ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

電子マネーとは?クレジットカードとの違いや選び方のポイントを解説

電子マネーとは?クレジットカードとの違いや選び方のポイントを解説

キャッシュレス化が進み、電子マネーの利用率は年々高まっています。種類も増え、どのサービスを利用すべきか迷う人も多いのではないでしょうか。この記事では、電子マネーの概要とメリット、利用する上での注意点などを紹介しています。また、クレジットカードとの違いや、双方の上手な使い分け方もわかりやすく解説します。

目次

電子マネーとは

「電子マネー」とは、カードやスマートフォンにチャージされる電子データ化されたお金で、商品やサービスの代金を支払う決済手段のことです。
主な利用方法として、カードやスマートフォンを端末にかざすことで支払う「非接触型決済」と、QRコードやバーコードを利用して支払う「コード決済」があります。いずれの方法も、財布から現金を出し入れせずに支払いが完了するのが特長で、コロナ禍の影響で利用者も増加傾向にあるようです。

電子マネーの種類

電子マネーは発行会社や支払い方法の違いによって、いくつかのタイプに分けられます。

・交通系

公共交通機関が発行する電子マネーです。代表的なものとして、SuicaやPASMOなどが挙げられます。
電車やバスなどの運賃はもちろん、自動販売機や売店、コンビニなどでも広く利用が可能です。

・流通系

大手流通系企業が発行する電子マネーです。nanacoやWAON、楽天Edyなどが該当します。
買い物で利用することによってポイントも付与されます。たまったポイントは加盟店舗で利用が可能です。

・コード決済系

PayPayやメルペイなど、スマートフォンにアプリをインストールして支払いをする電子マネーです。

・クレジットカード系

QUICPay(クイックペイ)TM やiDなど、クレジットカードを電子マネーに紐づけることで幅広く利用が可能となります。
また、iPhoneはApple Pay、 Android のスマートフォンは Google Pay を利用することで、複数の支払い方法をまとめて管理できます。

電子マネー決済の支払い方法

電子マネーは、3種類の決済方法があります。

・プリペイド型(前払い式)

事前にアプリやカードに現金をチャージして利用する方式です。チャージした金額しか使えないため、使いすぎの心配がありません。しかし、残高不足で焦らないように、支払い前には残高を確認しておきましょう。
なお、チャージ額の上限はサービスによって異なります。

・ポストペイ型(後払い式)

クレジットカードを紐づけしている電子マネーで、クレジットカードと同様に利用額が後日引き落とされます。
ポストペイ方式の特徴は、「事前のチャージが不要」な点です。残高不足の心配がない分、使いすぎて「想定していたよりも多くの請求がきていた」ということもあるため、注意が必要です。

・デビット型(即時払い式)

デビットカードを紐づけしている電子マネーで、支払いと同時に銀行口座から即時に引き落とされます。口座の残高内で使えるため、審査の必要がありません。

電子マネーのメリットとデメリット

電子マネーのメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

電子マネーのメリット

1.支払いがスピーディ

電子マネー決済によって、スムーズな会計が実現できます。財布から現金を取り出したり、小銭の計算をしたりする必要もなく、手間がかかりません。さらに、スマートフォンアプリと連動させている場合、カードの持ち歩きも不要で、より手軽に支払いができます。

2.多額の現金を持ち歩く必要がない

電子マネーの大きなメリットとして挙げられるのは、現金を持ち歩かなくて良い点です。ATMから現金を引き出すことや、大きな財布や重たい小銭を持ち運ぶ必要がなくなります。盗難被害や紛失の防止にもなるでしょう。

3.プリペイド式であれば、事前チャージで使いすぎを防げる

プリペイド式は事前にアプリやカードに現金をチャージして利用するため、「気が付いたら多額の金額を使用していた」という心配がありません。

4.クレジットカードを支払い先に指定できる

ポストペイ型の電子マネーの場合は、クレジットカードで支払いを行います。そのため、クレジットカードに付帯するサービスのポイントを貯めることが可能です。また、クレジットカードを支払い先に指定することで盗難・紛失の補償があり、安心して利用できます。なお、利用する種類によってはポイント還元制度があるものも存在し、よりおトクにお買い物ができるでしょう。

電子マネーのデメリット

1.プリペイド式のカードはあらかじめ現金をチャージする必要がある

プリペイド式の電子マネーは、事前にチャージをしないと使用できません。支払いに時間や手間がかからないのが利点ですが、会計時に残高が足りずチャージをするのは少々手間がかかります。
プリペイド式の電子マネーには「オートチャージ機能」が付いているものもあります。オートチャージ機能は、電子マネーの残高が一定金額を下回った際に、クレジットカードや銀行口座から自動でチャージされるため、とても便利です。

2.一度チャージをすると現金に戻すことが難しい

特にプリペイド式電子マネーを利用する人のなかには、一度にまとめて多額のチャージをしておく人もいるでしょう。しかし、チャージしたお金は、現金に戻すことが難しくなります。こちらも、クレジットカードを電子マネーと連携させることで、必要なときに必要な分だけ利用し、解決できるでしょう。

3.オンライン決済のため、通信環境が悪くなると利用できない

基本的に電子マネー決済は、電気と通信を利用しています。そのため、通信状況が悪い場所や、災害によって通信障害が起きると、支払いができなくなる可能性があります。

このほかにも、利用できる店舗が限られていたり、使いすぎてしまったりといった点に注意が必要です。

クレジットカードとの違いや上手な使い分け方とは

ここでは、電子マネーとクレジットカードの違いや、上手な使い分け方を紹介します。

クレジットカードとの違いは?

