ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

プライオリティ・パスとは?国内・海外空港ラウンジ体験をクレジットカードで!

旅行や出張などで空港を利用する際、混雑したターミナルで過ごす時間にストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。 航空会社が設置するラウンジを利用できるのは、ビジネスクラス以上の搭乗者や、航空会社のマイレージプログラムの上級会員に限られています。
しかし、「プライオリティ・パス」を利用すれば、どなたでも世界各国のラウンジを利用して、出発前に快適な時間を過ごせます。 プライオリティ・パスではどんなサービスが受けられるのでしょうか。この記事では、利用のメリット、利用料、入会方法など、プライオリティ・パスに関する情報をご紹介します。

目次

プライオリティ・パスとは

プライオリティ・パスは、世界148の国や地域にある1,300ヵ所以上の空港VIPラウンジを、利用の航空会社や搭乗クラスを問わず、自由に利用できる会員制サービスです。まずは、サービス内容と費用をご紹介します。

プライオリティ・パスのサービス内容

プライオリティ・パスを利用すれば、プライオリティ・パス社が提携する、世界各国の空港VIPラウンジで、移動の空き時間を有意義に過ごすことができます。利用する航空会社や搭乗クラスに関わらず、世界148の国や地域、600を超える都市にある1,300ヵ所以上の空港VIPラウンジがいつでも利用可能です。

日本国内の提携ラウンジは、成田国際空港や関西国際空港、中部国際空港などにあります。ヨーロッパ大陸や北米、アフリカなど世界各国で利用できます。

忙しい移動の合間に、食事やドリンクを無料で楽しめたり、整備されたWi-Fi環境と電源を利用して仕事をしたりと、ビジネスでもプライベートでも、大いに役立ちます。また、一部の空港では、会議室やシャワールーム、マッサージやスパを完備しています。

プライオリティ・パス社が提携するラウンジは、1回につき32ドルの利用料を支払えば、登録した本人だけではなく同伴者も利用できます。

プライオリティ・パスの会員プランと年会費

プライオリティ・パスには3つの会員プランがあり、利用頻度により最適なプランを選択可能です。いずれのプランも同様のサービスを利用できますが、プランに応じて年会費や1回の利用料金が異なってきます。

各プランの違いと年会費は以下の通りです。

プラン スタンダード スタンダード・プラス プレステージ
年会費 99ドル 299ドル 429ドル
会員利用料金 32ドル/回 10回無料
11回目~ 32ドル/回
無料
同伴者利用料金 32ドル/回 32ドル/回 32ドル/回

また、JCBゴールド・ザ・プレミアを始めとした一部のJCBクレジットカードには、プライオリティ・パスが無料で使用できる機能が備わっています。

プライオリティ・パスの利用方法

続いて、プライオリティ・パスの登録方法や、空港での利用方法を、注意点も含めてご紹介します。

1プライオリティ・パスに入会する

まずはプライオリティ・パスに入会し、会員証を受け取ります。会員証を受け取るまでの期間は、サービス申し込み会社により異なるため、利用予定がある場合は余裕をもって申し込む必要があります。

2プライオリティ・パス公式サイトにて、利用できる空港ラウンジサービスを確認する

到着先で利用できる空港ラウンジサービスは、プライオリティ・パスの公式サイトで確認が可能です。公式サイトでは、対象のラウンジの営業時間や利用できるサービスの詳細が記載されています。スムーズに空港ラウンジを利用するために、あらかじめ確認しておきましょう。

3ラウンジ窓口でプライオリティ・パスカード(会員証)と搭乗券を提示する

空港にあるラウンジの窓口で、プライオリティ・パスカード(会員証)と搭乗券を提示します。会員証は、Webサイトのラウンジページや、プライオリティ・パスサービス専用アプリで表示できるデジタル会員証、決済カードの提示で入室が可能です。
プライオリティ・パスカードは本人のみが利用可能な会員証で、子供や家族であっても、カードを借りて利用することはできません。
また、プライオリティ・パスはラウンジの利用を保証できるカードではなく、ラウンジ運営会社の判断により利用者数を制限する場合があるため、プライオリティ・パスのアプリまたはWebサイトのラウンジページで、空室状況や営業時間に関する制限を確認しておきましょう。

