ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

クレジットカードの退会(解約)前にチェック!~期間は?注意点は?~

クレジットカードを退会(解約)したいと思ったら、退会(解約)後に後悔をしないために確認していただきたいことがあります。JCBでは、「せっかく貯めたポイントはどうなるの?」「支払った年会費は?」といったお問い合わせをいただくことがあります。退会(解約)にまつわるデメリットについてよく考えたうえで、手続きを進めましょう。

クレジットカードの退会(解約)を考えるのはどんなとき?

スーパーやコンビニなど、行きつけのお店で店員さんにすすめられてクレジットカードを作ったが、引っ越しなどのライフスタイルの変化で、行きつけのお店が変わってしまうということがあります。クレジットカードの枚数が増えて、管理が面倒になったり、年会費がかさんでしまったりといった理由で「退会してすっきりしたい!」という思いになることもありますよね。

そもそもクレジットカードは、平均して何枚くらい保有しているのでしょうか。

クレジットカード平均保有枚数/携帯枚数

参考:株式会社ジェーシービー【クレジットカードに関する総合調査】
2016年度版 調査結果レポートより

JCBが行った「クレジットカードに関する総合調査」によると、2016年のクレジットカード平均保有枚数は3.2枚、平均携帯枚数は2.0枚です。この数値を参考に、「自分の保有枚数が少ない」と感じたら、新しいクレジットカードの申し込みを検討してもよいかもしれませんね。

また、クレジットカードを複数枚保有しているものの、実際の使用頻度や使用額などが低い方は、退会(解約)しても困る点は少ないかもしれません。

一般的に、生活費におけるカードの利用割合はどのぐらいなのでしょうか?

クレジットカード保有者の世帯あたり生活費/カード利用額

参考:株式会社ジェーシービー【クレジットカードに関する総合調査】
2016年度版 調査結果レポートより

上の統計によると、生活費の支払額のうち、クレジットカードの利用割合は全体で34.3%となっており、既婚の20~30代の方、首都圏にお住いの方の利用割合が高いことがわかります。
この数値と比べて、クレジットカードの使用頻度が低い方は、もう少し使う頻度を増やすか、多くのクレジットカードを保有せず、必要なカード以外を退会(解約)するという選択肢も考えられます。

しかし、思いつきでそのまま手続きを進めてしまうと、損をしてしまうことがあります。
オンラインショッピングで支払いを簡単に済ますことができること、買い物するだけでポイントが貯まること、商品の購入後になんらかの事故が起こった場合には補償が受けられる(ショッピングガード保険)ことなど、クレジットカードにはさまざまなメリットがあります。退会(解約)してしまった場合、これらのメリットを手放すどころか、逆にデメリットを抱えてしまうことになるかもしれません。本当に手続きを進めていいかを事前に考えましょう。

クレジットカード退会(解約)のデメリット

クレジットカードを退会(解約)すると、次のデメリットがあります。

  • 退会(解約)すると、それまでに貯めたポイントは消滅します。
  • 利用期間や退会(解約)の手続きのタイミングによっては年会費が無駄になることがあります。支払った年会費の期限を確認しましょう。

これらのデメリットを知り、対策を立てたうえで退会(解約)を検討しましょう。

年会費については、先月年会費を支払ったばかりなのに今月退会すると、年会費が無駄になってしまいます。とはいえ、「年会費の引き落としがあったことで、クレジットカードの存在を思い出してから考える」という人も多いのではないでしょうか?このようなときは、次に年会費を支払うタイミングを確かめ、その直前に手続きを行うのがよいでしょう。

実際のクレジットカードの退会(解約)手続きは、インターネットや電話でのお手続きができることがほとんどです。JCBでは会員専用WEBサービス「MyJCB」よりお申し込みができます。

また、退会(解約)後に新しいクレジットカードを作る場合は、「これまで保有していたクレジットカードや、保有の仕方、使い方などに、どのような不満があったのか?」を考え、それを解消できるクレジットカードを選びましょう。

JCBカードを申し込むならこちら

まとめ

クレジットカードを退会(解約)をしたいと思ったときは、いきなり行動に移すと損をしてしまうこともあります。デメリットがあることを踏まえ、対策を立てたうえで退会(解約)を検討しましょう。使わなくなったクレジットカードの捨て方にも注意しましょう。そのまま捨ててしまうと不正使用される恐れがあります。クレジットカードは磁気テープとICチップ両方をハサミで裁断する等の対策を取ってから捨てましょう。

注意事項

本ページ記載の内容は2018年1月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

退会方法はこちら

ページの先頭へ