ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

万が一でも安心!ゴールドカードに付帯する充実した保険

万が一でも安心!ゴールドカードに付帯する充実した保険

旅行が好きで、海外にも国内各地にもよく行く方や、ショッピングの際にクレジットカードをよく利用する方は、ゴールドカードの付帯保険の活用を検討してみてはいかがですか。
クレジットカードには、旅行中のけがや病気、購入品の破損や盗難に対する保険が付帯しているものがあり、特にゴールドカードであれば充実した保険サービスを利用できます。個別に保険に加入するよりも手厚い補償が受けられるため、手間も省け、保険料の節約にもつながります。
この記事ではゴールドカードの付帯保険について、詳しい内容やメリットなどを紹介します。ゴールドカードならではの手厚い保険サービスを知ることで、自分に適したカード選びの参考にしてください。

目次

手厚いゴールドカードの付帯保険とは

クレジットカードの付帯保険は、クレジットカードの加入によって利用できる保険のことです。多くのクレジットカードでは、旅行中のけがや病気、盗難、購入品の破損などに関する保険があらかじめ付帯されており、保険を利用できます。そんなクレジットカードの付帯保険は、「自動付帯保険」「利用付帯保険」の2種類に分けられます。

自動付帯保険とは、対象のクレジットカードを所持しているだけで自動的に適用される保険です。「利用付帯保険」とは、旅行のツアー代金を対象のクレジットカードで支払うなど、特定の条件を満たした場合に適用されます。付帯保険には、旅行傷害保険やショッピングガード保険などいろいろな種類があり、適用条件や補償金額などはカードや保険の種類によって異なります。

ゴールドカードは一般カードの上級グレードということもあり、より充実した保険サービスを受けられます。また、補償金額が高く設定されていたり、一般カードにない補償内容や保険サービスも多かったりと、より強い安心を得られます。

高額補償されるゴールドカードの海外旅行傷害保険

一般カードにはない、手厚いサポートがゴールドカードに付帯する保険の魅力です。
海外旅行などの際も、思わぬ事故や病気による出費に対して高額補償を受けられます。ここではゴールドカードの付帯保険について解説します。万が一のために、保険適用の流れをイメージしておきましょう。

持っているだけで自動的に保険が付くゴールドカード

先ほどご紹介したように、クレジットカードの保険は「自動付帯保険」と「利用付帯保険」に分かれます。利用付帯保険の場合は、宿泊費や交通費、ツアー代金などを対象のクレジットカードで支払わないと保険が適用されません。一方、自動付帯保険はクレジットカードの使用に関係なく、所持しているだけで補償を受けられます。そのため、旅行の度に保険に加入しなくても、万が一のけがや病気などに備えられるため、安心して旅行ができます。

ゴールドカード付帯の海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険は、その多くが自動付帯保険で、クレジットカードによっては旅行代金をカードで支払うと、補償額がさらに増えるものもあります。

ゴールドカードの海外旅行傷害保険の補償項目

ゴールドカードで利用できる旅行傷害保険には、さまざまなサービスが設けられています。
主なサービスは以下の通りです。

治療や救援者費用

旅行中の事故によるけがや病気の治療費、および事故や疾病が原因で旅行者の家族が現地に向かう際の渡航費用が補償されます。

携行品損害

盗難や破損、火災など、旅行中のトラブルや事故により被保険者の携行品に損害が生じた場合、携行品の費用が補償されます。

旅行事故緊急費用

搭乗予定便に遅延、欠航などが生じた場合、交通費、臨時宿泊費、食事代など緊急に求められる各種費用が補償されます。

なお、日本出国前に旅行費用などをJCBゴールドで支払うと最高1億円、お支払いがない場合にも最高5,000万円まで補償されます。国内旅行においても、旅行中の死亡や後遺障害に対して最高5,000万円が補償されます。
その他、国内外の航空便ご利用時の乗継遅延で生じた宿泊・飲食費や出航遅延等で生じた飲食費、預けた手荷物が遅延・紛失した際の衣類購入費等が補償されます。

