ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

Apple Pay(アップルペイ)の便利な使い方! 対応カードの設定方法やメリットを解説

Apple Pay(アップルペイ)の便利な使い方! 対応カードの設定方法やメリットを解説

近年、電子決済の利用者が急速に増えています。利用できる店舗も増え、その利便性はますます高まる中、どの電子決済を使うべきか、検討している人も多いのではないでしょうか。Apple Payは、Apple社が提供する電子決済サービスです。電子決済の手段としてApple payが気になっているものの、どんな場所で使えるのか、初期設定が面倒ではないか、自分の持っているカードが使えるのか、などの疑問を抱え、なかなか始められないという人もいるでしょう。この記事では、国内でも多いApple製のデバイスユーザーに最適な、Apple Payのサービスの使い方やメリットをご紹介します。

目次

Apple Pay(アップルペイ)とは

まず、Apple Payとは何かご説明します。

Apple Payとは

Apple Payとは、Apple製デバイス(iPhoneやiPad、Apple Watch)で利用可能な「非接触型決済サービス」のことです。

普段皆さんがお使いのApple製デバイスに搭載されているApple Payに、電子マネーやクレジットカードなどを登録することで、カードを何枚も持ち歩かなくても、デバイスひとつで決済できるようになります。 現金をやり取りする必要がなく、決済用のカードリーダーのボタンに触れる必要もないため、コロナ禍の現代にも適した安心なサービスといえます。

Apple Payが対応しているカード

Apple Payには、JCBカードなどのクレジットカードやデビットカード、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーなどさまざまなカードを登録できます。
〈Apple Payに設定できるカード〉
・クレジットカード
・交通系電子マネー(Suica、PASMOなど)
・カードに紐付けるタイプの電子マネー(QUICPay 、iDなど)
・デビットカード
・プリペイドカード

カードの種類によっては、Apple Payに登録できないものもありますが、JCBカードなどのクレジットカードは、ほとんどのクレジットカード会社が対応しているため、登録が可能です。お持ちのカードを登録すれば、お財布やカードケースの中をすっきりさせることができますね。

Apple Payが利用できる場所

続いて、Apple Payが利用できる具体的な場所やシーンをご紹介します。

使えるお店・サービス

Apple Payは、近所のコンビニエンスストアやスーパー、飲食店、ガソリンスタンド、家電量販店、ドラッグストアなど、皆さんが普段利用する多くの場所で使えます。タクシーや空港などの交通施設、レジャー施設などでも利用できるため、国内での出張や旅行などの際も便利です。

Apple Payは、全国にある店舗や施設などのうち、Apple PayマークやSuica、PASMO、QUICPay 、iDのマークのあるお店で利用できます。

Apple Pay,QUICPay+

Apple Payが利用できる店舗の例としては、以下が挙げられます。
・ローソン
・セブン-イレブン
・ファミリーマート
・マクドナルド(一部利用できない店舗があります)
・イオン
・ヨドバシカメラ

また、Apple Payは、海外でも流通している決済サービスです。アジア、ヨーロッパ、北米、中南米、中東、アフリカと全世界に広がっています。Apple Payのマークが掲示されている店舗であれば、どこでも使用可能です。海外旅行や海外出張の際にも活躍するでしょう。

ネットショッピングや宅配サービスでも

Apple Payが利用できるのは、実店舗だけではありません。ウェブサイトやアプリでも簡単に、また安全に利用ができます。Apple Payをウェブサイトやアプリで利用すれば、お買い物時の新規のアカウント作成やクレジットカード情報の入力が不要になります。クレジットカードが手元にない場合でもお買い物が可能になるため、スピーディーで快適な買い物体験を楽しめるでしょう。

利用できるアプリ、ウェブサイトの例として、アップルストア、じゃらん(旅行予約ウェブサイト)、BASE(ショッピングアプリ)、出前館(フードデリバリーサービスのアプリ)、TOHOシネマズ(映画鑑賞券販売サイト)などがあります。対応するアプリに関しては、App Storeでも確認ができます。

