ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

海外のホテルやレンタカーで請求されるデポジットとは?海外旅行でクレジットカードが必要な理由

海外のホテルやレンタカーで請求されるデポジットとは?海外旅行でクレジットカードが必要な理由

海外旅行でホテルにチェックインする際、宿泊費とは別に「デポジット」を請求されることがあります。また、レンタカーを借りる際にもデポジットが必要なことがあり、戸惑う方も少なくないようです。
そのときになって慌てないように、渡航する前に知っておきたいデポジットについて、その意味と正しい知識を身に付けておきましょう。

目次

デポジットとは?

デポジットとは、「一時的な預かり金」あるいは「保証金」を意味します。
ホテルに宿泊して食事などのサービスを利用しても、精算せずに逃げてしまう宿泊客がいたりします。レンタカーを、前払いで借りても、レンタル期間を無視したり、事故を起こしてそのまま乗り捨ててしまったりする利用者がいないとも限りません。
もちろん、ホテルやレンタカー会社は、追跡して請求したり、訴えたりすることはできますが、手間と時間、そしてコストがかかります。そうしたことを未然に防ぐために、あらかじめ保証金として一定の金額を預かっておくのがデポジットというシステムです。

デポジットを請求されたからといって、疑われているわけではない

日本国内の旅館やホテルでは、チェックインする際にデポジットを求められることは少ないです。そのため、初めて海外旅行をする人であれば、デポジットを要求されることに戸惑うかもしれません。

しかし、最近は日本でも飲食店に大人数の予約を入れておきながら、当日になって連絡もせずに来店しない、いわゆる「ノーショウ」が問題となっています。多くの食材を仕入れて準備していた店側からすれば大打撃となるため、安易に予約を受けづらくなってしまうのです。

ノーショウのような被害を参考にすれば、デポジットは、極めて合理的なしくみと理解できるはず。もちろん、デポジットを要求されたからといって、あなたが危険視されているわけではありません。

デポジットの対応の仕方

デポジットには、いくつかの方法があります。基本となるのは、クレジットカードによるデポジットです。クレジットカードを提示するだけでOKの場合や、カードのコピーをとるだけで良い場合、あるいは実際に保証金としていくらかの金額をカードで支払いする場合など、ホテルや店舗によってその対応は異なります。
また、クレジットカードを持っていない場合は、保証金として宿泊費とは別に、一定額の現金を請求されることがあります。
もちろん、デポジットで支払った金額は、あくまでも「保証金」や「一時預かり金」です。精算時に戻ってくるお金なので、忘れずにチェックしましょう。

クレジットカードは支払い能力を証明する身分証

デポジットは、実際に金額を支払わなくても、クレジットカードを見せるだけだったり、カードのコピーをとっておくだけで済む場合があるとご紹介しました。これは、クレジットカードを持っているだけで、その人物に「十分な支払い能力がある」ことが保証されるためです。
現金払いの習慣がある方にはあまりピンと来ないかもしれませんが、カード払いが一般的な海外では、クレジットカードはすなわち「その人の支払い能力」を示します。そもそもクレジットカードは、安定した収入と信用がなければ持つことはできません。そのため、デポジットの際も、あなたの支払い能力を示す身分証としてクレジットカードが使われているのです。海外旅行へ行く前に、クレジットカードを用意するのが良いといわれるのはそのためです。

スタンダードな一般カードよりもゴールドカード、さらにプラチナカードやブラックカードといったグレードの高いクレジットカードのほうが、信頼性やステータスも高いといえるでしょう。しかし、高級ホテルだからといって「ゴールドカード以上でないとデポジットが通らない」ということはあまりないでしょう。

ホテルでのデポジットの流れは?

では、海外のホテルでは、実際にどのようにデポジットのやりとりが行われるのでしょうか。チェックイン時とチェックアウト時、その後の対応について見ていきましょう。

ホテルでのデポジットの流れは?

