ページの先頭です

利用覚えのない請求があった

お客様ご自身のご利用であるケースもありますので、以下の事例をご確認ください。なお、万一不正利用に遭われた場合は全額補償しますので、ご安心ください。

お問い合わせ前に必ずご確認ください

JCBでお取引内容を確認できないご利用先

個人情報保護の観点から、ご本人様からのお問い合わせが必要となるご利用先を掲載しています。以下の一覧を確認のうえ、該当する場合は直接ご利用先にお問い合わせください。

JCBでお取引内容を確認できないご利用先一覧

よくある事例

上のご利用先一覧に該当するものがない場合、以下の事例についてもご確認ください。

利用していない日に請求がある場合

年会費のご利用の場合があります。ご自身のカード年会費は以下より確認ください。

カードの年会費について

また、インターネットショッピングや通販等を利用した場合、実際の購入日とカードご利用代金明細書上の「ご利用日」が異なる場合があります。

【購入日と明細のご利用日が異なる主な例】

インターネットショッピングやオークション 購入日ではなく、商品発送日での表示
ホテルや旅行のオンライン予約分 利用日ではなく、予約日での表示
航空券のオンライン予約分 搭乗日ではなく、予約日での表示
  • カードのご利用控えをお持ちの場合、「ご利用日」や「金額」が一致しているかを確認ください。

「海外利用」と記載されている場合

以下に該当する場合、海外でのご利用分としてカードご利用代金明細上に表示されることがあります。

  • インターネットを通じたご利用(月額利用サービス・通販・パソコンのソフトウェア購入等)
  • サイト内の言語表記が日本語であっても、サイト運営会社が海外、支払い処理のみ海外で行っている場合

インターネットでカード番号を入力した覚えがないか、Eメールで決済完了通知が届いていないかなどをご確認ください。
カードご利用代金明細上に、加盟店名称の前後に日本国内の連絡先が表示されている場合(※1)は、直接問い合わせると解決することがあります。

  • 1 ご利用店名が「ABC0570-***-***」などと表示されている場合。(0570-***-***の部分が電話番号です。)

お問い合わせが多いインターネット加盟店の例

利用店舗の運営会社や商業施設名が記載されている場合

実際に利用された店舗名ではなく、店舗の運営会社や、商業施設名がカードご利用代金明細の「ご利用先名」に表示されている場合があります。

【店舗名と明細のご利用先名が異なる主な例】

ショッピングモールやデパート 商業施設名での表示
スーパーやガソリンスタンド 運営会社名での表示
催事テナントやアンテナショップ 利用した場所と異なる地名や店舗名称での表示
  • お手もとにカードのご利用控えがありましたら、「ご利用日」や「金額」が一致しているかを確認ください。

モバイル決済で利用した可能性

モバイル決済(Apple Pay、 Google Pay(TM) 、おサイフケータイ、コード決済など)にクレジットカードを設定して利用していませんか?
小規模店舗、出張販売、イベント会場などでモバイル決済を利用すると、明細のご利用先名に支払い方法が記載される場合があります。

  • Apple Payは、米国およびほかの国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • Google Pay は、 Google LLC の商標です。
  • 「おサイフケータイ」は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

一度登録したサービスが自動継続になっている可能性

動画や音楽サービスなどの「お試し期間無料」などで、一度登録されたサービスが自動継続になっている可能性があります。
各ご利用先にてサービスや契約情報を確認してください。該当する場合、お客様ご自身で解約等のお手続きが必要です。

家族が利用した可能性

明細のご利用者が「家族会員」になっていないか確認してください。また、家族でパソコンを共有されている場合、ショッピングサイトに登録したままのクレジットカード情報で家族が利用したケースもあります。お問い合わせの前に一度、確認してください。

上のいずれにも該当しない場合

以下お問い合わせまでご連絡ください。

利用覚えなし明細のお問い合わせ

Webからのお問い合わせ

Webでの明細問い合わせを24時間365日受け付けています。

明細のお問い合わせ

お電話を希望される方はこちら

カードを紛失されている場合

  • カードを紛失した場合は、カード利用停止のお手続きをしますのでJCB紛失盗難受付デスクまでご連絡ください。

JCB紛失盗難デスクの連絡先はこちら

安全・安心の全額補償

万一、不正利用に遭われた場合は全額補償します。

「JCBでe安心」制度

インターネットショッピングで覚えがない請求があっても、不正利用と判明した場合は請求が取り消されます。

詳しく見る

カードの紛失・盗難時の補償

不正被害時にもスムーズに補償します。補償対象の詳細は以下をご確認ください。

詳しく見る

関連情報

不正検知システム

不正検知システムにより、不審な利用だと判断した場合、カード利用を一時停止し、本人確認をします。

詳しくはこちら

本人認証サービス
J/Secure

インターネットショッピング利用時に本人認証を行い、不正利用を防止します。

詳しくはこちら

不審なメールがきた

不審なメールを受信した場合の対応と、事例のご案内です。事例をご確認のうえ、もしものときも落ちついてご対応ください。

詳しくはこちら

ページの先頭へ