ページの先頭です

借りたお金を生活費に使ってもいいですか?

生活費として使ってもいいですか?

一時的にお金が足りない時などに活用されているのがカードローンです。

生活費としてカードローンを使うことに疑問や不安を感じている方がいるかもしれません。

確かに、カードローンでの借り入れを日常的な生活費として使い続けることはおすすめできません。返済の目途がつかないままカードローンを利用することはリスクが大きいためです。

ただし、一時的な出費にカードローンを利用している方はいます。

ここでは、カードローンで借り入れたお金を生活費として使うことを検討されている方から、お問い合わせの多い質問にお答えしています。

カードローンと生活費に関して疑問をお持ちの方は参考にしてください。

  • 「カードローン」は、キャッシングサービス専用のローンカードおよびそのサービスです。

JCBのカードローンで借りたお金の使いみちは自由ですか?

借りたお金の使いみちについて

カードローン「FAITH」は、事業資金を除いて、使いみちは限定されていません。

また、カードローン「FAITH」を申し込みの際に、詳細な使いみちを申告する必要はありません。

ATMやキャッシング振り込みサービスで借り入れの際にも、使いみちについてご質問することはありません。

カードローン「FAITH」で借り入れたお金は自由に使うことができます。

カードローン「FAITH」では、借り入れ後のご返済についてシミュレーションをご用意しています。

キャッシング1回払い、キャッシングリボ払いを利用の際には、お支払いシミュレーションで毎月のご返済額を確認ください。

カードローン「FAITH」キャッシングリボ払いお支払いシミュレーション

キャッシング1回払いのお支払いシミュレーション

カードローンで借りたお金を生活費に使うのはあまり良くないのですか?

普段の買い物等にカードローンを利用することについて

カードローン「FAITH」の使いみちは自由です。
ただし、突発的な出費のためではなく生活費として日常的にカードローンを使い続けることは返済遅延のリスクが高くなります。

事業資金を除く使いみちならば、どのような用途にもお金を使うことができるため、カードローン「FAITH」の使いみちは人それぞれです。

もちろん、カードローン「FAITH」を生活費として利用することもできます。生活費としての詳細な使いみちを申告する必要はありません。

買い物をしすぎてしまった、急な出費が重なってしまったときなど、一時的に生活費が足りない場合などにカードローンの利用ができます。

ただし、カードローンでの借り入れ額が毎月のご返済額を上回ることが続いてしまうと、借り入れ額の合計が増え続けてしまいます。

カードローンがないと生活費が足りない状態を続けることは、お支払い利息の金額も増え続けることになります。

生活費としてカードローンを使う場合は、一時的な利用とするなど計画的に利用することが必要です。

公共貸付制度とは何ですか?

公共貸付制度について

国や自治体・社会福祉協議会などでは、生活費や一時的な資金の貸付けを行う制度があります。

例えば、各都道府県社会福祉協議会では、失業して生活にお困りの方など、一時的に生活資金などが必要な方を支援するために「生活福祉資金貸付制度」を実施しており、条件を満たす方に、生活費などに使える貸し付けを行っています。

生活に困窮してしまった場合などは、カードローン以外の方法を検討・相談することができます。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

ページの先頭へ