ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

クレジットカードをポイント還元率で比較!おトクに貯まるカードは?

クレジットカードをポイント還元率で比較!おトクに貯まるカードは?

クレジットカードを選ぶ際には、ポイントの還元率は必ずチェックしたいところです。近年は、キャッシュレスの普及もあり、ポイントの貯まりやすいクレジットカードはますます注目されています。しかし、ポイントの種類や付与の仕組み、ポイントの還元率はクレジットカードによってさまざまなので、カード選びに迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。この記事では、クレジットカードのポイント還元率を比較しながら、おトクな活用方法を分かりやすく紹介します。

目次

おすすめのクレジットカードはこちら!

いつでもポイント2倍以上・年会費永年無料・39歳以下WEB入会限定のクレジットカード!

JCB カード W、JCB カード W Plus Lの詳細を今すぐチェック!

詳細・お申し込みはこちら

ポイント還元率とは?

大多数のカード会社では、毎月のクレジットカードの利用金額に応じて独自のポイントを付与するポイントサービスを提供しています。「ポイント還元率が良いカード」とは、どのようなカードのことをいうのか、ポイント還元率について詳しく紹介していきます。

ポイント還元率が高いカードはおトク

「ポイントを貯める」というと、クレジットカードの利用金額に対して何ポイントが付与されるかという「ポイント付与率」に注目しがちです。しかし、ポイント付与率とポイント還元率は違うものです。

ポイント還元率とは、「クレジットカードの利用金額に対して何ポイント付与され、付与されたポイントは何円に相当するか」の割合を示したものです。

例えば、1,000円の利用で5ポイントが貯まり、これが5円分に相当する場合、ポイント還元率は0.5%となります。一方、1,000円の利用で1ポイントしか貯まらない場合でも、1ポイントが5円分に相当する場合、ポイント還元率は先ほどと同じ0.5%です。

ポイント付与率が高いカードはポイントが貯まりやすいカードだといえますが、クレジットカードをおトクに活用するためには、「ポイント還元率」にも注目する必要があります。

以下に、ポイント還元率の差によってどのような違いが出るのか、ポイント還元率0.5%と0.1%のクレジットカードを比較しました。

ポイント還元率 0.5%の場合(単位は円) 0.1%の場合(単位は円)
利用金額 10万円 500 100
利用金額 50万円 2,500 500

還元率が0.5%の場合は、1,000円の利用で5円分のポイントが貯まります。利用金額が50万円の際には、ポイント還元率0.5%と0.1%で、2000円分も差が出ます。
つまり、一見するとわずかな差に見えても、利用期間や利用金額で大きな差が出るため、ポイント還元率の高いカードを選んだ方がおトクだということが分かります。

なお、クレジットカードのポイント還元率は常に一定とは限りません。同じ種類のクレジットカードであっても、利用する店舗の種類や利用方法などによってポイント還元率が変わることもあります。

ポイントを使うときの交換率にも注目しよう

クレジットカードの利用で貯めたポイントは、JCBギフトカードなど、さまざまなものに交換できます。ここでぜひチェックしておきたいのが、ポイントを使うときの交換率です。ここでは、交換する商品によって交換率が設定されている、JCBカードの「Oki Dokiポイント」を例に説明します。

例えば、Oki Dokiポイントをキャッシュバックに使う場合は、1ポイント=3円として使えます。しかし、Amazon.co.jpでショッピングする場合は、「パートナーポイントプログラム」に交換で、1ポイント=3.5円分として使用することができます。さらに、JCBギフトカードなら、1,050ポイントで5,000円分のギフトカードに交換できますので、1ポイント=約5円(約4.7円)という交換率です。
ポイントサービスでクレジットカードを選ぶなら、ポイント還元率もさることながらポイント交換率にも注目しましょう。

Oki Dokiポイント

  • Amazon、Amazon.co.jp、Amazonパートナーポイントプログラムおよびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標または登録商標です。

ポイントをより多く貯めるには?

