ページの先頭です

ローン専用のカードを利用するデメリットについてよくあるご質問

カードローンのデメリットについて

カードローンを利用したことがなく、これからはじめてカードローンの申し込みを検討している方のなかには、カードローンの利用にデメリットがないのかなど不安に感じている方もいるかもしれません。

「カードローンを使うことにデメリットはありますか?」
「どんなデメリットがありますか?」

ここではカードローンを利用する際のデメリットや、解約時のデメリットなどについて解説しています。

カードローン利用について不安を抱えている方は、申し込みの前に、カードローンのデメリットを確認しておきましょう。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

申し込み前に、カードローンを利用すると生じるリスクについて知りたいです。

カードローンを利用することで得られるのはメリットばかりではありません。計画的に利用できなければ、デメリットが生じることもあります。

ここでは、カードローン利用のデメリットについて、説明します。

カードローン利用のデメリットを、5つ説明します。

  • デメリット(1):借り入れた金額とあわせて利息を支払う必要がある
  • デメリット(2):計画的に利用しないと返済が難しくなることがある
  • デメリット(3):計画的に利用しないと、多重債務のリスクが高まる
  • デメリット(4):返済時に延滞などをしてしまうと、個人信用情報機関に一定期間履歴が残る場合がある
  • デメリット(5):融資利率(金利)が高い場合が多い

カードローンは、計画的に利用しないとさまざまなデメリットが生じます。計画的に利用・返済することで、一時的に現金が必要な場合など有効に活用できます。

JCBのカードローン「FAITH」は年利4.40~12.50%とJCBのクレジットカードのキャッシングに比べて低金利で、ご利用可能枠の範囲内で繰り返し利用が可能です。

借り換えのデメリットはなんですか?

借り換えのリスクについて

JCBカードローン「FAITH」は、借り換え(複数社からの借り入れのおまとめ)としても利用可能です。

ただし、カードローンの借り換えの際にも次のデメリットがあります。

他社のカードローンからの借り換え目的でFAITHに申し込みされる方もいます。

ここでは借り換え時のデメリットとして2つ説明します。

  • デメリット(1):提供している事業者によって返済額や方法が異なる場合がある
  • デメリット(2):総量規制により、借り換え用に申し込んだカードローンの融資可能枠が小さく全額借り換えができない

デメリット(1)にあるように、カードローンを提供している事業者によって、月々の返済額や返済方法が異なる場合があります。

借り換えによって金利が下がっても、毎月の返済額が少なくなると返済期間が長くなり、支払う利息が増える場合があります。

借り換えをする前に、現在の利息と借り換え後の利息を把握しておきましょう。

カードローンの返済シミュレーションはこちら

ご利用可能枠(限度額)を増額することにリスクはありますか?

JCBカードローン「FAITH」は、ご利用可能枠の増額の申し込みができますが、リスクやデメリットもあります。

カードローン限度額の増額や増額申し込みのデメリットを2つ説明します。

  • デメリット(1):借り入れる額が増えてしまい、支払う利息も増えてしまう
  • デメリット(2):増額の審査を行うため、書類の提出などの手続きが必要

デメリット(2)にあるとおり、増額の際には再度審査が行われます。再審査には、増額の申し込み書の他に収入証明書類などの提出が必要です。

また、審査には時間がかかる場合もあります。
増額を希望される場合は、収入証明書類などを事前に準備しておきましょう。

カードローンを解約するデメリットはなんですか?

解約時のご質問

カードローンを解約した場合にもデメリットがあります。

カードローンを解約した場合のデメリットを2つ説明します。

  • デメリット(1):以前利用していた場合でも、利用する場合には再度申し込みと審査が必要になる
  • デメリット(2):急な出費があった場合など、現金を借りたい時にすぐに利用できない

一度カードローンを解約すると、再度利用するためには、再度カードローンに申し込みをし、審査を受ける必要があります。

返済が完了しても、もしもの時のためにカードローンの契約を残しておくことも便利な使い方のひとつです。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