ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

クレジットカード付帯の保険を活用する方法を解説

クレジットカード付帯の保険を活用する方法を解説

クレジットカードには、旅行中のケガや携行品の盗難、購入したものの破損や盗難に対する保険があらかじめ付帯しています。しかし、その内容はカード会社やカードの種類によって異なります。いざというときのために、自分のカードに付帯している保険について内容を確認しておくことが大切です。この記事では、実際にどのような保険の種類があるのか、保険を上手に活用するにはどうしたら良いかを紹介します。

目次

クレジットカードに付帯する保険とは

クレジットカードへの入会を検討する際、カードの基本情報などに「付帯保険」という情報が記載されています。では、付帯保険とはどのような保険なのでしょうか。クレジットカードに付帯する保険についてご紹介します。

クレジットカード付帯の保険はカード会社と保険会社が提携して提供するサービス

クレジットカード付帯の保険とは、クレジットカードを持つことにより無料で利用できる保険のことです。たとえば、旅行に出かける際、万が一に備え保険料を払って旅行保険に入る人もいると思います。また、高価なものや大切なものに対して、破損や盗難に備えて保険に入る場合もあるでしょう。

保険が付帯したクレジットカードを持つことにより、自分で保険に入らなくてもこれらの保険サービスを無料で受けることができます。保険の内容には、旅行傷害保険やショッピングガード保険などさまざまな種類があり、持っているカードによって異なります。

自動付帯保険と利用付帯保険の違いは?

クレジットカード付帯の保険には、「自動付帯保険」と「利用付帯保険」の2種類があります。クレジットカード付帯の保険を利用するにあたって、自分のクレジットカードの場合は自動付帯保険なのか、利用付帯保険なのかを確認しておくことはとても重要です。自動付帯保険と利用付帯保険の違いを紹介します。

自動付帯保険

対象のクレジットカードを所持しているだけで、自動的に保険が付いてきます。カード会社や、カードの種類によって適用条件や補償金額などは異なりますが、旅行やショッピングをサポートする保険が主になっています。
JCBの自動付帯保険には、ショッピングガード保険があります。カードの種類によって、金額等の補償内容が異なりますが、ショッピングガード保険は、JCBカードで購入された品物について、破損や盗難に対する補償などを行います。また、旅行傷害保険(国内/海外)が自動付帯されているカードもありますが、次に説明する条件を満たしていないと適用されない「利用付帯保険」の場合もありますので確認が必要です。

利用付帯保険

対象のクレジットカードを利用することによって、保険が適用されます。たとえば、旅行傷害保険の場合、日本出国前に「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金などを対象のクレジットカードで支払っていないと、補償が受けられないなどの条件があります。保険が適用される支払いの範囲は、カード会社やカードの種類によって異なります。
このように、付帯保険を利用する場合には、自動付帯保険か利用付帯保険かによってカードの利用範囲を考えなくてはなりません。自分のカードがどちらなのか、確認しておきましょう。

クレジットカードに付帯する保険・補償の種類と内容

それでは、実際にクレジットカードに付帯する保険にはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、保険の種類や内容をご紹介します。

旅行傷害保険

旅行傷害保険とは、旅行中にケガをしたり病気になったりした場合に補償を受けられる保険です。クレジットカードに付帯する保険の場合、海外旅行については自動付帯のカードも多いようですが、国内旅行については利用付帯である場合が多いようです。

海外旅行傷害保険

海外旅行中に、万が一事故に遭いケガをしたり病気になったりした場合に補償を受けられる保険です。また、携行品の盗難や破損などの損害も補償の対象となります。本人だけではなく、家族会員も補償を受けられるのも、特徴のひとつです。JCBカードの場合、家族特約補償つきのカードであれば、本会員と生計を共にする家族で満19歳未満の子どもも保険が適用されます。カード会社やカードの種類によって異なりますが、海外旅行傷害保険は自動付帯である場合が多く、旅行前の届け出や手続きは必要ないことがほとんどです。ただし、自動付帯の補償は一部分で、残りは利用付帯という場合もあるため、保険の内容はしっかり確認しておきましょう。

国内旅行傷害保険

クレジットカード付帯の国内旅行傷害保険には利用付帯のものが多く、補償内容や適用内容も海外旅行傷害保険とは異なります。
まず、国内の場合、補償内容がケガ(死亡、後遺障害)のみで、入院、通院、手術などは補償されないことがほとんどです。また、ケガの場合でも、条件によって適用されない場合があります。主に、適用されるのは以下の三つの場合です。