Apple Payのメリットとは

ここでは、Apple Payを利用するメリットについて見ていきましょう。

交通機関の利用がスムーズに

SuicaやPASMOをApple Payに設定することで交通機関の利用が便利になります。

日本全国で使えるため、通学や通勤、行楽や旅行などで電車・バス・タクシーに乗る際は、Apple製デバイスをかざすだけで使え、カバンからICカードを取り出す必要がなくなります。
チャージはApple Payに設定してあるクレジットカードなどを使って、手元で簡単にできます。定期券についても、それぞれのサービスのアプリから発行可能なため、更新はWalletアプリの中でできます。また、Apple Payを開くと残高と支払い履歴が一目で確認でき、家計管理にも役立ちます。
もちろん、通常のICカードと同様に、SuicaやPASMOを利用できる店舗での支払いも可能です。

買い物でのお支払い が簡単に

買い物の際も、Apple Payを使用することで支払いのストレスがなくなります。
例えば、財布を出す手間、クレジットカードを端末に通す手間、サインする手間など、さまざまな手間が不要となるため、支払いがスムーズで快適なものになります。Walletアプリを立ち上げなくても、iPhoneやApple Watchなどをかざすだけで買い物ができるため、片手がふさがっていても問題なく支払いができます。
また、カード類を携帯しなくて済むため、紛失のリスクが減るといったメリットもあります。

Apple Pay対応のネットサービスならクレジットカード情報を入力しなくても決済できるため、実店舗だけでなくウェブ上での支払いも簡単です。

支払いと同時にポイントも獲得

Apple Payを使えば、ポイントの獲得も簡単です。

支払いの際、レジでポイントカードを出し忘れてしまい、ポイントを貯められず悔しい思いをした経験はないでしょうか。事前にWalletアプリにポイントカードを設定してからWalletアプリ内のクレジットカードで支払いを行うと、支払いと同時にポイントの獲得が可能になります。Walletアプリは、日本全国にあるローソンの全店舗で利用可能なPontaカード、dポイントカードに対応しています。レジでポイントカードをスワイプしたり、バーコードをスキャンしたりする必要がなくなるため、ポイントをスムーズに貯めることができます。
また、併せてクレジットカードの利用ポイントも貯まるため、さらにお得に買い物ができます。

Apple Payの設定と利用方法

Apple Payの設定方法と、利用方法についてご紹介します。

Apple Pay の設定方法

iPhone、iPad、Apple WatchのそれぞれのWalletアプリに、カードを追加することでApple Payを設定することができます。iPhoneを例に、Apple Payの具体的な設定方法を見てみましょう。
まず、Apple Payの設定のために、Apple Payに対応しているカード、最新バージョンのiOSをダウンロードしたiPhone、Apple IDを用意してください。Walletアプリにカードを追加する手順は以下の通りです。

1. Wallet アプリを開いて、追加ボタン (+)をタップします。
2. 画面の案内に従い、新しいカードを追加します。発行元のカード会社によっては、カードを追加するための専用アプリのダウンロードが必要な場合もあります。
3. 「次へ」をタップすると、カードの発行元が利用者の情報を確認し、登録したカードがApple Pay で使用できるかどうかを確認します。必要な情報が足りない場合は、追加で情報の入力を求められます。
4. カード発行元によるカードの確認が完了次第、「次へ」をタップします。以上の作業が完了すれば、Apple Pay を利用可能になります。

Apple Payにクレジットカード を登録する

Apple Payにクレジットカードを登録する方法は、Apple Payの初期設定時と同様に、iPhoneのWalletアプリを開き追加ボタンを押し画面の案内にそって操作することで、簡単にできます。
最初にWalletアプリに追加するカードが、メインカード(基本の支払い用カード)になります。別のカードをメインカードとして設定するには、新たにメインカードとしたいものをWalletアプリ上で選択し、タッチして押さえた状態で、画面の先頭にドラッグします。
Apple Watch Series 3 以降、iPhone 8 や iPhone 8 Plus 以降の機種では、カードを12 枚まで追加できます。それ以前の機種では 8 枚まで追加が可能です。
Apple Payにクレジットカードを登録すると、そのカードに対応している店舗やWebサイト・アプリでの決済、電子マネーのチャージが可能になります。

