ページの先頭です

約定返済とは?カードローンの返済のポイント

約定返済とは?カードローンの返済のポイント

カードローンにまつわる用語には、意味が分かりにくいものが多いです。しかし、返済に関する用語については、正しい意味を理解し、カードローンを賢く利用しましょう。

ここでは、返済方法の基本となる「約定返済」という用語について解説します。加えて、カードローンの返済のコツや、返済できなかった場合のデメリットについても紹介します。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

1.決められた日に決められた金額を
返済する約定返済

「約定返済(やくじょうへんさい)」とは、毎月契約で決められた「約定返済日」に、契約で決められた「約定返済額」を返済することです。

約定返済額は、借入金額に応じてローン会社ごとに決められています。JCBのカードローン「FAITH」の場合は、一定の額の元金と利息を毎月返済する方法とご利用残高に応じてお支払い元金が変動する返済方法があります。

一方で、約定返済額に毎月の利息が含まれているカードローンもあります。その場合、元金の返済額は、約定返済額から利息の額を引いた分となりますが、返済する利息が多くなると、約定返済だけでは、なかなか元金を減らすことができないので注意が必要です。

代表的な返済方法には、口座振替、ATM返済、口座振り込みの3種類があります。口座振替の場合は、約定返済日に自動で振り替えられるので心配はありませんが、ATM返済や口座振り込みの場合は注意が必要です。

約定返済日よりも早いタイミングで振り込みの手続きをした場合、約定返済ではなく、後程ご説明する「随時返済」とみなされるケースがあります。そうなると、約定返済日に再度決められた金額を振り込まなければならなくなります。約定返済とみなされるタイミングは金融機関によって異なるため、事前にしっかり確認し、把握しておきましょう。

約定返済日の設定

カードローンは、毎月返済する金額も大切ですが、いつ返済するかという、約定返済日も重要になります。

例えば、給料日直後に返済するのは余裕があっても、給料日直前に返済日が設けられていたら、毎月の支払いが苦しくなるかもしれません。約定返済日の設定は金融機関によってそれぞれ定められており、主に次の3つのパターンがあります。

  • 約定返済日が決まっている
  • 約定返済日を自由に選択できる
  • 所定の期間内で、指定された候補日のなかから約定返済日を選択する

カードローンを選ぶ際、金利や借り入れ上限といった条件を重視するものの、約定返済日は気にしないという方は多いかもしれません。しかし、計画的に無理なく返済を続けるためには、自分の支払いやすい約定返済日であることも重要です。契約前に約定返済日を確認し、自分にあった商品を選択するようにしましょう。JCBのカードローン「FAITH」の場合は、毎月10日が返済日となります。

2.随時返済との違い

契約時に定められた返済日に指定の金額を返済するのが約定返済ですが、それ以外のタイミングで、追加で返済する方法を随時返済といいます。文字どおり、好きなタイミングで返済する方法で、臨時返済、任意返済、繰り上げ返済といわれることもあります。

返済額に利息額が含まれている約定返済の場合、元金は減りにくいのですが、随時返済では返済金額がすべて元金にあてられます。3万円の随時返済を行えば、3万円の元金を減らすことができるため、約定返済で同額を返済するよりも、利息を抑える効果は高くなります。

随時返済を計画的に行えば、返済をスムーズに行うことができます。ただし、随時返済は約定返済とは別の返済とみなされるため、別途、約定返済を行う必要があるので、注意して活用していきましょう。

3.約定返済でお金を返せない場合

万が一、約定返済でお金を返せなかった場合、どのようなデメリットが生じるのでしょうか。詳しく紹介します。

信用情報に影響が

信用情報に傷がついてしまうのがデメリットです。約定返済を遅延したり、長期間にわたって返済しなかった場合、個人信用情報に情報が記録されます。

信用情報に傷がついてしまうと、どれだけ年収が高かったとしても、金融機関からお金を借りることができなくなったり、クレジットカードが発行できなくなる可能性があります。

遅延損害金がかかる

約定返済日から1日でも返済が遅れてしまったら、通常の利息以外に、遅延損害金を支払わなければなりません。遅延した場合の金利は、貸金業法上の上限が20.00%となっているため、多くの金融機関でこれに近い数字が設定されています(JCBのカードローン「FAITH」の場合は、年率20.00%)。

返済に遅れると、遅延損害金が発生するため、支払い忘れがないように注意が必要です。

4.カードローン返済のコツ

カードローンの利息を抑え、返済を早く終わらせるためにはどのようにすればいいのでしょうか。

最後に、カードローン返済のコツについて紹介しましょう。

約定返済額は最低支払金額のままにしない

約定返済額が少額だと、元金がなかなか減っていきません。元金を減らすためにも、約定返済額は無理のない範囲で設定する必要があります。

約定返済額を自分で設定しない場合、基本的には各カードローン会社が定めた支払金額が設定されることになります。設定されている約定返済額をきちんと確認するようにしましょう。

なお、JCBのカードローン「FAITH」には、「残高スライド方式」(ご利用残高に応じてお支払い元金が変動する返済方式)と「毎月定額元金払い」の2種類の支払い方法があります。支払金額の変更ができるのは「毎月定額元金払い」のみです。

随時返済で元金を減らす

随時返済では、返済金額をすべて元金の返済にあてることができるので、早い段階で随時返済を活用し、元金自体を減らしていくことが、返済を早く終わらせるためのポイントとなります。金利は元金に対してかかるため、元金が減れば、その後の利息も抑えることができます。

随時返済と約定返済によって、生活に必要なお金がなくなってしまっては困りますので、ボーナスや臨時収入があったタイミングや、節約で浮いた分のお金を随時返済に回し、効率良く返済していきましょう。

5.約定返済を守って、賢くカードローンを
利用しよう

約定返済とは、決められた日に決められた金額を返済することです。約定返済日に返済を守らなければ、信用情報に傷がつき、遅延損害金を支払う必要があります。約定返済は必ず守って、計画的に返済していきましょう。

効率的に返済を進め、利息の負担を軽減させるためにも、随時返済も行っていくことがポイントとなります。ご紹介した返済のコツを参考に、賢くカードローンをご利用ください。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

この記事に関連するカード

信頼のカードローン「FAITH」

  • 年利4.40~12.50%の低金利(当社比)設定
  • 借入限度額は50万~500万円
  • WEBで申し込み完結
  • 最短即日審査完了
  • 借り換え・おまとめにも対応
  • 手数料無料で全国15万台以上のCD・ATMを利用可能
  • インターネットまたはお電話の申し込みで最短数十秒でお振り込み

お申し込みはこちら

ページの先頭へ