ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

クレジットカードの締め日と支払い日とは? クレジットカード利用のためにやるべきこと

クレジットカードの締め日と支払い日とは? クレジットカード利用のためにやるべきこと

クレジットカードには、毎月「締め日」「確定日」「支払い日」があります。締め日と支払い日の違いや、確定日とは何を意味する日なのか知っていますか?
クレジットカードの仕組みを正しく理解することで、残高不足による支払い遅延の防止につながります。また、締め日を意識することで、引き落としのタイミングを調整することも可能です。安心してクレジットカードを利用するために、締め日、確定日、支払い日の基礎知識を身に付けましょう。支払い遅延の対処法なども含めて説明します。

目次

クレジットカードの締め日の基礎知識

クレジットカードは後払い制なので、買い物などで利用した金額が口座から引き落とされるのは、後日になります。クレジットカードの仕組みを理解するために、まずは締め日について詳しく紹介します。

クレジットカードの締め日、確定日、支払い日とは?

クレジットカードの利用は1ヵ月単位になっていて、カード会社ごとに毎月の締め日が決まっています。締め日とは、いわば「カード利用の締め切り日」ともいえ、締め日を含むそれ以前の1カ月間のカード利用額が集計され、請求されます。
例えば、毎月15日が締め日のクレジットカードを利用した場合、前月の16日から翌月15日までに利用した分の金額が支払い日に請求されます。

ただし、締め日の時点では支払い金額はまだ確定していません。金額が確定する(確定日)のは、締め日より10日ほど後になります。通常、商品やサービスを提供する加盟店は、決済後にカード会社に請求を行います。この請求が確定される日を確定日といい、この日にクレジットカード所有者への請求金額も確定します。一般的には締め日までの利用金額の合計が請求金額となります。しかし、加盟店での請求処理が確定日までにされなかった場合、その決済分のみ、翌月以降の支払い分になることもあるため、注意が必要です。

なお、支払い日とは、利用者が事前に登録している支払い口座から、請求金額が引き落とされる日のことを指します。

締め日はいつ、何時まで? 土・日・祝日の場合はどうなる?

クレジットカードの締め日は会社ごとに異なりますが、締め時間に関しては、どの会社も基本的に締め日の24時までとなります。また、土・日・祝日の場合でも締め日の変更はありません。
例えば、毎月15日が締め日のクレジットカードの場合、15日の23時59分までなら締め日当日にあたりますが、24時を過ぎた利用については、翌月15日が締め日となります。

クレジットカードの支払い日とは?

続いて、クレジットカードの支払い日についてもう少し詳しく見ていきましょう。

クレジットカードで利用した金額が口座から引き落とされる日

締め日までの1カ月間にクレジットカードで利用した金額が、締め日に集計され、請求が確定することで、カード利用者の銀行口座から引き落とされます。この「口座から利用金額が引き落とされる日」のことを支払い日といいます。1ヵ月間、クレジットカード会社に借りていたお金の返済日ともいえるでしょう。

引き落とされるのはいつ、何時? 土・日・祝日の場合はどうなる?

支払い日は、「5日」「10日」「15日」「月末締め」などカード会社ごとに異なるため、クレジットカードを利用する前によく確認しましょう。
銀行が休みの日は引き落としがありません。支払い日が土・日・祝日に当たる場合、一般的には次の営業日に引き落としが行われますが、カード会社によっては、前倒しで金曜日に行われる場合もあるため、利用規約などをよく確認しておきましょう。

また、引き落とし時間も各金融機関やカード会社によって異なります。タイミングも、支払い日に1回だけ行う銀行もあれば、1日に複数回行う銀行もあります。銀行により時間がさまざまなので、残高不足を防ぐためには前日までに引き落とし額を入金しておくことをおすすめします。

クレジットカードの支払い日までにやるべきこと

クレジットカードを上手に利用するために、支払い日までに確認しておいた方がいいポイントについて紹介します。

明細の内容をチェックする

クレジットカードの計画的な利用のためにも、日頃からカードアプリやウェブで利用明細をチェックしましょう。各カード会社では、ウェブ明細サービスを行っており、紙の明細書に比べてより早く請求金額を把握できます。

JCBのWEB明細サービス「MyJチェック」では、毎月の請求金額が確定した際に、登録したアドレス宛にメールでお知らせするサービスを行っています。また、クレジットカードを使いすぎてしまいそうで心配という場合は、JCBの「安心お知らせメール」を登録しておくことで、利用状況を把握できます。「安心お知らせメール」では、事前に設定した金額を上回った場合、Eメールでお知らせを受け取ることができます。利用した覚えがないのにメールが届いた場合にも、会員専用WEBサービス「MyJCB」ですぐに利用明細を確認できるため、不正利用の早期発見にも役立ちます。

