ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

クレジットカードを便利に活用する

国民年金のクレジットカード払いを検討している人必見!その方法とメリットとは

公開日:2021年12月01日
更新日:2021年12月01日

国民年金のクレジットカード払いを検討している人必見!その方法とメリットとは

国民年金をクレジットカード払いにすると、多くのメリットがあることはご存じでしょうか。この記事では国民年金をクレジットカード払いにすることのメリットや注意点に加えて、JCBカードならではのサービスについてもご紹介します。

キャンペーン実施中!

国民年金の仕組み

日本国内に住所があるすべての人は、公的年金に加入する義務があります。
現在の公的年金制度は「国民年金」、「厚生年金」の2種類があり、働き方や雇用形態などによって加入する年金制度が決まります。

国民年金は20歳以上60歳未満のすべての人が加入対象となる年金制度です。基礎年金とも呼ばれます
厚生年金は、厚生年金保険の適用を受ける民間企業に勤務する人および公務員や私立学校の教職員などが対象になります。将来、国民年金の分に上乗せされて受給できます。
なお、かつては公務員などを対象とした共済年金制度がありましたが、2015年10月に廃止され、厚生年金保険制度に統一されました。

まず、日本国内に住むすべての人が対象となる国民年金について、詳しく見ていきましょう。

国民年金保険料とは

国民年金は、免除申請をしない限りは毎月自動的に保険料が発生します。払い込まれた保険料によって、老後を迎えた高齢者や障害者、扶養者の遺族などに年金が支払われる仕組みです。失業や収入の減少などで、保険料を納めることが困難な場合は、保険料の免除や納付猶予の制度を利用できます。

保険料は一律ですが、年度によって変わることもあります。ちなみに、令和3年度は月額16,610円です。

国民年金の種類

国民年金には「第1号被保険者」、「第2号被保険者」、「第3号被保険者」の3種類があり、どの制度に加入するかで保険料の納め方が異なります。

第1号被保険者

自営業者、農業や漁業に従事している人、学生、フリーター、無職の人などがこれにあたります。納付書による納付や口座振替などで、自分で保険料を納めます。
また、「第1号被保険者に扶養されている配偶者」と「厚生年金に加入している65歳以上の受給権者に扶養されている配偶者」もこれに該当し、自分で保険料を納める必要があります。

第2号被保険者

公務員、教職員、民間企業の会社員など、厚生年金の適用を受けている会社や組織に勤務している人がこれにあたります。第2号被保険者は、加入する制度からまとめて国民年金に拠出金が支払われるため、自身で国民年金の保険料を納める必要はありません。
ただし、65歳以上で老齢基礎年金や厚生年金などの受給権がある人は含まれません。

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者で、原則として年収が130万円未満の20歳以上60歳未満の人がこれにあたります。なお、年収130万円未満であっても、厚生年金保険の加入要件にあてはまる人は、第2号被保険者になるため該当しません。
国民年金保険料は配偶者が加入している年金制度にて一括で負担するため、第3号被保険者は直接納付する必要がありません。

国民年金の支払い方法は3つ

第1号被保険者の場合、保険料を自分で納める必要があります。
支払い時に「2年分前納」、「1年分前納」、「半年分前納」、「毎月払い」が選べます。前納することで割引が適用され、前倒しの期間が長いほど割引額も大きくなります。そのため、可能であれば前納がおトクです。
ここでは、国民年金の支払い方法を紹介します。

その1.クレジットカードによる納付

事前にカード情報を登録し、継続的にクレジットカード会社が立替納付を行います。払い忘れる心配がなく、支払い窓口へ出向く手間もかからないのでおすすめの方法です。

その2.納付書で納める

全国の銀行、農協、漁協、信用組合、信用金庫および、郵便局、コンビニにて、日本年金機構から送られてくる「納付書(国民年金保険料納付案内書)」を使い、納める方法です。また、電子納付(インターネットバンキングなど)も可能です。

その3.預金口座からの引き落とし

預金口座から保険料を毎月自動的に引き落とす方法です。口座振替による前納割引制度もあり、手数料がかからないのが利点です。

国民年金をクレジットカードで支払うメリットと注意点

国民年金をクレジットカードで支払う際のメリットと注意点を紹介します。

メリット

クレジット払いにすると、さまざまなメリットがあります。カード会社独自のサービスにも注目です。

1.納付書の紛失を防げる

郵便で送られてくる納付書の管理が不要になるため、紛失や郵送事故などで個人情報が漏れる心配がなくなります。

2.払い忘れを防げる

クレジットカード払いは支払日に自動的に引き落とされるため、支払いに出向く手間が省けるうえに、未払いの防止につながります。残高不足にならないよう、支払日までに、引き落とし口座に入金しておきましょう。

