ページの先頭です

クレジットカードの基本をおさえる

クレジットカードの名義人とは|他人名義を使用できる?入力方法や注意点

公開日:2022年9月20日

クレジットカードの名義人とは|他人名義を使用できる?入力方法や注意点

クレジットカードの名義人とは、入会の申し込みをしたカードの持ち主です。クレジットカードは名義人のみ使用可能で、家族などほかの人が使うとトラブルに繋がる恐れがあります。

本記事では、クレジットカードの名義人の定義や注意点を解説しています。自分名義のクレジットカードを持っていない人は、おすすめのカードも紹介しているのでぜひ検討してください。

この記事でわかること

  • クレジットカードの名義人の定義
  • クレジットカードを名義人以外が使用するとどうなるか
  • 家族でクレジットカードを利用したい場合の対処法

ポイント高還元率のクレジットカード

JCBオリジナルシリーズ キャンペーン実施中

詳しくはこちら

クレジットカードの名義人とは

クレジットカードの名義人とは、入会の申し込みをしたカードの持ち主のことです。名義人の名前はクレジットカードの表面もしくは裏面に記載されています。ナンバーレスカードなど、券面に名義人の名前が記載されていない場合は、専用アプリやウェブサイトで確認が可能です。

オンラインショッピングでクレジットカード払いを選択した場合、名義人の名前を入力する必要があります。カタカナなど文字の指定がなければ、クレジットカードに印字されているものを入力しましょう。名義人の名前がローマ字で印字されている場合は、半角のローマ字で入力します。

クレジットカードは名義人以外が使用してはならない

クレジットカードは、たとえ家族であっても名義人以外が使用することは規約違反となります。規約違反をしてしまうと補償や付帯サービスなどが受けられない可能性があるため注意しましょう。

名義人はクレジットカード本体だけでなく、カード番号や暗証番号などの情報も管理しなければなりません。名義人以外がカード情報を利用してオンラインショッピングを行うのも規約違反となります。

名義人以外の家族が使うときは「家族カード」を発行する

クレジットカードを名義人以外の家族が使用したい場合は、家族カードの発行を検討してみましょう。

家族カードは、生計を共にする家族に対して別途発行できるクレジットカードです。カード名義は利用する家族となるため、問題なく使用できます。利用明細や引き落とし口座、利用可能額は本会員のクレジットカードと共有です。家族カードの利用状況を名義人が管理しやすいメリットがありますが、利用可能枠の上限に達しやすくなるデメリットもあるため注意しましょう。

なお、家族カードを発行していないクレジットカード会社もあります。家族カードにも申込対象が定められており、対象とならない人は申し込みができないので注意しましょう。

クレジットカードと口座の名義人は同じでなければならない?

クレジットカードに登録する口座は、名義人と同じものが求められる場合がほとんどです。名義人が異なる場合は口座の登録ができず、クレジットカードの発行や利用ができない可能性があります。ただし、名義人と同姓の配偶者・親子の口座であれば引き落としが可能となる例外もあるため、クレジットカードの利用規約を確認しましょう。

氏名が変わったときは早めに手続きをしよう

氏名が変わった場合は、クレジットカードと金融口座の名義変更手続きが必要です。クレジットカードの手続き後、新しいカードが発行されます。氏名の変更手続き方法は、カード会社によって異なり、到着までに1~2週間ほどかかるため、早めに手続きをしましょう。

名義変更手続きは、金融口座、クレジットカードの順に行うのがおすすめです。金融口座を先に済ませることで、クレジットカードの名義変更と引き落とし口座の情報更新を同時に行えるため、効率的に手続きができます。

JCBカードでは、会員専用WEBサービス「MyJCB」から変更手続きが可能です。

自分名義のクレジットカードが欲しいならJCBカードがおすすめ!

新しく自分名義のクレジットカードを作りたい人には、「JCB カード W」「JCB カード S」がおすすめです。

JCBカードは、入会手続き完了から最短5分で審査が完了し、MyJCBアプリでカード情報を確認できる申し込み方法もあります。

なお、最短5分の即時発行は土・日・祝を含む9:00AM~8:00PMであり、それ以外の時間は翌日受付となります。このほかにも、利用の際には条件がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

また、JCBカードでは家族カード(※)も発行可能です。配偶者の日用品の買い物や子どもの海外留学など、さまざまなシーンで利用できます。

  • 生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。本会員が学生の場合は、お申し込みになれません。

18~39歳限定で入会できる年会費無料のJCB カード W

JCB カード Wは高校生を除く18~39歳限定で申し込める、年会費が永年無料のクレジットカードです。39歳までに入会しておけば、40歳以降も年会費が永年無料で利用できます。コストを抑えておトクにクレジットカードを利用したい方にぴったりです。

