ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

Google Pay TM(グーグルペイ)とは? 設定方法やメリットを解説

Google Pay TM(グーグルペイ)とは? 設定方法やメリットを解説

Google Pay (グーグルペイ)は、スマートフォンなど Android 端末で利用できる、非接触型決済サービスです。近年は、スマートフォンの普及と同時に、さまざまな電子決済が登場しています。電子決済の利用を検討するうえで、 Google Pay の使い方、使える場所、利用のメリット等が気になっている方も多いのではないでしょうか。特に、自分が持っているクレジットカードが使えるかどうか、自分が普段使っているお店で使えるかどうかは大事なポイントだといえます。
この記事では、 Google Pay の使い方、利用可能な場所、利用するうえでのメリットについてご紹介します。

目次

Google Pay (グーグルペイ)とは

まずは、 Google Pay とは何かを、わかりやすく説明します。

Google Pay とは

Google Pay とは、 Android 端末向けの「非接触型決済サービス」です。
サービス開始当初の名称は、 Android Pay(アンドロイドペイ)でしたが、2018年に Google Pay に名称が変更されました。複数の電子マネーをまとめて管理することができ、お店や交通機関での支払いが可能になります。バーコードを表示させる必要がなく、決済用のカードリーダーに Android 端末をかざすだけで決済ができます。

日本では、 Android のバージョンが 5.0以上で、「NFC(Near Field Communication:近距離無線通信)」を搭載しているスマートフォンで利用できます。また、国内で電子マネーを利用する場合は、スマートフォンが「おサイフケータイ」に対応している必要があります。

Google Pay が対応しているカード

Google Pay は、各種電子マネーほか、JCBカードなどのクレジットカードやデビットカード、プリペイドカードに対応しています。その他、ポイントカード・ギフトカードなども登録できます。

〈 Google Pay に設定できる電子マネーとカード〉
・電子マネー(Suica、楽天Edy、WAON、nanaco)
・クレジットカード(QUICPay 、iDなど)
・デビットカード(QUICPay 、iD、VISAタッチ決済など)
・プリペイドカード(QUICPay、iDなど)

クレジットカードは、例えば、JCBカードの場合、 Google Pay にカードを追加するとQUICPayとして使えるようになります。カードの種類やクレジットカード会社によっては、 Google Pay に登録できないものもあります。

Google Pay が利用できる場所

続いて、 Google Pay が利用できる場所、シーンについてご紹介します。

お店や交通機関

Google Pay は各電子決済(Suica、WAON、nanaco、楽天Edy、QUICPay、iD)に対応するすべての店舗で利用が可能です。
また、「 Google Pay 」のロゴが表示されている決済用のカードリーダーが設置してある場合も利用できます。例えば、近所のコンビニやスーパーで商品を購入したり、電車やバスの運賃を支払ったりすることができます。 Google Pay が対応している電子決済は、すでに多くの店舗で利用可能となっているため、とても便利です。

利用可能な店舗の一例として、以下が挙げられます。
・セブン-イレブン
・ファミリーマート
・ローソン
・ミニストップ
・アピタ
・ビックカメラ
・ソフマップ
・ヨドバシカメラ

ウェブサイト・ショッピングアプリ

Google Pay はウェブサイトやアプリの決済にも利用可能です。 Google Pay アプリにクレジットカード情報を登録すれば、面倒なクレジットカード情報の入力が不要になります。「ウェブサイトやアプリで見た商品をすぐに買いたいけれど、クレジットカードが手元にない」といった際にも、 Google Pay で決済ができます。

利用できるアプリとウェブサイトの具体的な例として、Japan Taxi(タクシー配車アプリ)、BookLive(電子書籍販売サイト)、Vanilla Air(航空券予約サイト)、minne(ハンドメイド作品の販売アプリ)などがあります。

Google Pay が利用できるウェブサイト・アプリであるかは、Google Pay のロゴが表示されているかによって確認が可能です。

Google Pay のメリットとは

続いて、 Google Pay のメリットをご説明します。

交通機関の利用がスムーズに

Suicaが利用できる交通機関では、 Google Pay を利用して乗車料金の支払いが可能です。 Google Pay にSuicaを登録すると、改札口にスマートフォンをかざすだけで簡単に利用できます。Suicaカードをお持ちでない場合は、 Google Pay アプリからSuicaを発行することもできます。