3.家計の管理がしやすくなる

公共料金や携帯電話料金などの支払いに利用しているカードで納付すれば、毎月の固定費を一括で管理できて便利です。

JCBカードの家計管理に便利なサービス「MyJCBアプリ」なら、水道代などの公共料金利用額が明細ごとに自動でグラフ表示されます。毎月の推移が一目でわかり、生活費の管理がしやすくなります。
利用料金は月に一度まとめて振り替えられるので、口座の管理が楽です。支払いの履歴はすべて「カードご利用代金明細」に記載されるので、家計簿代わりになり簡単に家計管理ができます。

4.ポイントが貯まる

国民年金をクレジットカードで納付すると、納付額に応じてクレジットカード会社のポイントが加算されます。毎月発生する固定費の支払いでどんどんポイントが貯まります。

JCBカードでは、国民年金を含む固定費の支払いで「Oki Dokiポイント」が貯まります。貯まったポイントはさまざまな商品と交換可能です。

注意点

クレジットカード払いにする際の注意点も確認してから、手続きをするようにしましょう。

事前に申出書を提出する

国民年金をクレジットカードで納付するためには、「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」の提出が必要です。手続きに1ヵ月程かかるため、余裕を持って申請するようにしましょう。

登録情報に変更があったら届け出をする

住所や氏名などの登録情報に変更があった際や、紛失や更新などによりカード番号が変わった際には、そのつど手続きが必要になります。「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入し、年金事務所に提出しましょう。

カードの利用限度額に気を付ける

クレジットカードには利用限度額があり、毎月使える上限額が決まっています。利用限度額を超えてしまった場合、支払いができなくなり滞納扱いとなってしまう恐れがあるので注意が必要です。ウェブサイトなどで残高をつど確認することをおすすめします。

国民年金の支払いはポイントが貯まるJCBカードがおトク

ここでは、国民年金の支払いにおすすめのJCBカードをご紹介します。

JCB一般カード

JCB一般カード

JCBを代表するスタンダードカードです。インターネットからの入会で初年度年会費無料となり、条件を満たすことで翌年以降も年会費が無料となります。
国内外での買い物や毎月の固定費の支払いにより、Oki Dokiポイントを効率よく貯められます。年会費を抑えつつ、おトクなカードを作りたい方におすすめです。

JCB一般カード

JCB カード W

JCB カード W

18歳以上39歳以下限定のカードです。入会しておくと40歳以降も年会費は永年無料となりますので、上限の年齢に達する前に申し込むようにしましょう。ポイントが常に2倍となるJCBきっての高還元率カードです。さらに、パートナー店の利用で2~11倍ものポイントが付与されます。
公共料金の支払いでは常にポイントが1%還元されるので、毎月の支払いをこの1枚にまとめておトクに家計管理をしてみてはいかがでしょうか。

JCB カード W

JCB カード W plus L

JCBカードW plus L

上の「JCB カード W」のサービス内容に加えて、女性に嬉しい特典がプラスされているのがこちらのカード。 ルーレットで当たりが出ると、2,000円分のJCBギフトカードがもらえるチャンスがある「LINDAの日」が月2回あります。また、キレイをサポートする協賛企業「LINDAリーグ」が、会員様専用の優待や割引特典などを実施しています。
なかでも嬉しいのが、通常疾病に加えて女性特有の疾病の入院や手術費用をサポートする「女性疾病保険」へ手ごろな保険料で加入できることです。

JCB カード W plus L

まとめ

国民年金は、前納することで割引されますが、クレジットカード払いにすることでよりおトクになります。支払いを行う前に、国民年金をクレジットカード払いにするための方法やメリット、注意すべきことをしっかりチェックしておきましょう。

クレジットカードでのお支払いに興味のある方は、以下の記事もご覧ください。

関連リンク

公共料金・携帯電話料金など毎月のお支払い

クレジットカードをポイント還元率で比較!おトクに貯まるカードは?

注意事項

本ページ記載の内容は2021年12月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB一般カード

安心と信頼のJCBのスタンダードカード

JCB カード W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB カード W plus L

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

ページの先頭へ