・航空機や電車、船舶などの公共交通乗用具搭乗中の傷害事故
・旅館・ホテル宿泊中の火災・爆発による傷害事故
・宿泊を伴う募集型企画旅行参加中の傷害事故

個人旅行や、マイカーやレンタカーでの事故、日帰りパック旅行などは補償されない場合がほとんどです。国内旅行でクレジットカード付帯の保険を利用したいと考えている人は、自分の持っているカードの補償内容を把握しておくことが必要です。

ショッピングガード保険

ショッピングガード保険とは、カード会社などによって呼び方は異なりますが正式には「動産総合保険」と呼ばれるもので、クレジットカードで購入した商品が破損したり、盗難に遭ったりした場合に補償してもらえる保険です。一般的には自動付帯していることが多いでしょう。故意にではなく落として破損してしまったものや火災によって故障したもの、第三者へプレゼントしたものなども対象になります。ただし、紛失や置き忘れ、自然災害による損害などは対象外となります。
また、クレジットカードで購入したものであっても、以下のものは対象となりません。

・船舶、航空機、自動車、原付自転車、自転車など
・義歯、義肢、コンタクトレンズなど
・動物、植物
・食料品、飲料
・現金、有価証券、預貯金証書、旅券、印紙、切手、乗車券などのあらゆるチケット類
・稿本、設計書、帳簿
・職業上の商品として購入したもの
・携帯電話、スマートフォン
など

補償内容の詳細や金額、免責金額などは、カード会社やカードの種類により異なるため、各々のカード会社に問い合わせが必要です。何か起こった際の連絡先は、いつでもすぐわかるようにしておくと良いでしょう。

JCBの例

ショッピングガード保険が付帯されているJCBカードで購入された品物に万一破損や盗難などの障害が発生した場合、購入日から90日間、補償されます。補償金額は一般カードでは海外のみ対象で100万円まで、ゴールドカードでは海外、国内とも500万円まで、免責金額(自己負担額)は一般カードが10,000円、ゴールドカードでは3,000円となっています。そのほかカードの種類により異なるため、詳細はご確認ください。
※一部の商品および配送中の事故は補償の対象となりません。
※上の保険の内容は概要を説明したものであり、実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約に基づきます。また、事故の内容によっては補償の対象とならない場合があります。
※カードにより補償内容が異なる場合があります。

クレジットカードの紛失・盗難保険

クレジットカードの盗難に遭ったり、紛失したりしてしまった場合は、速やかにカード会社に連絡します。どのカード会社も、盗難や紛失には24時間受付の緊急専用窓口を設けているところがほとんどです。
盗難や紛失、不正利用により被った損害に関しては、自動付帯の保険によって補償をするカード会社と、自社で補償することを規約に定めているカード会社があるようです。補償を受けるには手続きが必要ですが、どのカードでも補償の仕組みは付帯しているため安心しましょう。
ただし、自分でほかの人(家族を含む)にカードを貸した場合や、暗証番号などの管理が甘かった場合、紛失や盗難の原因が本人の重大な過失による場合には補償されない場合もあります。ですから、普段からクレジットカードの扱いには十分に注意する必要があります。
補償期限はたいてい60日前からですが、カード会社により異なる場合があるため、自分の持っているクレジットカード会社のパンフレットやウェブサイトでご確認ください。また、紛失、盗難時の緊急連絡先はメモしておきましょう。

JCBの例

カードの紛失や盗難により不正利用されてしまった場合、紛失・盗難の連絡をした日から60日 さかのぼって、それ以降の損害額が補償されます。
また、海外でカードを紛失したり盗難に遭ったりした場合には「JCB紛失盗難受付デスク(24時間、年中無休)」に連絡すると、日本語でのサポートが受けられ、海外専用緊急再発行カードの手配などをしてもらえます。
※会員の方に会員規約違反や故意または過失等がある場合は、本補償の対象とはなりません。

クレジットカードのランクによる保険と補償

先にご紹介した通り、クレジットカードに付帯する保険は、カード会社やカードの種類により異なります。ここでは、クレジットカードのランクによる保険と補償の違いについてご紹介します。

クレジットカードのランクによる保険・補償の違いは?