クレジットカードは、個人や法人の信用を元に商品代金を立て替えしているため、支払い方法はポストペイ型(後払い式)のみとなります。国際ブランドを持つクレジットカードであれば、国内外で使用可能です。電子マネーと違い、支払い時にサイン、もしくは暗証番号を求められることが多いでしょう。
また、クレジットカードは普段のお買い物以外にも、水道光熱費や電話代などの支払いに利用できます。付帯保険などの各種サービスが付いているのも特長です。
なお、クレジットカードを作成する際には与信審査が必要となります。

クレジットカードと電子マネーの上手な使い分け方

クレジットカードと電子マネーは、どちらか一方だけを使うのではなく、それぞれの良さを生かした利用方法がおすすめです。

例えば、駅の売店や自販機などや、少額の支払いや急いでいるときには、手軽にすぐ支払いできる電子マネーが適しているでしょう。
一方、高額商品を購入するときは、クレジットカードがおすすめです。クレジットカードの限度額は電子マネーより高く設定されているので、高額な買い物をしやすいというメリットがあります。また、リボ払いや分割払いなど、各種支払い方法の選択もできる他、電子マネー非対応の店舗でも、クレジットカードには対応している場合が多くあります。

電子マネーとクレジットカードをひとつにまとめて便利に使おう

電子マネーとクレジットカードを紐づけしたり、電子マネー一体型のクレジットカードを利用したりすれば、より便利です。また、電子マネーやクレジットカードの種類によっては、携帯しやすいコイン型やキーホルダー型の電子マネーを発行してもらうこともできます。

電子マネーとクレジットカードを連携させるには

電子マネーとクレジットカードの両方を利用するのであれば、双方を連携させると良いでしょう。電子マネーとクレジットカード、それぞれのメリットを受けられ、出費の管理も楽になります。
以下では、電子マネーとクレジットカードを連携させる方法を紹介します。

方法1:すでに持っているクレジットカードをApple Payや Google Pay に紐づけ設定する
すでにクレジットカードを所有している場合、この方法が一般的です。
電子マネーとクレジットカードにはそれぞれ相性があり、連携するサービスによってポイントが大きくアップするなど、よりおトクに利用できるものもあります。連携させる前に、自身が利用しているカードと相性の良い電子マネーを調べてみましょう。
JCBカードには、「Apple Pay」「 Google Pay 」と連携し、お店の端末にスマートフォンをかざすだけで簡単に支払いができる「モバイル決済」サービスがあります。

モバイル決済については以下の情報もご覧ください。
モバイル決済

方法2:電子マネー一体型クレジットカードを申し込む
電子マネーと一体型のクレジットカードは、カード本体が電子マネーカードとなるため、わざわざ紐づけをしなくてもカードリーダーにかざすだけで支払いができます。
JCBカードには「QUICPay/JCB搭載型カード」があります。クレジット機能とQUICPay機能を両方かねそなえたカードです。

ラクに使えるQUICPayならJCBカードがおすすめ

また、JCBカードは下記のように、カードやコイン型などさまざまなタイプのQUICPayにも対応しています。
QUICPayは、クレジットカードやスマートフォン等をお店のレジのリーダーにかざすだけで支払いが完了する、「簡単・おトク」な支払方法です。クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードの支払いに対応しており、お手持ちのJCBカードと紐づけることでポイントやマイルをよりオトクに貯められます。

カードタイプ

・QUICPayカード
可愛らしいイメージキャラクター「キューペイ」がデザインされたカード型QUICPayです。

・QUICPay(nanaco)
nanacoカードとQUICPayの電子マネー2つが使えるカード型QUICPayです。

その他のタイプ

・QUICPayコイン
コンパクトなコイン型QUICPayです。リストバンドに装着したり、コインケースに入れたりと、手軽に持ち運びができます。

・ANA QUICPay+nanaco
通常のQUICPayとnanacoカードの機能に加え、ANA国内線の搭乗がタッチでできる「スキップサービス」が付いています。
※ANA JCBカードまたはJCBカード/プラスANAマイレージクラブをお持ちの方が対象になります。

・QUICPay for ディズニー★JCBカード
ミッキーマウスをイメージしたキーチェーン型のQUICPayです。パークや、ディズニーストアでのお買い物に使える「ディズニーポイント」もたまります。
※ディズニー★JCBカードをお持ちの方が対象になります。

まとめ

電子マネーやクレジットカードにはそれぞれの良さがあります。特長を理解して上手に使い分けることで、日々の生活やお買い物が快適になります。ライフスタイルに合わせて、使いやすい電子マネーを選びましょう。

関連リンク

「 Google Pay TM (グーグルペイ) とは? 設定方法やメリットを解説」

「Apple Pay(アップルペイ)の便利な使い方! 対応カードの設定方法やメリットを解説 」

注意事項

本ページ記載の内容は2021年11月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB一般カード

安心と信頼のJCBのスタンダードカード

JCB カード W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB カード W plus L

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCBゴールド

ゴールドカードならではの安心とクオリティーを兼ね備えた1枚

JCBプラチナ

自分らしく生きるあなたのためのスタイリッシュなステータスカード

ページの先頭へ