いくらポイント還元率の良いクレジットカードでも、使わなければポイントは貯まりません。クレジットカードで支払えるものはできるだけクレジットカードで支払うのが賢い方法です。「そんなにカードばかり使えない」と思う方もいるかもしれませんが、クレジットカードで支払えるものは意外と多くあります。また、効率的にポイントが貯まる優待券や店舗もあります。ここでは、ポイントをより多く貯める方法を紹介します。

「必ず払わなくてはならないもの」はクレジットカード払いに設定する

生活をしていると、電気、水道、ガスといった公共料金をはじめ、インターネットプロバイダーや携帯電話の利用料金など、毎月さまざまな出費をしています。ほかにも、住民税や自動車税などの各種税金も課せられますし、場合によっては健康保険料や国民年金保険料も自分で支払わなければならない方もいるでしょう。
公共料金はクレジットカード払いにほぼ対応しており、各種税金は自治体によっては対応可能です。可能な範囲でこれらをすべてクレジットカードで支払えば、より多くのポイントを獲得することができます。
場合によっては、家賃などもクレジットカードで支払えるケースもありますので、月々の支払いや定期的に支払うものがクレジットカードで支払えるかどうか確認してみましょう。

少額でもクレジットカードで支払う

ポイントを貯めるもうひとつのコツは、少額でもクレジットカードで支払うことです。コンビニでお弁当や飲み物を買う、カフェでコーヒーを注文するなど、1回あたりの支払いが500円程度だとしても、それが10回、20回ともなれば、総額は5,000円、1万円にもなります。そう考えれば、たとえ数百円の支払いでも、クレジットカード払いにしたくなりませんか。少額であっても、使えるところではカードで支払うことを習慣づけ、ポイントをどんどん貯めていきましょう。

ポイントが数倍になるキャンペーンに積極的に参加

ポイントをより多く貯めるには、通常のポイント還元だけでなく「ポイント◯倍」というポイントアッププログラムを利用しましょう。カード会社によってポイントアッププログラムに違いはありますが、例えば下のようなものがあります。

・獲得ポイントが数倍にアップする入会キャンペーンを利用

新規入会から数カ月のあいだ、高い倍率が適用されるクレジットカードがあります。このタイプのクレジットカードは、大きな出費が予想される時期に合わせてクレジットカードを作れば、高倍率の期間中にポイントを稼ぐことができます。

・獲得ポイントが数倍にアップするキャンペーン

クレジットカード入会時以外にも、期間限定のキャンペーンでポイント還元率が一時的に高くなることがあります。
キャンペーン内容をチェックし、おトクな情報を逃さないようにしましょう。

優待サイトや店舗を利用する

効率良くポイントを貯めるには「ポイント優待店を利用する」「優待サイトを利用する」といった方法があります。

街中にはポイントをおトクに貯めることができる優待店があります。JCBでは、対象店舗と「JCB オリジナルシリーズパートナー」を締結しており、優待店で対象のJCBカードを利用すると通常の2~10倍のOki Dokiポイントを貯めることができます。

また、優待サイトとは、買い物の際にサイトを経由するだけで、いつものインターネットショッピングほか、旅行やレストランの予約で貯まるポイントの倍率が高くなるショッピングサイトのことです。
JCBが提供するポイント優待サイトの「Oki Dokiランド」 はインターネットショッピングで2倍~最大20倍のOki Dokiポイントが貯まるポイント優待サイトです。Oki Dokiポイントは、さまざまな商品への交換や、他社ポイントへの移行が可能です。「Oki Dokiランド」の利用には、無料の会員専用WEBサービス「MyJCB」への登録が必要です。

ポイント還元率の高いカードはどう選ぶ?

では、ポイント還元率の高いカードをどのように選んだらいいのでしょうか。ここでは、選び方と選ぶ際の注意点を説明します。

ポイントの貯めやすさと使いやすさ

ポイントの貯めやすさに直結するのは「自分が頻繁に利用する店舗で、クレジットカードを利用するか」ということです。カード会社が提供しているポイントアップモール内に、自分が頻繁に利用する店舗やサービスが含まれているか、チェックするとよいでしょう。また、効率良く貯めたポイントを無駄にしてしまわないように、ポイントの交換しやすさや、生活のどの場面で活用できるかも想定しましょう。

JCBでは、独自のOki Dokiポイントプログラムで「Oki Dokiポイント」を利用金額に応じて付与しています。コンビニエンスストアや家電量販店などのポイント優待店他、インターネットショッピングでポイントがおトクに貯まる「Oki Doki ランド」のご提供など、ポイントが貯めやすい仕組みがあります。

ポイントの有効期限

ポイントには、有効期限が定められている「有限」のものと、「無期限(カードを解約しない限り)」のものがあります。有限のものでも、カードによっては期限を延長できる場合があります。期限が限られているポイントは、期限内に忘れず活用しましょう。意図せず期限を過ぎ、ポイントが失効してしまうことのないように、保有するポイントの有効期限の有無と期間はチェックしておきましょう。

クレジットカードの年会費

年会費が無料のカードであっても、還元率の高いカードが多く存在します。その一方で、年会費がかかるカードは、還元率以外にステータスや付帯保険、特典などさまざまなサービスが提供されています。そのため、還元率だけでは判断できない年会費以上のメリットも存在します。クレジットカードは、還元率の高さだけでなく、年会費と付加サービスを含めて検討するのもポイントです。注意しておきたいのが、ポイント還元率の高いカードには「リボ払い専用」カードなども含まれるためカードの種類をよく見極めることも大切です。

JCBカードのポイントプログラム「Oki Dokiポイント」とは?

