ページの先頭です

催告書に関するよくあるお問い合わせ

返済の滞納が続いた場合によくあるご質問

利用しているカードローンの返済を滞納すると、返済を促す催告書が送付されることがあります。

カードローンの催告書についてさまざまな疑問や不安を抱えている方もいるかもしれません。

ここでは、そんな疑問にお答えするため、カードローンを利用中または検討中の方からよくある、カードローンの催告書に関するお問い合わせに回答しています。

これからカードローンの契約を検討している、もしくはすでにカードローンを利用しているが、催告書について疑問がある、という方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

利用したカードローンを返済できない状態が続くとどうなりますか?

カードローンで借り入れた現金が返済できない状態が続くと、カードローンの発行会社より催告書が送付されることがあります。

催告書には、滞納している金額の返済を求める内容が記載されています。

催告書が届くことがないように、カードローンのご利用・ご返済は計画的に行いましょう。

催告書とはどういったものですか?

催告書とは

催告書とは、カードローンの返済の滞納金を期日内に返済することを求める書状です。

支払いの期日や金額等が記載されているため、万が一催告書が送られた場合は、指定の期間内に返済しましょう。

催告の内容を含むカードローン会員規約はこちら

カードローンの督促状とはどのように違うのですか?

督促状とは、カードローン借入金の返済を催促する書状です。

催告書と似た内容ですが、カードローンの返済が滞っていることに対する注意と返済を催促する内容が記載されています。

カードローンの返済を滞納すると、まず督促状が送付されることが一般的です。

督促状が送付されてからもカードローン未納の状態が続くと、期限付きで返済を勧告する催告書が送付されることがあります。

JCBでは、毎月のお支払い日に銀行口座からお振り替えができなかった場合、再度の振り替え日と金額を記載したはがきを郵送します。

返済の遅延がないよう計画的に利用しましょう。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