ページの先頭です

フィッシング詐欺対策

第三者が企業を装い、個人情報を搾取するフィッシング詐欺を防ぐための対策・注意事項です。

フィッシング詐欺とは

第三者が実在の企業を装って送信したメールの中で、偽のWEBサイトに誘導し、クレジットカード番号や暗証番号・住所・氏名などの個人情報を不正に詐取する行為です。偽のメールやWEBサイトは、本物とよく似ている場合が多く、見た目での判断が困難です。
JCBを装った不審なメールやWEBサイトには十分ご注意ください。

被害に遭わないために

フィッシングメールへの警戒

個人情報の入力やMyJCBへのログインを要求するメールにご注意ください。
JCBがメールで直接カード番号や暗証番号などを問い合わせたり、回答をお願いしたりすることはありません。

フィッシングメールの事例

フィッシングサイトへの警戒

フィッシングメールに記載されているリンクから、本物とよく似たフィッシングサイト(偽のWEBサイト)へ誘導されます。個人情報を入力する際は、URLがJCBのものか必ずご確認ください。

フィッシングサイトの事例

端末やブラウザのアップデート

端末がウイルスに感染することで、自動的に偽のサイトに誘導されたり、個人情報を盗み取られることもあります。端末(パソコンやスマートフォン)やブラウザ(Internet ExplorerやChromeなど)は常に最新版に更新することを推奨します。また、セキュリティ対策ソフトなどを導入することもおすすめです。

セキュリティ対策ツールの導入

注意事項などを確認のうえ、お客様の判断で導入してください。

SaAT Netizen(ネットムーブ株式会社提供)

Phish Wall(株式会社セキュアブレイが提供)

フィッシング対策の最新情報は「フィッシング対策協議会」のWEBサイトよりご確認ください。

フィッシング対策協議会

フィッシング対策啓発動画が「一般社団法人日本クレジット協会」のWEBサイトでご覧いただけます。

一般社団法人日本クレジット協会

関連情報

不審なメールがきた

不審なメールを受信した場合の対応と事例のご案内です。事例を確認の上、もしものときも落ちついてご対応ください。

詳しくはこちら

不正検知システム

不正検知システムにより不審な利用だと判断した場合、カード利用を一時停止し、本人確認をします。

詳しくはこちら

本人認証サービス
J/Secure

インターネットショッピング利用時に本人認証を行い、不正利用を防止します。

詳しくはこちら

ページの先頭へ