ページの先頭です

クレジットカードを便利に活用する

韓国で使えるクレジットカードとは?種類や審査、便利な使い方を解説

更新日:2024年1月9日

韓国で使えるクレジットカードとは?種類や審査、便利な使い方を解説

韓国では、街中にある多くの店舗がキャッシュレス決済に対応しています。そのため、韓国を旅行する際はクレジットカードが活躍します。現金の場合は現地通貨への両替が必要になりますが、クレジットカードであれば両替の必要がなく、支払いもスムーズです。

この記事では、韓国で利用できる支払い方法、韓国でクレジットカードを利用するメリット、事前に知っておきたいポイントなどを解説しています。韓国に行く予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • 韓国でクレジットカードを使うメリット
  • 韓国でおトクに使えるクレジットカード
  • 韓国のクレジットカード・電子マネー事情

ポイント高還元率のクレジットカード

JCBオリジナルシリーズ キャンペーン実施中

詳しくはこちら

韓国でクレジットカードを利用するメリット

韓国でクレジットカードを利用するメリット

韓国でクレジットカードを利用すると、支払いがスムーズになったり、海外旅行に関する保険を利用できたりするなどのメリットがあります。

現金での支払いよりスムーズ

韓国で現金を利用する場合、日本の通貨を韓国の通貨に両替をしたり、紙幣や硬貨を出して支払ったりする必要があります。クレジットカードであれば、現金と比較してスムーズに支払いができます。韓国はキャッシュレス決済に対応している店舗が多いため、少額の買い物でもクレジットカードを利用しやすいでしょう。

海外旅行保険が利用できる

クレジットカードは、年会費が無料のカードでも、海外旅行中のトラブルを補償する保険が付帯されていることが多いです。たとえば、海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードであれば、旅行中の病気やケガの際に、程度に応じた補償を受け取れます。

海外旅行傷害保険に関しては、次の記事で詳しく解説しています。

キャッシングを利用できる

韓国ではクレジットカード決済に対応している店舗は多いものの、屋台や露店など、キャッシュレス決済が導入されていない店舗も存在します。この場合は現金で支払う必要があるため、現金の用意がないと困るケースもあるでしょう。

クレジットカードで現地通貨を引き出せる海外キャッシングサービスが利用できれば、急に現金が必要になったときに対応できて便利です。キャッシングサービスの利用方法は次の通りです。

  1. 旅行前に海外キャッシングの利用可能枠(限度額)の設定を行う
  2. 海外のATMまたは現地金融機関の窓口で現地通貨を引き出す(※)
  3. 後日、レート換算された利用金額に手数料を加算した金額が支払口座から引き落とされる
  • ATMの利用には、暗証番号の事前確認が必須です。

なお、海外でクレジットカードのショッピングやキャッシングを利用する際には、利用金額に換算レートが加わり、さらに手数料がかかります。次の章で詳しく説明します。

韓国でも便利でおトクなJCBカード

JCBは日本国内外に約4,300万店の加盟店が(※)あり、ハワイ・グアム・中国・台湾・韓国をはじめ、さまざまな国や地域でJCBカードが使えるお店が増えています。韓国でも使える店舗は多いです。

  • 2023年3月末時点

JCBカードが使える韓国の店舗やサービスの例はこちら

また、JCBカードには海外旅行に便利な保険が付帯しています。

  • 旅行傷害保険(国内/海外)
  • 航空機遅延保険(国内/海外)
  • ショッピングガード保険(国内/海外)
  • スマートフォン保険
  • 券種によって付帯サービスの内容が異なります。

JCBスマートフォン保険ご案内サイトについてはこちら(L2310494)

また、JCBではカード番号を券面に記載しない「JCBのナンバーレスカード」(NL)が利用できます。カード番号が漏れることで不正利用のリスクが高まるため、ナンバーレスにすることによって海外でも安心して利用できます。

JCB カード W

JCB カード Wは、18~39歳の方が申し込みできる年会費永年無料のクレジットカードです。JCB カード Wを所有して40歳を迎えた場合でも、年会費無料のまま使用し続けられます。

JCB カード Wに付帯する保険については、以下の通りです。

旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)(※1) 海外 最高2,000万円
国内 -
ショッピングガード保険 海外 最高100万円
国内 -
  • 1 保険の適用には条件があります。
    詳しくは、旅行傷害保険の適用条件をご確認ください。

