ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

クレジットカードの繰上返済とは?メリットや手続き方法

収入はあるけれど、付き合いや趣味にお金を使いすぎてしまうこともありますよね。使いすぎを防ぎ、お金の管理をしっかり行うために、クレジットカードのショッピングご利用可能枠(限度額)をあらかじめ低く設定しているという方もいます。
反対に、やりくりはうまくできるけど、もしものときに備えて、ご利用可能枠(限度額)に余裕を持たせておきたいと考える方もいます。そんな方には、クレジットカードの繰上返済をおすすめします。

クレジットカードの繰上返済とは?

クレジットカードの申し込み手続きをするときに、ショッピングご利用可能枠(限度額)を設定します。このご利用可能枠(限度額)を超えて商品を購入することはできません。しかし、クレジットカードの振替日より前に利用額を支払っておけば、ご利用可能枠(限度額)を回復することができます。これが繰上返済です。

繰上返済の種類とメリット

クレジットカードの繰上返済には2種類あります。ショッピング1回払いの繰上返済と、ショッピングリボ払いの繰上返済です。
ショッピング1回払いの繰上返済とは、毎月銀行口座から振り替えられるお振替日よりも前に、お支払いを済ませる方法です。
ショッピングリボ払いの繰上返済とは、月々の決められた支払い額よりも多く、または残金を全額支払ってしまい、早期完済をすることです。
ショッピング1回払いの利用額を繰上返済すると、すでに利用しているご利用可能枠(限度額)を回復することができ、余裕が生まれます。
ショッピングリボ払いの繰上返済をした場合も、ご利用可能枠(限度額)を回復することができ、月々のリボ払いで発生する手数料も抑えられます。また、元金を多めに返済することで、お支払いの回数を減らすこともできます。

繰上返済の種類とメリット

限度額に余裕を持たせるために
決済日前に返済を実行!

商品を購入した翌月にショッピング1回払いをするとしても、ひと月のショッピングご利用可能枠(限度額)を使い切ってしまうと、カードで支払いができなくなってしまいます。買い物をしたいと思ったときに、残額を気にしながら買い物をするのではなく、ゆとりを持って買い物を楽しみたいときもあるでしょう。
ご利用可能枠(限度額)を早く回復できるように、JCBのクレジットカードでは、繰上返済をすることができます。

商品別の繰上返済方法

  • 1 入金手数料は無料。
  • 2 振込手数料は、お客様負担となります。
  • 3 明細や金額の指定はできません。全額まとめ払いのみとなります。

【1】振替口座から振替日にまとめて引き落とし

毎月の締切日までに、会員専用WEBサービス「MyJCB」または専用ダイヤルで登録をすると、通常のカードご利用代金のお振替日(土・日・祝日の場合は翌営業日)にいつもより多めに、または全額をまとめてお振替口座よりお支払いができます。なお、分割払い・スキップ払いは専用ダイヤルで全額まとめてのお支払いのみ受け付けています。

【2】ATMでのご返済

JCBカードと暗証番号(4桁)があれば、毎月お好きなときに1万円単位(※)で金融機関・コンビニのATMからお支払いができます。
ご入金は元金のみとなり、お支払い月の前月20日まではご利用残高全額の入金が可能です。
お支払い月の前月21日以降は、次回お支払い分(元金)の入金はできません。
手数料は毎月のカードご利用代金お支払い時に自動でお振替します。

  • 一部の金融機関では千円単位

【3】コンビニ設置のマルチメディア端末でのご返済

ミニストップ/ローソンのLoppi等で、毎月お好きなときに1円単位でお支払いの手続きができます。
ご入金は元金のみとなり、手数料は毎月のカードご利用代金お支払い時に自動でお振替します。なお、毎月21日以降は、次回お支払い分(元金)のご入金はできません。

【4】振り込みでのご返済

カード裏面のカード発行会社へご連絡ください。

スマートなショッピングを繰上返済で実現!

クレジットカードを使ってショッピングをすると、支払い期日にお振替口座よりお支払いができます。手持ちのお金に余裕があるときは、お支払い金額が確定して振り替えられるのを待つより、繰上返済をしてしまいましょう。
支払いが済んだ利用額の分だけ、クレジットカードご利用可能枠(限度額)を回復することができます。しかし、繰上返済ができない期間もありますので、あらかじめ確認するようにしましょう。

ショッピングリボ払いの返済も前倒しで

生活をするなかで、家電や家具など大型商品の購入を迫られるタイミングがあります。生活の必需品とはいえ、商品代金は高くなりがちです。クレジットカードを使ってショッピング1回払いをしたいけど、翌月の家計を圧迫してしまいそうで心配・・・。こんなときはショッピングリボ払いを選ぶと、無理なく定額返済をすることができます。
しかし、ご利用残高が大きくなると、ご利用可能枠を占めるショッピングリボ払いの割合が大きくなってしまい、ご利用可能枠(限度額)に余裕がなくなります。繰上返済ができそうなタイミング、例えばボーナスや年度末調整期など、給与と別にまとまった収入があるときに繰上返済しておくのがおすすめです。
ショッピングリボ払いには、元金の他にご利用額に応じた手数料が発生します。現預金の余裕があるときに繰上返済をすると、手数料の支払いを少なくすることができます。

まとめ

クレジットカードを利用したショッピングは、現金を持ち歩かずスマートに買い物を楽しむことができます。しかし、クレジットカードのショッピングリボ払いのご利用は、計画的に無理なく利用することが大切です。ご利用可能枠(限度額)の上限に達する前に繰上返済をして、ご利用可能枠(限度額)に余裕を持たせておきましょう。

注意事項

本ページ記載の内容は2019年2月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

JCBカードを申し込むならこちら

ページの先頭へ