ページの先頭です

安全安心にクレジットカードを利用するにはワンタイムパスワードを設定しよう

安全安心にクレジットカードを利用するにはワンタイムパスワードを設定しよう

近年、クレジットカードの不正利用が増加しています。そこで、注目されているのが「ワンタイムパスワード」です。
ワンタイムパスワードとは、使い捨てのパスワードのことで、従来の固定パスワードと異なり、さまざまなメリットがあります。では、具体的な利用方法には、どのようなものがあるのでしょうか。
この記事では、ワンタイムパスワードの概要とメリット、安全性や利用方法について、わかりやすく説明します。

目次

ポイント高還元率のクレジットカード

JCBオリジナルシリーズ キャンペーン実施中

詳しくはこちら

クレジットカードのワンタイムパスワードとは

「固定パスワード」は、自分で変更しない限り、長期間継続して使用することが可能です。しかし、パスワードを忘れてしまうと使用できず、セキュリティー対策のためにはパスワードを定期的に変更する必要があるなど、手間がかかるものとされていました。また、情報漏えいによる不正利用を避ける手段として、警視庁や総務省などではサイトごとのパスワードの使い分けを奨励しており、多くのパスワードを記憶する手間もありました
そこで導入されたのが、「ワンタイムパスワード」です。1回のみ使用が可能な使い捨てパスワードのことで、有効期間が経過すると新しいパスワードが発行されます。そのため、パスワードを管理する必要がなく、万が一、第三者に漏えいしても不正利用されるリスクが低いというメリットがあります。

ワンタイムパスワードの安全性

では、ワンタイムパスワードは実際にどのような場面で役立っているのでしょうか。ここでは、ワンタイムパスワードの安全性について紹介します。

ネットショッピングでのクレジットカード利用時の安全性

ひとつ目は、ネットショッピングでクレジットカードを利用する場面です。ネットショッピングでは、直接クレジットカードを提示する必要がなく非対面で済むため、なりすましによる不正取引につながりやすいという問題がありました。
このような理由から、不正利用対策のひとつとして導入されたのが「3Dセキュア」と呼ばれる本人認証サービスです。これは、クレジットカードに記載されているカード番号や有効期限のほかに、事前にカード会社へ登録したパスワードまたはワンタイムパスワードを支払い時に入力し、本人確認をするサービスです。
クレジット業界では、3Dセキュアを導入する動きが見られていましたが、それでもカードの不正利用が多発しており、さらなる安全性の向上のためにワンタイムパスワードが導入されるようになりました。

クレジットカード会員サイトへのログイン時の安全性

クレジットカードは、登録した会員サイトからもさまざまな手続きができますが、会員サイト上での手続きにおいても、IDやパスワードの情報漏えいの恐れがあるため注意が必要です。
そのため、普段と異なる端末からのログインがあった場合や、重要な手続きの際に、ワンタイムパスワードが利用されることがあります。この際、ワンタイムパスワードが一致しなければ、手続きやログインは不可能となります。
前述したように、ワンタイムパスワードは短い制限時間を設けているうえ、一度しか使用できません。もしもワンタイムパスワードが第三者に漏れたとしても、同じものを再度使うことはできないため、安全性が高く、安心です。

ワンタイムパスワードの利用方法

それでは、ワンタイムパスワードの特徴と利用方法を解説します。

JCBのJ/Secureワンタイムパスワードの特徴

ワンタイムパスワードの利用方法として、ここでは、JCBのJ/Secureワンタイムパスワードについてご紹介しましょう。
JCBのJ/Secureワンタイムパスワードは、買い物ごとに1回限り有効なパスワードが発行され、それによって本人認証を行うサービスです。
買い物の度にパスワードを発行するため、IDやパスワードの漏えい、使い回しを防止し、なりすまし被害に対する高い安全性を確保しています。
また、ワンタイムパスワードは簡単に発行ができ、すぐに入力が可能です。パスワードを忘れて再発行の手間がかかることや、管理する必要もなく、いつでもスムーズな買い物が楽しめます。

J/Secureワンタイムパスワードの利用方法

J/Secureワンタイムパスワードの利用には、「J/Secureワンタイムパスワード認証方式(EメールまたはSMS)」の登録が必要です。
(1)会員専用WEBサービス「MyJCB」ログイン
(2)メニューより「お客様情報の照会・変更」を選択
(3)「インターネットショッピングでの本人認証サービス(J/Secure)」を選択
(4)認証方式の変更>「認証方式のご変更はこちら」を選択
(5)EメールアドレスまたはSMS(携帯電話番号)を選択
(6)登録完了メールがEメールに届き、J/Secureワンタイムパスワードの登録完了。
登録が完了したら、ネットショッピングなどで利用してみましょう。
「J/Secure」参加加盟店のネットショップで買い物をすると、必要に応じてパスワード入力画面が表示され、EメールアドレスまたはSMS(携帯電話番号)にワンタイムパスワードが届きます。この際、表示されているパーソナルメッセージがMyJCBに設定しているものと一致しているかの確認が必要です。万が一、パーソナルメッセージがMyJCBに設定したものと違う場合、偽装された画面の可能性があるため「キャンセル」を押しましょう。発行されたパスワードを、入力画面に入力すれば完了です。本人認証が完了すれば通常の購入手続き画面へ戻ります。

