ページの先頭です

カードローンの返済のコツを徹底解説!

カードローンの返済のコツを徹底解説!

借りたお金は、必ず返済しなければなりません。カードローンは、銀行から預金を下ろすような感覚で気軽にお金を借りられるので、気が付いたら、ついつい借りすぎてしまうものです。
カードローンでお金を何度も借りていると、元金だけでなく利息の金額も増えますので、返済計画はしっかりと立てるようにしましょう。
ここでは、カードローンを効率的に返済するためのコツや、返済方法を改める際の注意点について紹介します。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

1.カードローンの返済計画を見直すべき人

すでにカードローンを利用しており、返済に苦労しているという人は、効率的に返済するために、一度返済計画を見直すべきかもしれません。
例えば、長期間返済しているにもかかわらず、元金がなかなか減らないという人は、元金ではなく利息ばかり返済している可能性があります。カードローンによっては、毎月設定されている返済額に、元金と金利の両方が含まれている返済方法をとっているものがあります。この場合、借り入れた金額が多ければ、毎月の返済額の大半を利息の返済にあてることになってしまいます。
なお、JCBのカードローン「FAITH」は、毎月一定額のお支払い元金と利息を合わせた金額を返済する方式を用意しているため、効率的に元金を減らしていくことが可能です。

また、毎月の返済が日々の生活を大きく圧迫している場合も問題です。返済計画を見直すことで、毎月返済し続けながらも、生活に余裕が生まれる可能性があります。
返済を滞納したり、遅延が度々生じたりする場合は、返済計画に無理があるということです。現状の収入でも無理なく返済できるプランに見直したり、借り入れを抑制する必要があるでしょう。
遅延が長期化すると、自宅や職場に連絡が来たり、裁判にて解決しなければならない場合があります。また、信用情報にも傷がつくため、ほかのローンやクレジットカードが利用できなくなってしまう可能性があります。
滞納や遅延を起こしてしまっている人は、早急に返済計画を立て直すべきでしょう。

2.カードローンを効率的に返済するために

カードローンを利用している人はもちろんのこと、これからカードローンを利用する予定の人も、効率的に返済するためのコツを押さえておくことをおすすめします。
ここからは、カードローンの効率的な返済のポイントについて説明していきます。

必要最低限のお金だけを借り入れる

カードローンの返済が苦しくなる理由のひとつに必要以上にお金を借りすぎている可能性があります。ブランド物の購入や旅行など、生活費以外に使うお金まで借りている場合は、必要最低限のお金だけを借りるように、収支を見直してみてください。

また、金利の低いカードローンだと、「おトクだから」という心理が働き、ついつい借りすぎてしまう場合があります。しかし、いくら金利が低くても、借りるお金が増えればその分利息も増えますので注意が必要です。
カードローンを利用する際は、必要最低限の借り入れにとどめるよう心掛け、返済計画を定期的に見直すようにしましょう。

金利の低いカードローンに変更する

カードローンは、商品によってさまざまな金利が設定されています。金利が低いほど、毎月支払う利息も少なくなり、返済総額を抑えることにつながります。
とはいえ、カードローンの金利は交渉して引き下げることができないため、金利を下げる場合は、金利の低いカードローンに借り換えなければなりません。

カードローンを借り換える場合は、新たなカードローン会社に「借り換えでの利用」というむねを伝えたうえで申し込みます。審査を通過したら新しいカードローンから資金を調達し、過去の借入先への返済を済ませます。そして、新しいカードローンへの返済を行っていくことになります。

繰り上げ返済を活用する

通常の返済だけでなく、別途支払う「繰り上げ返済」を活用することで、カードローンを効率的に返済することができます。
繰り上げ返済は特別な手続きが必要なく、通常の返済と同様、提携ATMや口座に振り込むことで行えます。繰り上げ返済は、元金の返済にすべてあてられるため、長期的に見て利息を抑えることにつながります。
まとまった金額ではなく、少額を繰り上げ返済するだけでも負担は軽減されます。収入や生活に余裕のある月は、積極的に繰り上げ返済を行いましょう。

おまとめローンを活用する

複数のカードローンから借り入れている場合は、「おまとめローン」を利用するのもひとつの手です。
おまとめローンを利用すれば、借入元が1ヵ所になり、返済日も集約されるため、お金の管理がしやすくなります。また、複数のカードローンからお金を借りるよりも、1つのカードローンの利用限度額をあげたほうが、金利を低くできる可能性が高いです。これにより、利息の負担を軽減することができるため、返済効率をあげることが可能になります。

3.返済方法を改めるときの注意点

カードローンの返済効率を上げるコツについて見てきましたが、毎月の返済額は多すぎても少なすぎても借金に苦しむことになってしまいます。
ここからは、返済方法を改める際に注意すべきポイントを解説します。

毎月のお支払い元金を減らすと完済が遅くなる

低金利なカードローンに借り換えず、いま契約しているカードローンの毎月のお支払い元金を減額すれば、目先の負担は軽減されます。しかし、返済期間が長くなれば、その分利息の金額は増えてしまうことになります。
返済計画は長期的に考えなければなりません。毎月の負担は減るものの、長い目で見ると返済額が増加してしまうこの手法は、本当に自分にとって望ましいのかしっかり考えるようにしましょう。

無理に返済すると生活に困窮する

毎月の返済額を引きあげたり、繰り上げ返済を活用したりすれば、完済までの期間が短くなり、利息の負担も軽減されます。しかし、これによって日々の生活が苦しくなる可能性もあります。
また、給料の大半を返済にあてるといった非現実的な計画は、新たにお金を借りる原因にもなりやすいです。カードローンの返済は無理のない範囲で行い、余裕のあるときに多めに返済することをおすすめします。

4.効率的に返済してカードローンを賢く利用しよう

カードローンは、お金に困ったときに気軽に借り入れができる便利なものです。しかし、無計画に借り入れると、返済が苦しくなってしまうといったデメリットもあります。
効率的に返済を行っていくためにも、必要な分だけお金を借りるよう心掛け、できるだけ低金利の商品を選ぶようにしましょう。また、カードローンの借り換えやおまとめローンの活用で、月々の返済負担を軽減できる可能性があります。まずは自分のお金の使い方を見直して、より効率的な返済ができる手段を選ぶようにしてください。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

この記事に関連するカード

信頼のカードローン「FAITH」

  • 年利4.40~12.50%の低金利(当社比)設定
  • 借入限度額は最大500万円
  • WEBで申し込み完結
  • 最短即日審査完了
  • 借り換え・おまとめにも対応
  • 手数料無料で全国15万台以上のCD・ATMを利用可能
  • インターネットまたはお電話の申し込みで最短数十秒でお振り込み

お申し込みはこちら

ページの先頭へ