※上の保険の内容は概要を説明したものであり、実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約に基づきます。また、事故の内容によっては補償の対象とならない場合があります。
※カードにより補償内容が異なる場合があります。

保険を適用させる場合の流れ

クレジットカードの保険を適用させる場合は規定の手順を踏んでいきます。 帰国後に保険金請求を行う場合は、利用しているカード会社が指定する専用デスクに連絡しましょう。必要な書類は保険の種類によって異なりますが、現地で手配しなければならない「事故証明書」や「医師の診断書」などは旅行先から忘れずに持ち帰るようにしましょう。事故証明書は事故発生の日時、場所、当事者名などが記載されていて、現地の警察など公的機関で発行してもらえます。病院で診察を受けた場合は、「医師の診断書」と「治療費の明細書や領収書」も必要です。

なお、JCBゴールドで購入された品物に万一破損や盗難などの損害が発生した場合、購入から90日間、年間最高500万円まで補償されます(1事故につき自己負担額3,000円)。

手厚い補償で安心のJCBゴールド

クレジットカードには多くの種類があり、それぞれ異なる特徴を持っています。特に旅行において手厚い補償を受けたい場合には「JCBゴールド」の利用をおすすめします。充実した海外・国内旅行傷害保険により安心して旅行を楽しめるでしょう。ここからは、JCBゴールドについて詳しく紹介します。

JCBゴールドで安心の旅行を

JCBゴールドを利用すると、国内外での旅行に役立つ以下の保険サービスを利用することが可能です。

海外旅行傷害保険
国内旅行傷害保険
国内・海外航空機遅延保険

海外旅行中の死亡や後遺障害に対しては、カードの利用がなくても最高5,000万円を補償、けがや病気などの治療費用は1回につき300万円まで、救援者費用などは400万円まで、携行品の損害は1回の旅行中50万円まで補償されます。

また、国内外の航空便ご利用時の乗継遅延で生じた宿泊・飲食費や出航遅延等で生じた飲食費、預けた手荷物が遅延・紛失した際の衣類購入費等が補償されます。旅行における万一のトラブルに対応してくれるため、安心して旅行できるでしょう。

その他、国内の主要空港およびハワイ ホノルルの国際空港内にあるラウンジを無料で利用できるサービスも付いています。

JCBゴールドで快適なお買い物

JCBゴールドでは旅行傷害保険だけでなくショッピングガード保険(国内/海外)も提供しています。
こちらは利用付帯保険で、JCBゴールドを使用して購入した商品に破損や盗難などの損害が生じた場合に料金を補償するものです。国内や海外のどちらでも利用可能で、補償は購入日から90日間有効です。保証金額は年間500万円が上限に定められています。自己負担が必要になる場合もありますが、負担額は1回の事故につき3,000円までで抑えられます。

なお、購入した商品によってはショッピングガード保険が適用されないこともあるため注意しましょう。自転車、船舶、航空機のような乗り物や義歯、コンタクトレンズ、動植物、食料品、チケット類などが補償適用外です。JCBゴールドで買い物をする際は、念のためにショッピングガード保険が適用される商品か否かを確認しておきましょう。

まとめ

国内外への旅行頻度の高い方やショッピングの際にカードでの利用が多い方にとっては、ゴールドカードの付帯保険がおトクです。個別に保険に加入するよりも、ゴールドカードの付帯保険を利用する方が手厚い補償を受けられて手間も省けるため、節約につながるでしょう。

クレジットカードの付帯保険については、以下の記事も参考にしてください。

関連リンク

海外でも安心!クレジットカードの海外旅行傷害保険

クレジットカード付帯の保険を活用する方法を解説

ゴールドカードの活用方法については以下の記事も参考にしてください。

おすすめゴールドカードを徹底比較!メリットとポイント還元率は?

注意事項

本ページ記載の内容は2021年12月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCBゴールド

ゴールドカードならではの安心とクオリティーを兼ね備えた1枚

ページの先頭へ