旅行傷害保険の適用条件はこちら

JCB カード Wの魅力は、国内外問わずいつでもポイントを2倍獲得できる高いポイント還元率です。

JCBカードは、毎月のご利用合計金額1,000円(税込)ごとに1ポイント獲得できますが、JCB カード Wでは2倍の2ポイント獲得できます。

JCBと提携する「JCBオリジナルシリーズパートナー」の店舗でJCB カード Wを利用してお買い物やサービスの利用をすると、さらにポイントが高還元になるため、国内での利用もおすすめです。たとえば、スターバックスやAmazon.co.jpといったサービスでポイントがたまりやすいことが特徴です。

JCBオリジナルシリーズ

  • 1 Starbucks eGiftの購入は21倍、スターバックス カードへのオンライン入金・オートチャージは11倍です。店舗での利用分・入金分はポイント倍付の対象となりません。
  • 2 Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。
  • 3 一部対象とならない店舗があります。法人会員の方は対象となりません。
  • JCB カード Wを利用するとカード特典の+1倍が加わるため、上に記載のポイント倍率が適用されます。
  • 掲載内容は予告なく変更となる場合があります。

ポイント倍率は2024年4月時点の情報です。
事前にポイントアップ登録が必要です。優待店により特典・条件等が異なります。最新情報はJCBオリジナルシリーズサイトをご確認ください。

JCBオリジナルシリーズサイトはこちら

獲得したOki Dokiポイントは、提携先ポイントや航空系マイルなどに交換できます。交換先により異なりますが、1ポイントあたり3~5円分相当として利用できます(※)。

  • ポイント移行商品などの申込可能ポイントは商品によって異なります。

JCBゴールド

JCBゴールドは、JCBブランドの安心感・信頼感に加えてステータスの高さが魅力のゴールドカードです。WEB明細サービス「MyJチェック」に登録し海外で利用するとポイント還元率が2倍になります。

また、国内外の旅行傷害保険、ショッピングガード保険、JCBスマートフォン保険が付帯しており、補償内容や補償限度額が一般カードよりも充実している点が特徴です。

旅行傷害保険(死亡・後遺障害の場合)(※1) 海外 最高1億円
国内 最高5,000万円
ショッピングガード保険 海外 年間最高500万円(1事故につき自己負担額3,000円)
国内 年間最高500万円(1事故につき自己負担額3,000円)
JCBスマートフォン保険 ディスプレイ破損
年間最高50,000円(1事故につき自己負担額10,000円)(※2)
  • 1 保険の適用には条件があります。
    詳しくは、旅行傷害保険の適用条件をご確認ください。

旅行傷害保険の適用条件はこちら

  • 2 JCBスマートフォン保険の詳細は、下のページをご覧ください。

JCBスマートフォン保険ご案内サイト(L2310494)についてはこちら

また、国内の主要空港、およびハワイ ホノルルの国際空港内にあるカードラウンジも利用可能で、航空機に乗る機会が多い方にも向いています。

JCBゴールドを保持していれば、一定条件を満たした方限定でワンランク上のサービスが受けられる「JCBゴールド ザ・プレミア」への招待が届きます。クレジットカードを育てて、今後さらにステータスの高いカードを持ちたい方にもおすすめです。

韓国旅行へ行く人が知っておきたい!JCBカードのおトクな情報

韓国でJCBカードを提示、またはJCBカードで支払いをしたときに、優待を利用できる店舗とサービスを紹介します。優待の内容は、商品やサービスの割引、プレゼントなど店舗によりさまざまです。

韓国に行く前に情報をチェックして、さらにおトクで楽しい旅行にしましょう。

バフアーモンドストア【ランダムでモルトボール1袋進呈】

バフアーモンドストア

バフアーモンドストアは、韓国の定番土産でも知られるナッツスナック「ハニーバターアーモンド」のショップです。明洞に位置する直営店では、ハニーバターアーモンドをはじめ、のり味・トッポギ味などすべてのフレーバーを試食・購入できます。

KRW30,000以上の商品を購入した方に、モルトボール(40g)をランダムで1袋進呈するサービスを実施しています。

お土産はもちろん、店内にはイメージキャラクターと写真撮影ができるなど、韓国旅行の思い出づくりにも最適なスポットです。

優待が受けられる店舗 バフアーモンドストア
(明洞1号店、明洞2号店、釜山光復店)
店舗のジャンル アーモンドストア
優待の内容 KRW30,000以上ご購入の方、
モルトボール(40g)をランダムで1袋進呈
優待を受ける方法 JCBカードでの支払い
レジでクーポン提示
優待期間 2023年8月1日~
2024年12月31日

