ページの先頭です

カードローン「FAITH」申し込み時に連帯保証人は必要ですか?

FAITH申し込み時に連帯保証人は必要ですか?

ローンは商品によって契約できる条件が異なり、連帯保証人がいないと契約できない場合があります。

一方、カードローンは保証人や連帯保証人なしでも契約できる場合が多いのが特徴です。

もちろん、JCBが提供するカードローン「FAITH」も、保証人や連帯保証人は不要です。また担保も不要です。

ここでは、どうしてカードローンは連帯保証人なしでも契約できるのかなど、カードローンと連帯保証人について問い合わせの多い質問にお答えしています。

カードローン「FAITH」のご契約を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

FAITHでは保証人は必要ですか?

カードローン「FAITH」は保証人や連帯保証人なしで申し込みができます。

申し込みの条件を満たす方なら、カードローン「FAITH」のご契約時に第三者の署名などは必要ありません。

実際にカードローン「FAITH」を利用される方のみで、申し込み手続きが完了します。

なぜ必要ないのですか?

一般的なカードローンは保証会社が保証人の役割を担っています。

カードローン「FAITH」はJCBが保証会社を兼ねているため、保証人や連帯保証人は必要ありません。

また、JCBでは独自の基準でカードローン「FAITH」の審査を行っています。

審査ではお客様の情報を総合的に判断し、カードローンの利用が可能かどうかを判断しています。

カードローンの連帯保証人になると、どんなことがありますか?保証人との違いはなんですか?

保証人との違いについて

ローンを利用した場合は返済義務が発生します。

連帯保証人とは、ローンの契約者と同じ支払義務を負う立場にあり、もしも契約者が利用残高を支払うことができなくなった場合、連帯保証人が支払いに応じなくてはいけません。

カードローン「FAITH」の契約には保証人や連帯保証人をつけることはできません。

保証人と連帯保証人の違い

保証人や連帯保証人は債務者(ローンを利用した人)が債務を支払いできない場合、債務者に代わってその義務を負うことになります。

連帯保証人は保証人に比べ、より重い責任が課せられています。
たとえば、連帯保証人は債務の全額を返済する義務を負うことに対し、保証人は債務の総額を保証人の人数で割った額となります。

そのため、ローンの契約では、保証人ではなく連帯保証人を必要とされる場合が多くみられます。

連帯保証人がカードローンの申し込み時に不要なことのメリットは何ですか?

カードローン「FAITH」は保証人や連帯保証人が不要なため、連帯保証人を探す手間がなく、申し込み条件を満たす方であれば、ご本人のみで申し込みが可能な点がメリットです。

他の人に迷惑をかけない

連帯保証人は、本人が返済できなくなった場合、代わりに返済しなくてはいけない立場になるということです。

連帯保証人になった人は本人に代わって返済することになる可能性があり、連帯保証人になった人に迷惑がかかる可能性があります。

カードローン「FAITH」で発生する支払義務はご契約者本人が負うことになり、他の人に返済を代わってもらい迷惑をかけることはありません。

連帯保証人になる人を探す手間がない分、申し込みがスムーズ

カードローン「FAITH」は保証人や連帯保証人なしで利用できます。連帯保証人になる人を探す手間がない分、スムーズにお申し込みが可能です。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