加工情報の取扱いについて、どの法律に定められていますか?

【A1】2017年5月施行の個人情報保護法に明記されています。
参考:個人情報保護に関する法律についてのガイドライン(個人情報保護委員会)

詳しくはこちら

【Q2】 第三者提供後、特定の個人を識別されることは本当にないのですか?

【A2】はい。JCBから他事業者へ提供するデータは、匿名加工後のデータのみのため元の個人情報を復元することはできません。また、これを受領した事業者は、他のデータと照合をするなど個人を識別する行為を行ってはならない、と義務付けられています。

【Q3】どのカードの情報が匿名加工情報に加工されるのですか?

【A3】JCBグループが発行するカードが対象となります。

対象となるカード発行会社はこちら

【Q4】自分の情報を使用しないで欲しい。情報提供を停止することはできますか?

【A4】はい。匿名加工情報への提供停止登録は施策ごとに受け付けています。
【Q6】に記載の「JCB消費NOW」リンクよりご登録ください。

【Q5】個人情報保護法では、匿名加工情報の活用に関する公表義務がありますが、どこに掲載されていますか?

【A5】匿名加工情報利活用に関するプライバシー保護についてはJCBプライバシー・ポリシー内に掲載しています。

JCBプライバシー・ポリシー

【Q6】JCBでは、どんなサービスに匿名加工情報を利活用していますか?

【A6】JCBでは次のサービスで匿名加工情報を利活用しています。

JCB消費NOW

ページの先頭へ