ページの先頭です

後払いのメリットとは?後払いできないときの決済方法も紹介

後払いのメリットとは?後払いできないときの決済方法も紹介

近年では、インターネット通販などの決済方法として、後払いが導入されるようになってきました。
これまでは前払い決済が主流でしたが、後払いの認知度が高まってきています。
ここでは、決済方法のひとつである後払いの利用方法や、メリット・デメリットをご紹介します。また、後払いが選べないときの代替となる決済方法についても見ていきましょう。

目次

後払いの利用方法

後払いとは、購入した商品やサービスを先に受け取り、後から決済する方法です。後払いは、かつて通信販売でよく利用されていた決済方法でした。
現在、後払いをよく利用するシーンとしては、インターネット通販があります。購入画面で後払いを選択して決済し、商品到着後、請求書に記載されているとおり、コンビニや銀行などで、現金・電子マネーで支払います。銀行や郵便局での振り込みも可能です。

また現在は、決済アプリを使うことで、コンビニなどでの買い物を後払いにすることもできます。
例えば、携帯電話のキャリアが提供しているサービスには、買い物をした金額を携帯料金の支払時にまとめて精算する支払方法があります。登録したスマホアプリで決済し、支払い方法として携帯料金の合算支払いを選んでおくことで、後払いにすることが可能です。

後払いのメリット

後払いは、前払いや即時払いと比べて、メリットがいくつかあります。続いては、後払いのメリットについて詳しく見ていきましょう。

事前にお金を用意する必要がない

事前にお金を用意する必要がないという点は、後払いのメリットといえるでしょう。お金を持っていないときでも、タイミングを逃さずに買い物ができます。

支払前に商品を確かめることができる

後払いのメリットとして、支払前に商品を確かめられることも挙げられます。インターネット通販などでの買い物は現物を見ることができないため、不安に感じることも少なくありません。後払いであれば、届いた商品をチェックしてから支払うことができるため、安心して買い物ができます。

クレジットカードを使わず通販で買い物できる

通販を利用する際に、クレジットカードがなくても買い物ができるのが後払いのメリットです。年齢制限などでクレジットカードを持っていない場合や、セキュリティ上の不安などでクレジットカードを使いたくないという場合でも、後払いであればクレジットカードを使わずに買い物ができます。

ポイントがたまる

後払いを利用することで、ポイントがたまる場合もあります。決済に使うアプリやサービスによっては、クレジットカードのようにポイントがたまり、次の買い物で使うことができます。

後払いのデメリット

後払いには多くのメリットがありますが、デメリットも理解したうえで利用するようにしましょう。続いては、後払いのデメリットを3つご紹介します。

手数料がかかる

インターネット通販などで後払いを選択すると、手数料がかかる場合があります。手数料は100円から数百円程度ですが、何度も使っていると大きな金額になります。振り込みの場合も、振込手数料は利用者負担となっていることが一般的です。

支払いに行く手間がかかる

後払いでコンビニ払いや銀行払いを選んだ場合、店舗まで支払いに行く手間がかかることもデメリットといえるでしょう。支払える店舗が近くにあれば手間ではないかもしれませんが、そうでなければ支払いに行くのが手間だと感じてしまうかもしれません。

払い忘れることがある

後払いを選んだ場合、先に商品やサービスが届くため、クレジットカードなどの自動振替とは異なり、つい支払いを忘れてしまうことがあります。支払期限を過ぎてしまった場合、店舗や後払い決済代行業者から連絡がありますが、連絡後すぐに支払えば大きな問題にはなりません。
しかし、支払いを放置し続けてしまうと、支払いが遅れた分の遅延損害金が加算されてしまいます。さらに、督促があっても放置していると、少額訴訟を起こされたり、警察に被害届を出されたりすることもあります。

後払い決済サービスが導入されていない場合の対応方法

インターネット通販や店舗が後払い決済に対応していなければ、当然後払い決済は利用できません。そのような場合でも、以下のように先に商品やサービスを手に入れて、後から支払う方法があります。詳細について見ていきましょう。

クレジットカード決済を利用する

後払い決済ができない場合は、クレジットカードで決済する方法があります。
クレジットカードを利用した場合は、クレジットカード会社から店舗に購入代金が支払われ、利用者にはクレジットカード会社から請求が届くというしくみになっています。そのため、利用者が買い物をしてから実際に購入代金を支払うまでには1~2ヵ月のずれがあり、結果的に支払いのタイミングを後にずらすことが可能です。

ただし、決済自体はクレジットカードを利用した時点で完了しているため、支払前に商品を確かめられるといったメリットはなくなってしまいます。

カードローンを利用する

支払時期を遅らせる方法としては、カードローンの利用も挙げられます。カードローンとは、銀行や信販会社、クレジットカード会社、消費者金融などが提供している個人向けの融資サービスです。審査に通れば、設定された利用限度額の範囲内で、いつでも現金を借りることが可能です。

店舗で決済する場合は、カードローンで借り入れた現金を使って支払います。また、インターネット通販の場合は、借り入れた現金で代金引換払いなどを利用します。借り入れた金額は、翌月以降の毎月決まった日に支払うことになるため、クレジットカード決済と同様、結果的に支払いのタイミングを後にずらすことができるのです。

なお、カードローンとクレジットカード付帯のキャッシングは似たサービスですが、その違いは金利設定です。クレジットカード付帯のキャッシングは、年利15.00~18.00%程度と高めに設定されていることが一般的です。しかし、カードローンは提供元によっても異なりますが、銀行系と信販・クレジットカード系カードローンでは、クレジットカード付帯のキャッシングよりも金利が低い傾向があります。
金利が低ければ支払う利息は抑えられるため、金利の低いカードローンを利用することをおすすめします。

JCBカードローン「FAITH」の特徴

カードローンは、提供元によって金利設定やサービスの内容が異なります。そのなかでも、JCBカードローン「FAITH」は、金利が年4.40~12.50%と低く(当社クレジットカード比)設定されているのが特徴です。借入金額5万円以内でキャッシング1回払いを選択すれば金利5.00%で借りられるサービスがあり、短期・少額の借り入れにも対応しています。

借入限度額は最大500万円。WEB上で24時間いつでも申し込みが可能で、審査は最短で即日終了し、メールで結果を知ることができます。審査に通った場合は、最短3営業日でカードが届き、借り入れが可能です。

金利手数料が低いカードローンを事前に申し込んでおこう

現金を用意する必要がないため、タイミングを逃さず買い物ができるのは、後払いの大きなメリットです。しかし、インターネット通販や店舗が対応していなければ後払いは利用できません。

そのような場合に便利なのがカードローンです。カードローンを利用することで、先に商品やサービスの支払代金を準備して後から計画的に返済することができます。クレジットカード付帯のキャッシングも似たサービスですが、金利はカードローンのほうが低い傾向にあります。

また、金利の低いカードローンを選べば、利息を抑えることが可能です。金利が年4.40~12.50%と低く設定されている、JCBカードローン「FAITH」のご利用をぜひ検討してみてください。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

この記事に関連するカード

信頼のカードローン「FAITH」

  • 年利4.40~12.50%の低金利(当社比)設定
  • 借入限度額は最大500万円
  • WEBで申し込み完結
  • 最短即日審査完了
  • 借り換え・おまとめにも対応
  • 手数料無料で全国15万台以上のCD・ATMを利用可能
  • インターネットまたはお電話の申し込みで最短数十秒でお振り込み

お申し込みはこちら

ページの先頭へ