4利用明細(同伴者の人数など)を確認し、サインして入室する

会員が同行していれば、利用料を支払うことで、同伴者もラウンジサービスを利用できます。子供も利用料金が必要です。年齢によっては、無料で利用できるラウンジもあります。
同伴者の料金は、会員プランや、クレジットカードに付帯する特典によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

また、日本国内では、羽田空港、成田空港、中部国際空港(セントレア)、関西国際空港、福岡空港に利用可能なラウンジがあるため、各地で充実したサービスを受けることが可能です。(2021年6月時点)。

例えば、関西国際空港では、お好み焼き「ぼてぢゅう」のお食事が、3,400円分まで無料という、大変お得なサービスを利用できます(※「ぼてぢゅう」でお食事の際は、ラウンジ利用1回分のカウントになります)。利用条件などの詳細は、プライオリティ・パス公式サイトをご参照ください。

プライオリティ・パスに入会するには

プライオリティ・パスの入会方法は以下の2つがあります。

1プライオリティ・パス公式サイトから直接入会する

公式サイトから直接入会する場合は、必ず年会費がかかります。前述の通り、年会費は会員プランごとに異なります。また、支払い方法はクレジットカードのみとなります。

2クレジットカードの付帯サービスを利用する

プライオリティ・パスが年会費無料で登録できるクレジットカードがあります。最上級の「プレステージ(年会費429ドル)」が無料で付帯しているクレジットカードもあります。 クレジットカードは、支払いの際に利用ポイントが付いたり、国内外旅行傷害保険が利用できたり、それぞれのカードによって異なる、多くのサービスを利用できます。

プライオリティ・パスの利用を希望されている方は、プライオリティ・パスサービスが付帯したクレジットカードの入会がおすすめです。

プライオリティ・パスサービスの付いた
おすすめのJCBクレジットカード

「プライオリティ・パスサービスが付帯したクレジットカードを作りたいけど、どれが良いかわからない!」とお悩みの方もいるのではないでしょうか?
そこで、プライオリティ・パスサービスの付帯を含む、お得な特典が満載のJCBの個人向けカードを紹介します。

JCBゴールド・ザ・プレミア

JCBゴールドをご利用中の方が、一定の条件を満たした場合に入会可能となる、ワンランク上のゴールドカードです。JCBゴールドカードと同様のカード年会費11,000円(税込)とサービス年会費5,500円(税込)でプレミアムなサービスが受けられます。
日本各地のホテル・旅館に宿泊できる「JCBプレミアムステイプラン」が受けられるほか、無料のドリンクサービスやWi-Fi環境があり、旅行中にゆっくりと休憩ができる「JCB Lounge 京都」が利用できます。
また、国内外のショッピングガード保険や、最高5千万円が補償される国内旅行傷害保険、最高1億円が補償される海外旅行傷害保険が付帯しています。

JCBプラチナ

JCBゴールドカードで利用できるサービスに加え、さらに上位のサービスが受けられるカードです。年会費27,500円(税込)で入会可能です。
旅行関連の手配や、レストランやゴルフ場の予約など、エンターテインメントに関するサポートを行う「プラチナ・コンシェルジュデスク」が24時間365日利用できます。
また、最高で1億円補償される国内外の旅行傷害保険が付帯しています。

こちらでご紹介したJCBクレジットカードは、プライオリティ・パスサービスを無料で利用できます。プライオリティ・パスを利用する場合は、別途申し込みが必要です。カードの種類によってお申し込み方法が異なるため、対象カードをお持ちの方は、会員専用WEBサービス「MyJCB」よりご案内する、サービスの詳細や申し込み方法をご確認ください。

まとめ

航空会社が運営するラウンジは、ビジネスクラス以上の搭乗者など利用するために一定の条件が定められています。
プライオリティ・パスを利用すれば、どなたでも世界各国にある1,300ヵ所以上の空港ラウンジの利用が可能になり、移動の空き時間を有意義に過ごすことができます。
プライオリティ・パスサービスが付帯したクレジットカードを作れば、利用ポイントがたまる他、さまざまな特典が利用できます。国内外の旅行傷害保険が自動的に付くなど多くのメリットがあります。 出張や旅行で空港を利用することが多い方はぜひ、JCBカードのご利用をご検討ください。

注意事項

本ページ記載の内容は2021年6月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

プライオリティ・パスを利用できるおすすめのJCBカードを紹介します。

< >

JCBプラチナ

自分らしく生きるあなたのためのスタイリッシュなステータスカード

ページの先頭へ