JCBの安全安心なセキュリティー

JCBでは、ワンタイムパスワードのほか他、さらなる安全安心のために、さまざまな取り組みを行っています。

不正検知システム

24時間365日体制で、不審なカード利用がないかをチェックするシステムです。万が一不審な利用を検知した場合は、カードの利用を一時停止し、お客様に連絡します。本人確認ができない、または第三者の利用が確認された場合、カードの差し替えを案内しお客様のカードの安全を守ります。

本人認証サービス

インターネットショッピング利用時に本人認証を行います。必要に応じてパスワード入力の要求や、お客様のデバイス情報などを追加で確認し、第三者からの不正利用を阻止します。

カードの紛失・盗難

万が一、カードを紛失したり盗難に遭ったりした際には、お届け日から60日前までさかのぼり、それ以降の損害額を補償します。JCBは、オンラインまたは、電話で24時間・年中無休で対応しています。

セキュリティーとサービスが充実したJCBカードがおすすめ

セキュリティー面とサービス面の両方を重視するなら、JCBカードがおすすめです。ここではJCBカードの種類や特徴、おトクなポイントを紹介します。

JCB カード S

年会費無料で優待も充実している「JCB カード S」が新登場!

JCB カード Sは、18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上の方が申し込みできます。

年会費は永年無料なので、初めてのクレジットカードや2枚目のクレジットカードにおすすめです。

JCB カード Sは年会費が無料なうえに、充実した優待サービスがついています。「JCB カード S 優待 クラブオフ」は、国内外20万ヵ所で利用できる割引優待サービスです。グルメ、レジャー、映画館やカラオケなどのエンタメ、ホテル、テーマパークなどで割引を受けることができます。

他にも、パートナー店での最大20倍のポイントアップ、旅行傷害保険やJCBスマートフォン保険をはじめとした各種保険も付帯しています。

いまなら新規入会限定のおトクなキャンペーンも実施中!

クラブオフについて詳しくはこちら

JCB カード W

JCB カード Wは高校生を除く18~39歳限定で申し込める、年会費が永年無料のクレジットカードです。39歳までに入会しておけば、40歳以降も年会費が永年無料で利用できます。コストを抑えておトクにクレジットカードを利用したい方にぴったりです。

JCB カード Wは、JCBカードのなかでも特にポイント還元率が高いのが特徴です。国内・海外のどこで利用しても、Oki Dokiポイントが2倍たまります。JCBオリジナルシリーズパートナーで利用すればさらにポイントが高還元になり、おトクに買い物ができます。

JCBオリジナルシリーズ

  • 1 Starbucks eGiftの購入は21倍、スターバックス カードへのオンライン入金・オートチャージは11倍です。店舗での利用分・入金分はポイント倍付の対象となりません。
  • 2 Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。
  • 3 一部対象とならない店舗があります。法人会員の方は対象となりません。
  • JCB カード Wを利用するとカード特典の+1倍が加わるため、上に記載のポイント倍率が適用されます。
  • 掲載内容は予告なく変更となる場合があります。

ポイント倍率は2024年4月時点の情報です。
事前にポイントアップ登録が必要です。優待店により特典・条件等が異なります。最新情報はJCBオリジナルシリーズサイトをご確認ください。

JCBオリジナルシリーズサイトはこちら

たまったポイントは他社ポイントやマイルに移行できるほか、1ポイント3円でキャッシュバックも可能です。Amazon.co.jpでの買い物では、ポイントの移行手続きをすることなく、1ポイント3.5円分で利用できます。

  • ポイント移行商品などの申し込み可能ポイントは商品により異なります。

JCBゴールド

JCBゴールドは、JCBブランドの安心感・信頼感に加えてステータスの高さが魅力のゴールドカードです。WEB明細サービス「MyJチェック」に登録し海外利用をすると還元率が2倍になるほか、国内外の旅行傷害保険が充実しています。また、国内の主要空港、およびハワイ ホノルルのラウンジを無料で利用できるなど、国内旅行や出張が多い方に最適です。

またJCBゴールドを保持していれば、一定条件を満たした方限定でワンランク上のサービスが受けられる「JCBゴールド ザ・プレミア」への招待が届きます。クレジットカードを育てて、今後さらにステータスの高いカードを持ちたい方にもおすすめです。

JCBプラチナ

JCBプラチナは、25歳以上(学生を除く)が申し込みできる年会費27,500円(税込)のカードです。

レストランのコースメニューが1名様分無料になる「グルメ・ベネフィット」や、世界の空港ラウンジ等を無料で利用可能な「プライオリティ・パス」、24時間・365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」など、プラチナカードならではのサービスが付帯しています。

JCBプラチナを利用して一定の条件を満たすと、JCB最高峰のブラックカード「JCB ザ・クラス」の招待が届く可能性があります。将来的にブラックカードを持ちたい方は、JCBプラチナを検討してみましょう。

まとめ

インターネット上でのクレジットカード決済において、なりすましや情報漏えいによる不正行為が増加しています。それらの不正利用対策として導入されているワンタイムパスワードは、安全性の高さとパスワード管理の手間を省く非常に便利なサービスです。JCBのJ/Secureワンタイムパスワードを活用して、安全安心にクレジットカードをご利用ください。

関連リンク

本人認証サービス「J/Secure™」

クレジットカードが不正利用される原因と手口。被害を防ぐ対策と対処法

注意事項

本ページ記載の内容は2021年11月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB カード S

年会費永年無料!
サービスも充実のJCBのスタンダードカード

JCB カード W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCBゴールド

ゴールドカードならではの安心とクオリティーを兼ね備えた1枚

JCBプラチナ

自分らしく生きるあなたのためのスタイリッシュなステータスカード

ページの先頭へ