引き落とし口座の残高を確認する

支払い日の前日までに、登録した銀行口座の残高を確認しましょう。残高が請求金額に1円でも足りていない場合は、基本的には引き落としができません。その月の請求金額と残高をよく確認し、足りていない場合は入金する必要があります。支払い日の当日に慌てないためにも、前日までに入金を済ませておくことをおすすめします。
普段から利用明細をチェックし、クレジットカードを使いすぎないよう計画的な利用を心掛けることも大切です。

引き落としに間に合わなかった場合の対処法

引き落としに間に合わなかった場合、「支払い遅延」と判断されてしまいます。カードが利用停止となり、遅延損害金が発生します。遅延損害金は支払いが遅れれば遅れるほど金額が大きくなるため、早めに対処しなくてはなりません。
1日でも遅れた場合、遅延したというデータが残り信用情報に傷が付いてしまう場合があります。信用情報に傷が付くと、新しくカードを作ることや、各種ローンの契約、融資の審査などで不利になる可能性もあるため、注意が必要です。遅延が続くようであれば、利用限度額の見直しが行われることもあります。

もし、支払い日当日に残高不足に気づいたり、手元に現金がなくて入金できなかったりした場合は、早めにクレジットカード会社へ連絡してください。再度「〇日までに入金してください」などの指示を得られた場合は、ペナルティなく支払いができるはずです。
また、事前に支払えないと分かっている場合も、支払い日の前にクレジットカード会社に連絡し、相談をしてみましょう。支払い方法を変更できる場合があります。例えば、JCBでは、請求金額が確定した後でも、「変更締切日」までに手続きをすれば、1回払いを最長6ヵ月先まで延ばせる「ショッピングスキップ払い」や「ショッピング分割払い」「ショッピングリボ払い」などに変更が可能です。手数料はかかりますが、信用情報に傷を付けずに済みます。

お支払いの仕組みについて詳細はこちら

ショッピングスキップ払いの詳細はこちら

締め日、確定日、支払い日を意識して、
クレジットカードを賢く利用する

クレジットカードの締め日、確定日、支払い日をしっかりと把握しておけば、支払いの計画も立てやすくなり、支払い延滞も防ぐことができます。締め日、支払い日はクレジットカード会社によって日にちが異なるので、事前に確認しておきましょう。一般的に、締め日から支払い日までは3週間以上空きます。

JCBクレジットカードは締切日(毎月15日)の翌月10日にお支払いとなります。 金融機関休業日の場合は翌営業日が支払い日です。請求確定は24日前後となります。クレジットカードの支払いの仕組みについてよく理解していると、例えば、これ以上利用すると翌月の支払いに支障が出るなどという場合、カード利用のタイミングを、締め日より1週間程度後にすることで、支払い日を1ヵ月先送りすることができます。
このようにタイミングを意識し上手に利用することで、より便利にクレジットカードを活用できます。

MyJCBアプリで締め日や利用明細が確認できる
JCBクレジットカードがおすすめ!

JCBカードのご利用代金やポイントは、WEB明細サービス「MyJチェック」や、「MyJCBアプリ」でいつでも確認できます。「安心お知らせメール」は使いすぎや不正利用の防止にもつながり、安心してカードを利用できます。
これからクレジットカードを持ちたいと考えている方におすすめのJCBクレジットカードを紹介します!

JCB一般カード

JCB一般カード

ウェブからのご入会で初年度年会費が無料です。さらに、年間合計50万円(税込)以上のショッピングご利用など条件を満たすと翌年の年会費も無料になります。即日発行が可能なカードなので、すぐに利用できるほか、今後クレジットカードのアップグレードを考えている方にもおすすめです。

JCB カード W / JCB カード W plus L

JCB カード W / JCB カード W plus L

18歳から39歳までを対象としたウェブ入会限定のカードです。年会費は初年度以降もずっと無料のおトクなカードで、ポイントは常に2倍以上と還元率が高く、有効に活用できます。また、加盟店で利用すると、さらに2~10倍のポイント還元が受けられます。年会費もかからず、気軽に所有できることから、学生さんにもおすすめです。

まとめ

ここまでクレジットカードの「締め日」「確定日」「支払い日」について詳しく見てきました。手元に現金がなくても買い物ができるクレジットカードですが、日頃から使いすぎないように気を付け、計画的な利用をすることが大切です。基本を理解していれば、利用料金の未払いを防ぐことにつながります。利用料金の管理が便利なMyJCBアプリを利用することで、不安要素を解消できるかもしれません。そのほか、おトクな特典も多数受けられる、JCBのクレジットカードを利用してみてはいかがでしょうか。

注意事項

本ページ記載の内容は2021年7月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB一般カード

安心と信頼のJCBのスタンダードカード

JCB CARD W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB CARD W plus L

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

ページの先頭へ