チェックイン時のデポジット

クレジットカードを持っていれば、チェックインの際に提示したり、コピーをとっておくだけで済む場合が多いでしょう。
また、WEBですでに予約し、宿泊費をカード決済している場合でも、デポジットは別途請求されると考えておいたほうがいいでしょう。その金額はホテルによって異なりますが、おおよそ1泊から2泊分の宿泊費が相場です。

クレジットカードを持っていない場合、あるいはカードを使いたくない場合には、現金でデポジットを預けることになります。場所によってはクレジットカードの提示ではなく、現金で保証金を預ける場合もあります。
ただし、それだけの現金を用意するのは両替の手間がかかりますし、為替手数料が上乗せされて割高になります。特別な理由がないのなら、クレジットカードで支払ったほうがよいでしょう。

チェックアウト時のデポジット

チェックアウト時には、滞在中に利用したルームサービスなどがあった場合、宿泊費以外の追加請求がチェックイン時に使用したクレジットカードで精算されます。その場合、追加料金をデポジットから差し引いたうえで返金されますが、デポジットを超える料金がかかった場合は、その分が追加請求されます。なお、デポジットを現金で預けた場合も、同様の処理が行われます。

カードに保証金を請求する「プリオーソライゼーション」

近年では、「プリオーソライゼーション」という方式が広まってきています。これは、チェックイン時に提示されたクレジットカードが問題なく使用できるか確認するため、仮チャージを行うという方式です。「クレジットカードが本当に有効かどうかを試す」のですが、例えば1泊分の料金をチャージすることで、一定の金額を支払うことになります。
海外ではこの方法が一般的になってきているため、説明されないことも多いようです。初めて海外旅行をする人にとっては、後日カードの利用明細を見たときに「よくわからない請求があるけど、これは何?」と不安になることがあるかもしれません。そうした場合は、利用日時と支払先をよく確かめてみてください。

デポジットの返金処理のタイミングは?

チェックイン時に請求されたデポジットは、チェックアウト時に返金されます。しかし、プリオーソライゼーションの場合、実際の返金処理はチェックアウトの数日後ということが多いようです。そのため、チェックインとチェックアウトのタイミングによっては「カードの利用明細にデポジット分が請求されているのに、返金分が記載されていない」ということもあります。
これは、クレジットカードの利用日と締め日との関係から起こります。事前に確認したいようであれば、クレジットカードの利用状況をWEBでチェックするか、カード会社に問い合わせてみるとよいでしょう。

海外旅行におすすめのJCBのクレジットカードは?

ここまで紹介してきたように、海外旅行へ出かける際、クレジットカードは必須のアイテムといってよいでしょう。クレジットカードは支払い能力を示す保証になり、社会的地位を示す身分証にもなるからです。
では、海外旅行でさらに便利に使えるクレジットカードには、どのような種類があるのでしょうか。日本で生まれた、ただひとつの国際カードブランドであるJCBカードの中から、海外旅行に最適なクレジットカードについて紹介しましょう。

高いポイント還元率で、海外でもポイントがつく「JCB CARD W/JCB CARD W plus L」

多くのカード会社では、国内外でのクレジットカード利用に対して、ポイントを増額するサービスを設定しています。カードブランドによって内容は異なりますが、JCB CARD W/JCB CARD W plus Lなら、高いポイント還元率でポイントはつねに2倍以上。しかも、年会費は無料です。ただし、お申し込みは39歳までとなります。

JCB CARD W/JCB CARD W plus L

海外の多くの国では、日本以上にカード払いが普及しており、喫茶店や屋台のようなお店でも「支払いはカードで」というのが多いです。食事や買い物のたびにポイントがたまるのは、とても大きなメリットです。

「JCBゴールド」や「JCBプラチナ」なら安心感も大きい

一般カードよりも上位にあるゴールドカード、さらにその上のプラチナカードは、持っていること自体がステイタスの証です。しかも、海外旅行傷害保険の補償金額も大きく、安心です。
JCBの場合、一般カードでは海外旅行傷害保険が最高3,000万円のところ、「JCBゴールド」や「JCBプラチナ」では、最高1億円までの補償額となります。