クレジットカードには、ステータス(社会的な信用・価値)によってランクがあります。一般的には、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの順にランクが高くなります。
一般カードは、年会費が無料だったり安価だったりして、初めてカードを持つ人などに向いているカードです。保険については、旅行傷害保険やショッピングガード保険など、クレジットカードを使用する一般的な場面に則した最低限必要な保険が付帯しているものが多く、補償もほかのカードに比べると低く抑えられています。
ゴールドカードやプラチナカードは、年会費が高く、入会の審査なども一般カードよりは厳しく設定されています。保険サービスはステータスが高くなるほど充実しており、補償金額も高めに設定されています。カード会社により違いはありますが、たとえば 、一般カードは海外旅行傷害保険のみで、ゴールドカードやプラチナカードは国内旅行傷害保険も自動付帯しているなどの例があります。

JCBの例

JCBゴールドカードの旅行傷害保険は、トップクラスの補償内容といわれています。たとえば、搭乗予定の航空便が遅延して移動ができなくなった場合の客室料や食事代、衣類の購入費用などを補償する「国内・海外航空機遅延保険」などが付帯しています。JCBゴールドカードの自動付帯保険については以下の情報もご覧ください。

JCBゴールドカードの自動付帯保険

必要に応じて、保険・補償サービスの追加を

ここまでは旅行とショッピングに関する保険を紹介してきました。カード会社によっては付帯する保険以外に追加できる保険を用意しているところもあります。たとえば、トラブルで弁護士費用が必要になった場合や、日常生活で賠償責任が生じた場合、病気の際に保険による補償をグレードアップしたいという場面などがあると思います。もちろん保険会社と契約するのも一つの方法ですが、使用しているクレジットカードにどのような保険をどのくらいの費用で追加できるか検討してみるのも良いでしょう。

JCBの例

トッピング保険「自転車プラン」
月額保険料330~1,080円で、自転車などに乗車中の事故に備える保険です。ケガの治療費などはもちろん、相手方への賠償も最大1億円まで補償されます。補償は本人だけではなく、家族全員が対象です。JCB会員ならば、会員専用ウェブサイトから簡単に申し込みできます。自転車プランについては以下の情報もご覧ください。

トッピング保険「自転車プラン」についてはこちら

クレジットカードを複数持っている場合の補償内容はどうなる?

クレジットカードを複数枚持っていて、それぞれに付帯保険が付いている場合、保険料はどのように支払われるのでしょうか。
結論から言うと、「死亡・後遺障害」の場合は最も補償額の高いカードの補償額までしか支払われません。そのほかのケガや疾病に関する補償に関しては、複数のカードを合算した額から損害を被った額を上限として支払われます。支払いの仕組みは以下の通りです。

死亡・後遺障害の場合

たとえば、A、B、Cの3社のカードを持っていて、保険金額がそれぞれA:2,000万円、B:1,000万円、C:1,000万円だった場合、3社のうち最も高い2,000万円が、A:1,000万円、B:500万円、C社:500万円、というように按分して支払われます。

それ以外の補償の場合

たとえば、ケガの治療に300万円かかったとします。その場合、上と同じ会社のカードを持っていて、ケガの治療費用の保険金額がそれぞれA:200万円、B:100万円、C:100万円ならば、A:150万円、B:75万円、C:75万円、というように按分して支払われます。
複数カードを持っていても、それぞれから限度額いっぱいの補償を受けられるわけではないことを覚えておきましょう。

JCBクレジットカードなら、保険・補償サービスが充実!

クレジットカードには様々な種類がありますが、国際カードブランドと呼ばれる5大ブランドが世界中で使われるカードシステムとして有名です。JCBはその中で唯一、日本発の国際カードブランドです。国際カードブランドのカードを発行するカード発行会社(銀行系、信販系、流通系)は多くありますが、JCBでは自社のクレジットカード(プロパーカード)も発行しています。
ここでは、保険・補償サービスが充実して安心なJCB ORIGINAL SERIESをご紹介します。
「JCB一般カード」「JCBゴールド」「JCBプラチナ」それぞれの保険・補償金額を表にしてみました。

「JCB一般カード」「JCBゴールド」「JCBプラチナ」それぞれの保険・補償金額

※上の保険の内容は概要を説明したものであり、実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約に基づきます。
また、事故の内容によっては補償の対象とならない場合があります。
※カードにより補償内容が異なる場合があります。
このように、JCBでは海外旅行傷害保険やショッピングガード保険が充実しており、世界中に日本語で相談できるJCBプラザなどの窓口を設けているのも特長です。

まとめ

さて、この記事ではクレジットカードに付帯する保険について、保険の内容、補償の適用条件、カードのランクによる違いなどについて紹介しました。クレジットカードをこれから選ぶ人は、自分の使い方に合ったカードを選べるよう、付帯している保険についてもきちんと確認するようにしましょう。また、今クレジットカードを持っている人も、これを機に付帯している保険や追加が必要な保険について見直してみてはいかがでしょうか。

注意事項

本ページ記載の内容は2021年6月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB一般カード

JCB一般カード

安心と信頼のJCBのスタンダードカード

JCBゴールド

JCBゴールド

ゴールドカードならではの安心とクオリティーを兼ね備えた1枚

JCBプラチナ

JCBプラチナ

自分らしく生きるあなたのためのスタイリッシュなステータスカード

ページの先頭へ