ページの先頭です

よくあるご質問

2020年1月現在

Apple Payについて

Apple Payとはどのようなサービスですか?

Apple Payとは、対象のiPhone、Apple Watch、iPad、Macに、カードを設定することで、安心・安全・スピーディーにお支払いができるサービスです。

詳しくはこちら

対象となる端末(デバイス)はどれですか?

詳しくはAppleのウェブサイトをご確認ください。

対応端末(デバイス)について詳しくはこちら

Apple Payはどこで使えますか?

日本国内のQUICPay加盟店またはJCBコンタクトレス対応端末が設置されているお店で利用できます。また、Apple Payに対応したオンラインショップでも利用できます。

  • JCBデビットカードの場合は、QUICPay+™(クイックペイプラス)マークのあるお店でのみ利用できます。

QUICPay加盟店について詳しくはこちら

JCBコンタクトレスについて詳しくはこちら

Appleウェブサイトはこちら

QUICPayモバイルとの違いは?

「QUICPayモバイル」はおサイフケータイ(R)の利用が可能なAndroid™スマートフォン・フィーチャーフォン向けのサービスです。
「QUICPayモバイル」を申し込みされても、Apple Payは利用できません。

【QUICPayモバイル新規WEB申し込み・再発行停止のご案内】
2019年11月28日(木)をもって「QUICPayモバイル」の新規WEB申し込み・再発行の受付を停止しました。現在「QUICPayモバイル」をご利用の方は、2019年11月以降も引き続き利用できます。

  • 「おサイフケータイ」は株式会社NTTドコモの登録商標です。

1回あたりの利用可能金額は?

QUICPayについて

QUICPayマーク QUICPay+マーク

QUICPay™(クイックペイ)マークのお店・・・2万円(税込)まで利用できます。
QUICPay+™(クイックペイプラス)マークのお店・・・2万円(税込)を超える高額利用もできます。

  • 加盟店によってご利用上限金額に制限がある場合があります。
  • デビットカードは別途、発行銀行の定める利用上限金額がある場合があります。

JCBコンタクトレスについて

カードのご利用上限に準じます。

Apple Payの設定について

JCBカードは設定・利用できますか?

JCBグループ発行のクレジットカードおよびデビットカード(一部を除く)を持つお客様は、Apple Payにカードを追加することでApple Payが利用できます。

  • 現時点では、JCBプリペイドカード、JCBプレモカード、法人クレジットカードおよび一部の個人クレジットカードは追加や利用ができません。
  • 法人クレジットカードのうち、カード番号が「354」からはじまり、カード表面に「JCB CARD Biz」または「BUSINESS」と表示のあるカードは追加や利用ができます。

Apple Payに登録したカード実物と、iPhoneに表示されるカード券面のデザインが違うのですが、問題ないでしょうか?

都合により、一部のカードは、お持ちの券面デザインと異なるイメージ券面画像が表示されますが、画像左下のカード番号下4桁が一致していれば、問題はありません。

Apple Payの利用について

Apple Pay(iPhone)を使ってどのようにお支払いすればよいですか?

iPhone 7やiPhone 8のTouch IDに指を載せたまま、iPhoneをお店の端末にかざします。
iPhone X以降では、サイドボタンをダブルクリックし、Face IDで本人認証をしてからお店の端末にかざしてください。
決済音が鳴ると決済完了となります。

  • 状況により、通信に時間がかかる場合があります。決済音が鳴るまでかざしたままお待ちください。

Apple Pay(Apple Watch)を使ってどのようにお支払いすればよいですか?

Apple Watch Series 2以降では、サイドボタンをダブルクリックしてからお店の端末にかざします。
決済音が鳴ると決済完了となります。

  • 状況により、通信に時間がかかる場合があります。決済音が鳴るまでかざしたままお待ちください。

iPhoneやiPadのアプリケーション内とウェブ上でお支払いするにはどうすればよいですか?

iPhoneやiPadを使ってアプリケーション内やウェブ上で支払うときは、支払い方法としてApple Payを選び、Touch IDに指を載せるかFace IDで本人認証をしてください。

店頭において支払いが完了していることは、どのように確認できますか?

決済音が鳴るとお支払い完了です。
決済音が鳴るまでかざしたままにしてください。

詳しくはこちら

支払い時に「取引エラー」となった場合、どうすればよいですか?

Wallet アプリ

ご利用状況などにより、取り扱いができない場合があります。

  • カード発行会社に連絡が必要な場合は、Apple Payに登録したカードの裏面に問い合わせ先が掲載されています。
  • iPhoneのWalletアプリからカード発行会社へ連絡することも可能です。
    Walletアプリ>対象カード選択>右下の「i」マーク>JCBに問い合わせる>電話

電源が入ってなくてもApple Payは利用できますか?

利用できません。お支払いの際、Touch IDやFace ID、パスコードによる本人認証を必要とするため電源が入っている状態で利用してください。

QUICPayカード、QUICPayモバイルを利用していますが、Apple Payも利用できますか?

利用可能です。
Apple Payを利用するには、Apple Payにカードを追加する必要があります。Apple Payにカードを追加した後でも、現在利用しているQUICPayカード(QUICPayモバイル)はそのまま利用できます。

Apple Payでショッピング2回払いやショッピングリボ払いはできますか?

店頭でのApple Pay利用はお支払い方法の指定ができません。アプリ内決済やオンラインショッピングであれば加盟店指定の範囲内で支払い方法が選択できます。利用後リボ・分割・スキップ払いは利用できます。

家族カードでApple Payを利用することはできますか?

家族カードをお持ちの場合、ご家族が保有するiPhone、Apple Watchなどの対象端末に家族カードを追加することができます。家族カードがApple Payに追加されましたら、本会員の方あてに郵送で登録確定のご案内をお送りします。

利用金額分のポイントやマイルはたまりますか?

ポイント(マイル)付与対象のお支払い分であれば、ポイント(マイル)がたまります。

その他

Apple Payで利用しているカードを紛失した場合はどうすればよいですか?

カード裏面に記載のカード発行会社までご連絡ください。

  • カードの機能を停止し、カードの再発行のご案内をします。

なぜApple Payは安全なのですか?

Apple Payでのお支払い時は、あらかじめ設定した「Touch ID」「Face ID」または「パスコード」で認証を行います。iPhoneやiPad、Apple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能で紛失モードに設定することで、簡単にApple Payの利用を一時停止できます。
また、お客様の情報は、暗号化された状態で安全に端末内に保管されます。

カード番号や、その他の情報は、Appleにも共有されますか?

Apple Payをスムーズに利用するために、カード情報の一部を端末(デバイス)上に表示しますが、Apple社にカード番号やお客様の個人情報が共有されることはありません。

端末を紛失した場合どうすればよいですか?

Find My iPhoneから紛失登録をすれば、Apple Payの利用を停止できます。

機種変更後も、引き続きApple Payを利用することができますか?

新しい端末へは自動で設定が引き継がれないので、再度Apple Payにカードを設定してください。

  • Apple Payを利用するにはiOS 10.1以降が必要です。

Apple Payに対応しているデバイスについて詳しくはこちら

その他「Apple Pay」に関するよくあるご質問はこちら

よくあるご質問はこちら

利用規約

Apple Payモバイルペイメント規定

商標について

  • Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、Face ID、iPad、iPhone、Mac、Safari、Touch IDは、Apple Inc.の商標です。iPad ProはApple Inc.の商標です。
  • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
  • Androidは、Google LLCの商標です。
ページの先頭へ