JCBゴールド

しかも、この補償枠は、自動付帯の扱いです。一般カードの場合、クレジットカードの利用分に対して補償が受けられる利用付帯ですが、JCBゴールドやJCBプラチナでは、カードを持っているだけでさまざまな損害に対して補償を受けることができます。これは、ゴールド以上のクレジットカードの大きな特徴で、海外旅行が多い方にとってうれしい補償です。

海外旅行をサポートするJCBならではのサービス

海外旅行でクレジットカードが役立つのは、デポジットやポイント還元だけではありません。JCBでは、海外旅行でのさまざまなシーンで充実したサービスを提供しています。

海外旅行先現地にある、日本語対応のサービス窓口

JCBでは、海外の主要都市に「JCB PLAZA」を設置しています。ここは、JCBカード会員が利用できる、海外旅行先での日本語対応によるサービス窓口です。現地の観光案内やレストランの予約などができる「JCBプラザ」と、それらのサービスに加えてフリードリンクやマッサージ機などで自由にくつろげる「JCBプラザ ラウンジ」があります。

JCBプラザ

JCBカード・パスポートの紛失や荷物の盗難などトラブルにあったときは対処の仕方をガイドしたり、レストランやアクティビティの予約をしたり、JCBプラザ ラウンジでは手荷物の一時預かりサービス(貴重品など一部除く)もあるなど、海外旅行滞在時のサポートをしています。
JCBプラザは、JCBカード会員であれば誰でも利用でき、安心、快適な海外旅行をサポートしています。ぜひ、お立ち寄りください。

  • JCBプリペイドなど、一部本サービスの対象とならないカードがあります。

出発前に現地で役立つ情報をキャッチできる

海外旅行へ出かける前には、WEBを使って現地の情報をチェックするでしょう。そんなときに便利なのが、海外の旬な情報を提供するJCBの海外旅行情報サイト「たびらば」です。トップページから旅行先の国やエリアを選べば、各地の最新情報を調べることができます。
人気のレストランや観光スポット、おすすめのお土産などの情報記事が盛りだくさんで、現地でどこに行こうか迷ってしまうほどです。カード会員限定の優待サービスも豊富で、WEB上でレストランの予約や、気になるお店を選んで自分だけのオリジナルガイドブックを作れる機能もあります。出発前にしっかりチェックしておけば、旅がいっそう充実した楽しいものになるでしょう。

海外で役立つクレジットカードは旅行の必需品

海外でのデポジットでは、クレジットカードが必須ということをご紹介しました。しかし、海外旅行でのクレジットカードのメリットは、それだけではありません。
JCBが行った「クレジットカードに関する総合調査」(2018年度)によると、日本のクレジットカードの保有率は84%と高いものの、利用頻度では「ほぼ毎日使う」層が7%と、極めて少数派でした。しかし、海外では現金以上にクレジットカードが利用されている国や地域もあります。ホテルのデポジットだけでなく、現金よりもクレジットカードのほうがおトクで便利です。両替の手間や手数料もいりませんし、どこに行って何を買っても、クレジットカードひとつでスピーディーに支払いができるケースがほとんどなので、ストレスがありません。
海外旅行の予定があるけれど、まだクレジットカードは持っていないという方は、いまのうちに自分に合ったカードを持っておくべきでしょう。海外の行く先々で、きっと「クレジットカードを作っておいて良かった!」と実感できるはずです。

注意事項

  • 本ページ記載の内容は2019年8月現在のものです。
  • また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB CARD W

・ポイントは常に2倍以上で年会費はずっと無料!
・39歳以下/WEB入会限定のクレジットカード!

JCB CARD W plus L

・ポイントは常に2倍以上で年会費はずっと無料!
・39歳以下/WEB入会限定のクレジットカード!

ページの先頭へ