Suicaは通常500円単位でのチャージが必要ですが、 Google Pay にクレジットカードを登録した場合は、1円単位でチャージが可能になります。

「残高リマインダー通知」を設定すると、Suicaの残高が一定額を下回ったときには通知を受け取ることができるため、チャージし忘れてしまうこともなくなります。

買い物でのお支払いが簡単に

多くのキャッシュレス決済は、専用のアプリの起動が必要です。すでにキャッシュレス決済を利用したことがある人の中には、支払い時のアプリの起動を面倒に感じている人もいるのではないでしょうか。

Google Pay は、以下の手順で決済を行います。
1.レジで利用する電子マネーの種類を伝える
2.リーダーにスマートフォンをかざす
3.決済音が鳴れば精算完了

Google Pay アプリの起動は不要です。ただし、安全のために使用しているスマートフォンに画面ロックを設定する必要があり、決済の際はスマートフォンのロックを解除し、決済用のカードリーダーにスマートフォンの背面をかざします。

よく行くお店のポイント獲得&管理もできる

ポイントカードを何枚も持ち歩くのが面倒だと感じている人は多いのではないでしょうか?
Google Pay のアプリは、バーコードタイプのポイントカードをまとめて管理することができ便利です。
また、位置情報に基づいて、ポイントカードを使用できる店舗に入ると通知がスマートフォンに送信されるため、ポイントカードを出し損ねてしまう心配もなくなります。

Google Pay にポイントカードを登録する方法は以下の通りです。
1. Google Pay アプリの下方の項目にあるタブの「パス」をタップします。
2.「ポイント プログラム」をタップします。
3.登録したいポイントカードの種類を入力し検索タップします。
 (登録が可能なポイントカードのみ、検索結果に表示されます)
4.画面の指示に従って登録を行います。
 (ポイントカードのバーコードを読み取るか、画面右下の「手動で追加」を選択し会員IDを入力して登録を行います)

Google Pay に登録したポイントカードは、 Google Pay アプリから使用するポイントカードを選択し、レジでバーコードを読み取ってもらうことで利用可能です。

Google Pay では、通常よりも多くのポイントがもらえるキャンペーンを、随時開催しています。

Google Pay の設定と利用方法

Google Pay の設定と利用方法についてご紹介します。

Google Pay の設定方法

Google Pay を店舗で利用する場合は、スマートフォンが Android 5.0以上のデバイスであることと、おサイフケータイに対応の機種であることをまず、ご確認ください。

Google Pay の設定は数分で完了します。設定の手順を以下に記載します。
1.Google Playから Google Pay アプリをダウンロードします。
2.Googleアカウントにログインし、 Google Pay アプリ画面の「+お支払い方法」をタップします。
3.追加したい支払い方法(電子決済やクレジットカードなど)を選択し、画面の案内に沿って登録を行います。

Google Pay 設定後はすぐに利用することができます。また、お店ではなく、インターネットで Google Pay を利用するには、 Google Pay にクレジット カード、プリペイド カード、またはデビットカードを登録する必要があります。

Google Pay にクレジットカードを登録する

Google Pay にクレジットカードを登録すると、ウェブサイトとアプリでの決済、電子マネーのチャージが可能になるため、利用できるシーンの幅が広がり非常に便利です。登録可能なクレジットカードはJCBの他、各国際ブランドに対応しています。

また、通常のクレジットカードでの支払いと同様に、クレジットカードの利用ポイントが貯まるのでお得です。クレジットカードの登録方法は前述の「 Google Pay の設定方法」の通りです。
※2020年12月末時点

JCBカードを Google Pay に追加すれば、QUICPayとして使うことができます。日本全国のQUICPayマークやQUICPay+マークのあるお店で利用可能です。QUICPayの利用可能店舗は全国133万ヵ所以上で、コンビニやスーパーなど普段皆さんがご利用のお店でも利用できます。
※プリペイドカード・デビットカードをお支払いに設定したQUICPayは、QUICPay+マークのあるお店のみ利用できます。

Google Payの使い方

初めて決済用のカードリーダーで支払いを行う場合は、以下の二つの作業が必要になります。
・お使いのスマートフォンの「NFC」を有効にする
 スマートフォンの設定アプリを開き、「設定項目を検索」バーに「NFC」と入力します。
 「NFC」をタップして「オン」の状態になれば設定は完了です。