優待や店舗についての詳細はこちら

オールマスクストーリー【シートマスク最大10枚プレゼント】

オールマスクストーリー

オールマスクストーリーは、高品質でリーズナブルなシートマスクを中心に、美容アイテムを取り扱うコスメショップです。明洞に4つの店舗を構えるオールマスクストーリーは、すべての店舗でJCBカードの優待を実施しています。

KRW30,000以上購入の方はシートマスク5枚、KRW50,000以上購入の方にはシートマスク10枚がもらえるサービスを実施しています。

さまざまなシートマスクが購入できるため、自分用だけでなく、お土産用にたくさん購入したい方におすすめです。

優待が受けられる店舗 オールマスクストーリー
店舗のジャンル コスメショップ
優待の内容 KRW30,000以上購入の方:シートマスク5枚進呈
KRW50,000以上購入の方:シートマスク10枚進呈
優待を受ける方法 JCBカードでの支払い
レジでクーポン提示
優待期間 2023年7月1日~
2024年12月31日

優待や店舗についての詳細はこちら

ロッテワールド【20%OFF】

ロッテワールド

ソウル 蚕室にある人気テーマパーク「ロッテワールド」では、チケットを購入する際、JCBカードを提示することで料金が20%OFFになります。

ロッテワールド内には、アトラクションやレストラン、百貨店、免税店などがあり1日中楽しめます。

ソウルスカイ

ほかにも、ロッテワールド内にある展望台「ソウルスカイ」のチケット料金が10%OFFになるサービスも実施しています。ソウルスカイは高さ555メートルと韓国国内では最も高く、ソウル市内を一望できます。昼間はもちろん美しい夜景も見られる観光スポットです。

優待が受けられる店舗 ロッテワールド(ソウル)
店舗のジャンル テーマパーク
優待の内容 チケット料金20%OFF
優待を受ける方法 JCBカードでの支払い
レジでクーポン提示
優待期間 2023年7月1日~
2024年12月31日

ロッテワールドの情報はこちら

ソウルスカイの情報はこちら

韓国はクレジットカードが使える場所が多い!

韓国では、JCB、VisaやMastercardといった国際ブランドのクレジットカードが利用できます。国際ブランドとは、さまざまな国や地域で利用できる決済システムのネットワークを持つクレジットカードブランドを指します。ホテル・飲食店・コンビニ・百貨店・タクシーなど、多くの場所でクレジットカード払いが可能です。

韓国のクレジットカード・電子マネー事情

韓国は、世界の主要国のなかでもキャッシュレス決済の利用者が多い国です。韓国のキャッシュレス決済比率は2021年の時点で95.3%(Euromonitor Internationalからの参考値)と高い水準となっており、韓国政府が行っている施策が理由のひとつといわれています。

一方で、日本のキャッシュレス決済比率は2021年の時点で32.5%、2022年の時点では36.0%と、韓国の3分の1程度の比率となっています。

韓国でキャッシュレス決済をするのであれば、クレジットカードもしくは現地で作成する交通系ICなどを利用することになります。日本で利用されている電子マネーは韓国では利用できないので注意しましょう。

韓国でクレジットカードが使えない場所

キャッシュレス決済が普及している韓国ですが、屋台や露店など規模の小さい店舗では、クレジットカード払いができない可能性があります。このような場合は現金で支払うことになるため、空港などで現地通貨に両替して、現金も用意しておきましょう。

韓国で使えるクレジットカードの種類

ここでは、韓国で使えるクレジットカードの種類を解説します。

国際ブランド

冒頭でも説明したように、国際ブランドとは、さまざまな国や地域で利用できる決済システムのネットワークを持つクレジットカードブランドのことです。韓国で利用できるクレジットカードの国際ブランドは、JCB、Visa、Mastercard、American Express、銀聯(ぎんれん)です。

これらの国際ブランドのクレジットカードお持ちであれば、韓国にいる間も活用できます。

韓国独自のキャッシュレス決済

クレジットカード以外にも、韓国の国内限定で利用できる交通系ICカードやキャッシュレス決済サービスがあります。事前にチャージが必要ですが、T-money、cashbeeといった交通系ICカードを使うと、韓国でバスや地下鉄を利用する際に乗車券を購入する必要がなくなるほか、乗り換えの際に割引が適用されます。

