ページの先頭です

資金決済法に基づく表示

前払式支払手段表示事項

前払式支払手段の名称 ギフティプレモPlus
氏名・商号又は名称 株式会社ジェーシービー
支払可能金額等 上限額は、5万円です。
有効期間又は期限 有効期限は、発行日(当日を含む)から起算して1年間(1年365日)です。
使用できる施設又は場所の範囲 (図1)のマークのあるウェブサイト及び(図2)のマークのある店舗で利用できます。日本国内でのみ利用可能です。一部利用できない商品等があります。
JCB PREMO
Smart Code(スマートコード)
利用上の注意
  • カード番号、認証番号を必ずお控えのうえ、利用ください。
  • カード番号および認証番号は、ウェブサイトでのご利用に使用するものです。
  • ウェブサイトでの利用やバリュー残高移行などの際に、認証番号の入力を当社所定の上限回数以上間違えた場合ギフティプレモPlusが利用できなくなります。
  • 1日あたりのプレモカードへのバリュー残高移行上限額は、5千円です。
  • ギフティプレモPlusの利用規約同意前に限り、ギフティプレモPlusを譲渡できます。この場合を除き、譲渡することはできません。
  • 有効期限経過後は無効となり、ギフティプレモPlusは利用できません。払い戻しもしませんので、ご注意ください。
  • ギフティプレモPlusウェブサイトのURL紛失による払い戻しや、再発行は行いません。
  • 第三者によりギフティプレモPlus、カード番号および認証番号が使用された場合、当社は責任を負いません。管理には十分ご注意ください。
  • 店頭利用の際、取り消し返品時に必要となる場合がございますので、レシートは大切に保管してください。
  • ギフティプレモPlusは、換金することができません。
未使用残高の確認方法 バリュー残高および有効期限は、ギフティプレモPlusウェブサイトで確認できます。また、バリュー残高および有効期限は、ウェブサイトでの利用時に確認できる場合があります。
不正取引の公表基準 当社は、不正取引が発生した場合について、当該不正取引の態様を踏まえ、被害の拡大(二次被害)を防止するために必要があると判断したとき、類似の事案の発生を回避するために有益であると判断したとき、また、被害額や件数等の事情において社会的な影響が大きいと認められるときは、速やかに連携先と協力の上必要な情報を公表いたします。
利用者資金の保全方法

■資金決済法14条1項の規定趣旨
前払式支払手段の保有者保護のための制度として、資金決済に関する法律の規定に基づき、前払式支払手段の毎年3月31日および9月30日現在の未使用残高の半額以上の額の発行保証金を法務局に供託等することにより資金保全することが義務づけられております。

■資金決済法31条1項に規定する権利の内容
万が一の場合、前払式支払手段の保有者は、資金決済に関する法律第31条の規定に基づき、あらかじめ保全された発行保証金について、他の債権者に先立ち弁済を受けることができます。

■発行保証金の供託、発行保証金保全契約又は発行保証金信託契約の別
当社の利用者資金の保全方法は次のとおりです。

  • 発行保証金保全契約

■発行保証金保全契約の相手方の氏名、照合又は名称

  • 日本割賦保証株式会社
  • 株式会社三菱UFJ銀行
  • 株式会社みずほ銀行
  • 損害保険ジャパン株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 日本生命保険相互会社
約款等 有 詳しくは、JCBホームページの利用約款をご確認ください。
ギフティプレモPlus 利用約款

苦情又は相談窓口

所在地 〒107-8686 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
連絡先電話番号 0570-06-4743(有料) JCBプレモデスク
備考 JCBプレモデスクの受付時間は、9:00AM~5:00PMです(土・日・祝・年末年始休)。

PDFファイル閲覧について

PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader日本語版(無償)が必要です。
最新版のAdobe Readerをダウンロードするにはアイコンをクリックしてください。

Get Adobe Reader

ページの先頭へ