JCB カード Wは、JCBカードのなかでも特にポイント還元率が高いのが特徴です。国内・海外のどこで利用しても、Oki Dokiポイントが2倍たまります。JCBオリジナルシリーズパートナーで利用すればさらにポイントが高還元になり、おトクに買い物ができます。

JCBオリジナルシリーズ

  • 1 Starbucks eGiftの購入は21倍、スターバックス カードへのオンライン入金・オートチャージは11倍です。店舗での利用分・入金分はポイント倍付の対象となりません。
  • 2 Amazon、Amazon.co.jpおよびそれらのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標または登録商標です。
  • 3 一部対象とならない店舗があります。法人会員の方は対象となりません。
  • JCB カード Wを利用するとカード特典の+1倍が加わるため、上に記載のポイント倍率が適用されます。
  • 掲載内容は予告なく変更となる場合があります。

ポイント倍率は2024年4月時点の情報です。
事前にポイントアップ登録が必要です。優待店により特典・条件等が異なります。最新情報はJCBオリジナルシリーズサイトをご確認ください。

JCBオリジナルシリーズサイトはこちら

たまったポイントは他社ポイントやマイルに移行できるほか、1ポイント3円でキャッシュバックも可能です。Amazon.co.jpでの買い物では、ポイントの移行手続きをすることなく、1ポイント3.5円分で利用できます。

  • ポイント移行商品などの申し込み可能ポイントは商品により異なります。

年会費無料で優待も充実「JCB カード S」

年会費無料で優待も充実している「JCB カード S」が新登場!

JCB カード Sは、18歳以上で本人または配偶者に安定継続収入のある方、または高校生を除く18歳以上の方が申し込みできます。

年会費は永年無料なので、初めてのクレジットカードや2枚目のクレジットカードにおすすめです。

JCB カード Sは年会費が無料なうえに、充実した優待サービスがついています。「JCB カード S 優待 クラブオフ」は、国内外20万ヵ所で利用できる割引優待サービスです。グルメ、レジャー、映画館やカラオケなどのエンタメ、ホテル、テーマパークなどで割引を受けることができます。

他にも、パートナー店での最大20倍のポイントアップ、旅行傷害保険やJCBスマートフォン保険をはじめとした各種保険も付帯しています。

いまなら新規入会限定のおトクなキャンペーンも実施中!

クラブオフについて詳しくはこちら

名義人以外はクレジットカードを使えないので要注意!

たとえ同居する家族であっても、名義人以外がクレジットカードを利用すると規約違反になります。規約違反をすると補償や付帯サービスを利用できなくなるため、クレジットカードは正しく利用することが大切です。クレジットカードが必要な場合は、自分名義のカードか、家族カードを新たに発行しましょう。

よくある質問

名義人以外がクレジットカードを使うとどうなりますか?

付帯サービスや補償が受けられない可能性があります。クレジットカードが必要な場合は自分名義のカードか、家族カードを新たに発行しましょう。

クレジットカードの名義はどこで確認できますか?

クレジットカードの表面または裏面に記載されています。記載されている場所はクレジットカードにより異なります。券面に情報が記載されていない場合は、会員専用のアプリやウェブサイトで確認できます。

ネットショッピングで名義の入力を間違えたらどうなりますか?

入力内容に誤りがあると、エラーが発生して支払えない場合があります。ローマ字の綴りや入力の半角・全角などは間違えやすいため、注意しましょう。

発行済の家族カードはどの範囲の家族まで使用していいですか?

家族カードでも名義人以外は使用できません。

まず1枚クレジットカードを持つなら
JCBカードがおすすめ!

JCB カード S
JCB カード S
年会費永年無料!
サービスも充実のJCBのスタンダードカード
JCB カード W
JCB カード W
年会費永年無料!
39歳以下の方限定カード
Oki Dokiポイントは常に2倍
  • 掲載内容は予告なく変更となる場合があります。
  • Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • Google Pay は、 Google LLC の商標です。
監修者 高柳政道
【監修者】

氏名:高柳政道(たかやなぎ まさみち)
資格:一級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP、DCプランナー2級

一級ファイナンシャル・プランニング技能士を取得後、2020年5月に金融コラムニストとして独立。企業に属さないFPとして投資商品の選び方を中心に情報を発信。
資産運用・生命保険・相続・ローンなど、多岐に渡るジャンルの執筆及び監修業務を手掛け、関わった記事数は500を超える。

関連記事を見る

ページの先頭へ