Apple Payの使い方

続いて、実際の店舗でApple Payを使用するときの流れについて、iPhoneの場合を例にご説明します。

1. レジで使用したい電子マネーの種類を伝えます。
※ご自分の電子マネーの種類がわからない場合は、Wallet アプリを開き、表示されているロゴを見ることで確認できます。
2. サイドボタンをダブルクリックし、メインカードを表示します。
3. Face ID、パスコード入力のいずれかの方法で認証します。
4. 決済用のカードリーダーにiPhoneの上部をかざし、決済音が鳴ると決済完了です。

※Touch ID 搭載の iPhone の場合は、Touch IDに指をのせることが、3の手順の認証にあたります。

Apple PayにはJCB カードの登録がおすすめ

ここまで、Apple Payのメリット、カードの登録方法などをご紹介しました。いざApple Payを利用しようと思ってもどんなカードを最初に登録したらよいかお悩みの人もいるのではないでしょうか。

Apple Payに登録するクレジットカードとしては、「Oki Dokiポイント」が貯まるJCBカードがおすすめです。
Apple PayにJCBカードを設定すれば、JCBコンタクトレス(タッチ決済)対応の決済端末が設置されている店舗に加え、QUICPayマークのあるお店、Apple Pay対応のウェブサイトやアプリで使えるようになります。
ここでおすすめのJCBカードを見てみましょう。

JCB一般カード

JCB一般カード

いつもの買い物でポイントが貯まるのはもちろん、JCBオリジナルシリーズパートナーを利用して買い物をするとさらに還元率がアップします。
最大3,000万円までの国内外の旅行傷害保険が付帯しており、旅行好きにはピッタリのカードです。

JCB カード W

JCB カード W

18歳以上39歳以下の方限定で入会できるWEB入会限定カードです。年会費は永年無料となっており、40歳以降も年会費無料で継続可能です。
貯まるポイントは常に通常の2倍となっており、JCBオリジナルシリーズパートナーを利用した場合は、さらにポイントが還元されます。

JCB カード W plus L

JCB カード W plus L

JCB CARD Wに女性向けサービスが上乗せされたカードです。
LINDAリーグが提供する優待や割引特典が利用できるほか、女性特有の疾病によってかかる費用を手厚くサポートしてくれる保険にお得な価格で加入できます。

JCBゴールド

JCBゴールド

国内外の空港ラウンジサービスやグルメ優待サービスなど、サービスが充実しています。最高5,000万円補償の国内旅行傷害保険が付帯し、海外旅行傷害保険については最高1億円が補償されるなど、JCB一般カードよりワンランク上の特典があります。

JCBプラチナ

JCBプラチナ

旅行の手配や予約、レストラン予約などの相談を選任スタッフが可能な限り対応する24時間365日利用可能なプラチナ・コンシェルジュデスクが利用できるなど、一線を画したサービスが利用できます。

まとめ

Apple Payを利用すれば、現金やクレジットカードを出す手間が省け、支払いがスムーズで快適なものになります。また、現金の受け渡しの必要がなくなることで、接触の機会が減るため、コロナ禍の現代にも最適なサービスといえるでしょう。
加えて、クレジットカードをApple Payに設定することで、現金のみの決済では付かないポイントを得ることができます。
Apple PayにJCBカードを登録すれば、利用ポイントが付くほか、たくさんのお得な特典が利用できます。皆さんも素敵なサービスが満載のJCBカードをApple Payに登録し、買い物を楽しみませんか。

注意事項

  • 本ページ記載の内容は2021年6月現在のものです。
  • また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB カード W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB カード W plus L

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB一般カード

安心と信頼のJCBのスタンダードカード

JCBゴールド

ゴールドカードならではの安心とクオリティーを兼ね備えた1枚

JCBプラチナ

自分らしく生きるあなたのためのスタイリッシュなステータスカード

※Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、Face ID、iPad、iPhone、sTouch IDは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPad ProはApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※Apple Payを利用するにはiOS 10.1以降が必要です。
Apple Payに対応しているデバイスについてはhttps://support.apple.com/ja-jp/HT208531をご覧ください。

ページの先頭へ