・非接触型決済のお支払い方法を設定する
 まず、 Google Pay アプリの画面下部にある「支払い」をタップし、カードまたはお支払いアカウントを選択します。
 次に「店舗で利用できるよう設定する」をタップすれば設定完了です。
 その際、カードの有効期限と、カード裏面に記載されている CVC の入力が必要になる場合があります。

はじめに上の設定を行えば、いつでも Google Pay を店舗の決済用のカードリーダーで利用可能です。
店舗では、以下の手順で手軽に支払いができます。
1.レジで利用する電子決済の種類を伝えます。
2.スマートフォンのロックとスリープを解除します。
(スマートフォンの画面をオンにしてからロック解除します。その際、 Google Pay アプリを開く必要はありません)
3.スマートフォンの背面を決済リーダーに数秒間かざします。
4.決済が完了すると、決済デバイスの画面に青色のチェックマークが表示されます。

Google Pay にはJCBカードの登録がおすすめ

ウェブサイトとアプリでの決済や電子マネーチャージなど、 Google Pay のメリットを最大限利用するためにはクレジットカードの登録が必要です。

Google Pay を利用したいものの、どのクレジットカードを登録すればよいかお悩みの人もいるのではないでしょうか。

Google Pay のご利用には、利用に伴い「Oki Dokiポイント」が貯まるなど、お得な特典が満載のJCBカードが最適です。ここではおすすめのJCBカードをご紹介します。

JCB一般カード

JCB一般カード

インターネットからのご入会で初年度の年会費が無料になります。また、条件により翌年も年会費無料でカード保有が可能です。
最大3,000万円までの国内外の旅行傷害保険が付帯しています。

JCB カード W

JCB カード W

18歳以上39歳以下の方限定で入会できるWEB入会限定カードです。年会費は永年無料となっており、40歳以降も年会費無料で継続可能です。
しかも、ポイントは常に通常の2倍のポイントが貯まる非常におトクなカードです。

JCB カード W plus L

JCB カード W plus L

JCB CARD Wに女性向けサービスが上乗せされたカードです。
女性疾病保険にお得な価格で加入できるほか、LINDAリーグが提供するファッションや美容についての特典を利用できます。

JCBゴールド

JCBゴールド

国内の主要空港、およびハワイ ホノルルの国際空港内のラウンジを無料で利用できるサービスや食事がおトクに楽しめるグルメ優待サービスなど、JCB一般カードよりもさらにワンランク上のカードです。また、国内旅行傷害保険は最高5,000万円、海外旅行傷害保険については最高1億円が補償されます。

JCBプラチナ

JCBプラチナ

国内の主要空港、およびハワイ ホノルルの国際空港内にあるラウンジなどを無料で利用できるサービスが付帯しています。また、旅行に関するレストラン予約の相談などを選任スタッフが可能な限り対応するプラチナ・コンシェルジュデスクを24時間365日利用できます。

まとめ

Google Pay はSuica、nanaco、楽天Edy、WAON、QUICPay、iD、VISAタッチ決済といった7つの電子決済に対応しており、非常に多くの店舗で利用できます。

各種電子マネー・クレジットカード・ポイントカード・ギフトカードをひとつのアプリで一元的に管理できるため支払いがスムーズになり便利です。また、 Google Pay にクレジットカードを登録すれば、ウェブサイトとアプリでの決済、電子マネーのチャージが可能になるため、利用できるシーンの幅が広がります。

JCBカードを Google Pay に追加すると、利用するたびに「Oki Dokiポイント」がたまるなど、おトクに便利に利用できます。
皆さんもぜひ、 Google Pay にJCBカードを登録してその便利さを体感しましょう。

※ Google Pay は、おサイフケータイ®アプリ(6.1.5以上)対応かつ Android 5.0以上のデバイスで利用できます。
※「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。
※ Android 、 Google Pay 、Google Play、は Google LLCの商標です。

注意事項

  • 本ページ記載の内容は2021年6月現在のものです。
  • また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB カード W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB カード W plus L

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB一般カード

ポイントを貯めたい方におすすめ、JCBのスタンダードカード!

JCBゴールド

ゴールドカードならではの安心とクオリティーを兼ね備えた1枚

JCBプラチナ

コンシェルジュデスクは24時間365日利用可能

ページの先頭へ