韓国でクレジットカードを使う前に知っておきたいこと

韓国でクレジットカードを使う前に知っておきたいこと

ここでは、韓国でクレジットカードを使う前に知っておきたい手数料と、サブカードの必要性を解説します。

一定の率を加えた換算レートで日本円に換算される

日本のクレジットカードを使って海外で買い物やサービスを利用すると、利用代金分を日本円に換算するときにレート換算された金額に手数料が加算されます。

JCBのクレジットカードを利用した場合、支払総額は次のように計算されます。

換算レート 支払総額の計算

  • 利用代金は、韓国での利用金額の場合は「ウォン」
  • 基準レートは「円」

海外キャッシング1回払い(海外キャッシングサービス)については、換算日の基準レートを換算レートとして日本円に換算します。

基準レートは日々変わり、手数料に関しては国際ブランドごとに異なります。基準レートは利用代金の引き落とし日ではなく「利用代金の支払い処理が行われた日」になるので認識しておきましょう。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

予備のクレジットカードを持っておくとよい

海外に持っていくクレジットカードが一枚のみの場合、現地でカードの不具合が起きたり、万が一紛失や盗難にあったりすると、支払いに使えなくなってしまいます。万が一の事態に備えて予備のクレジットカードを用意しておくと、引き続きクレジットカード払いができて便利です。

持っているクレジットカードが一枚のみの方は、このような事態に備えてサブカードを作ることも検討してみましょう。サブカードを作る際は、持っているクレジットカードと異なる国際ブランドのものを発行するのがおすすめです。

韓国旅行でも使えるデビットカード

年齢条件や審査など、何らかの理由でクレジットカードを持てない方には、クレジットカードの代わりにデビットカードを作る選択肢もあります。

デビットカードとは、支払いと同時に、指定の銀行口座から利用金額が引き落とされる仕組みのカードです。15歳または16歳から申し込み可能で、基本的に審査がないため、学生や主婦(主夫)にもおすすめです。

JCBデビットカードは、日本はもちろん、韓国でも、JCB加盟店であれば利用できます。店舗のレジにJCBマークがなくても利用できる場合があるので、不明な場合は店舗のスタッフに確認してみましょう。

よくある質問

韓国では日本で作ったクレジットカードを使えますか?

支払いをする店舗が加盟している国際ブランドであれば利用可能です。国際ブランドとは、さまざまな国や地域で利用できる決済システムのネットワークを持つクレジットカードブランドのことです。韓国では、JCB、Visa、Mastercard、American Express、銀聯を使えるケースが多いです。

また、日本のクレジットカードを海外で利用すると、利用代金に換算レートが加算され、クレジットカードごとに定められた手数料がかかります。

韓国ではどのような場所でクレジットカード決済ができますか?

韓国ではキャッシュレス化が進んでいることもあり、ホテル、飲食店、コンビニ、アパレル、雑貨屋、百貨店など、多くの場所でクレジットカード決済が可能です。ただし、規模の小さい店舗や、屋台、露店などではクレジットカード決済に対応していない可能性もあるので、念の為に現金も用意してきましょう。

韓国旅行ではどのようなクレジットカードが便利ですか?

海外旅行に関する保険が充実しているものがおすすめです。たとえば、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードであれば、海外旅行中に起きたケガや病気に対して補償が受けられます。年会費無料のクレジットカードにも旅行に関する補償が付帯されているケースが多いので、検討してみましょう。

今こそ安心のブランドJCB

JCB カード W
JCB カード W
年会費永年無料!
39歳以下の方限定カード
Oki Dokiポイントは常に2倍
JCBゴールド
JCBゴールド
ゴールドカードならではの安心とクオリティーを兼ね備えた1枚
  • 掲載内容は予告なく変更となる場合があります。
監修者 高柳政道
【監修者】

氏名:高柳政道(たかやなぎ まさみち)
資格:一級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP、DCプランナー2級

一級ファイナンシャル・プランニング技能士を取得後、2020年5月に金融コラムニストとして独立。企業に属さないFPとして投資商品の選び方を中心に情報を発信。
資産運用・生命保険・相続・ローンなど、多岐に渡るジャンルの執筆及び監修業務を手掛け、関わった記事数は500を超える。

関連記事を見る

ページの先頭へ