次に、JCBカードのポイントプログラムで使える、Oki Dokiポイントを紹介しましょう。

Oki Dokiポイントは通常、クレジットカードの利用金額1,000円(税込)につき、1ポイントたまります。1回あたりの利用金額が1,000円未満であっても、毎月の利用合計金額に対して換算されるので無駄がありません。
貯まったポイントは、主に下のような使い道があります。

商品と交換する

Oki Dokiポイントは、JCBが用意している商品カタログの中から、希望の商品を選んで交換できます。家電やキッチン用品、グルメ、ビューティーアイテムなどのほか、テーマパークのチケットやレストランの食事券もあります。

Amazon.co.jpで使う

Amazon.co.jpでのショッピングに、Oki Dokiポイント(パートナーポイントプログラム)を使うことができます。交換レートは1ポイント=3.5円分となっており、1ポイントから使うことができます。

  • Amazon、Amazon.co.jp、Amazonパートナーポイントプログラムおよびそれらのロゴは、Amazon.com,Incまたはその関連会社の商標または登録商標です。

マイルやほかのポイントに移行する

Oki Dokiポイントは、JALやANAなど、提携先各社のマイル・クーポンに移行できます。また、nanacoポイントやdポイント、楽天ポイントなど、提携各社のポイントにも移行することができます。
ポイント移行商品などの申し込み可能ポイントは商品によって異なります。
Oki Dokiポイントは、スターバックス カードへのチャージも可能です。

クレジットカードの利用額に充当する

Oki Dokiポイントは、毎月の利用金額に充当することができます。個人カードだけでなく法人カードでも利用金額に充当することができ、交換レートは1ポイントあたり3円です。1ポイントから使うことが可能です。

  • 掲載内容は予告なく変更となる場合があります。

ポイントが貯まりやすいJCBカードは?

最後に、JCBカードの中でポイントが貯まりやすいカードをピックアップして紹介します。それぞれに特徴があるため、自身の生活スタイルに合ったカードを選ぶことが大切です。

還元率の高さが魅力の「JCB カード W」「JCB カード W plus L」

JCB CARD W

ポイント還元率で選ぶなら、年会費が無料の「JCB カード W」と「JCB カード W plus L」の2枚がおすすめです。常に通常の2倍のポイントを獲得できます。

ポイントが4倍!「JCB CARD R」

JCB CARD R

「JCB CARD R」は、年会費は無料で、学生の申し込みも可能なリボ払い専用のクレジットカードです。常に通常の4倍のポイントを獲得できます(手数料発生時)。一般的なカードと比べ還元率が高いカードです。提携しているJCB ORIGINAL SERIESパートナーでの利用ならさらにポイント加算されます。

入会キャンペーンなどもチェックしてポイントを貯めよう

効率良くポイントを貯めるには、ポイント還元率だけでなく、各種キャンペーンやポイントプログラムを有効に活用することが大切です。より多くのポイントを貯めるためにも、自分の生活スタイルや行動パターンに合ったカードを見つけて、ポイントを獲得してください。

JCBのポイント優待店「JCB オリジナルシリーズパートナー」では随時キャンペーンを行っています。入会後のキャンペーンでポイントの倍の付与を行うこともあります。JCBの最新のキャンペーン情報は以下でご確認ください。

JCB ORIGINAL SERIES

最後に、JCBブランドのカードをもっとオトクに使える特別なサービスを紹介します。「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」は、年間でJCBカードを一定金額以上利用された方だけに、特別にご提供するメンバーシップサービスです。登録は不要で「JCBスターメンバーズ」のメンバーになると魅力的な特典が受けられるようになります。メンバー特典として、「Oki Dokiポイントが通常よりもアップ」「JCBが指定するキャンペーンの抽選口数が通常よりアップ」します。

JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)の詳細は以下をご覧ください。

JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)

注意事項

本ページ記載の内容は2021年12月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

これまで記事で紹介してきた、JCBがおすすめするクレジットカードを紹介します。

< >
JCB CARD W

JCB CARD W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus L

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

ページの先頭へ