ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

知っておきたい!家賃をクレジットカード決済する時の基礎知識

知っておきたい!家賃をクレジットカード決済する時の基礎知識

普段のお買い物はもちろん、公共料金の支払いにも対応するクレジットカード決済は生活をする上で非常に便利な手段です。公共料金だけでなく、毎月の家賃もクレジットカードで一元化したい、とお考えの人も多いのではないでしょうか。家賃の支払いというと、口座引き落としが主流というイメージがありますが、クレジットカード支払い可の物件も多数存在します。また、クレジットカード決済には、ポイント還元などのメリットがあります。今回は、クレジットカードで家賃を支払う際の基本的な情報や、家賃決済に最適なクレジットカード情報を紹介していきます。

目次

クレジットカードで家賃は支払える?

まずは、クレジットカードでの家賃の支払いについて解説します。

家賃はクレジットカードで支払いが可能!

クレジットカードによる家賃の支払いは可能です。家賃のクレジットカード払いに対応している物件は今後も増えていくでしょう。しかし、貸主によっては口座引き落としのみを支払い方法として認める、という場合もあります。そのため、クレジットカードによる家賃の支払いを希望する場合は、クレジットカード決済ができる物件かどうか、契約前にあらかじめ確認しておく必要があります。
そこで便利なのが、不動産会社のサイトにおける物件検索機能です。大手の不動産会社であれば、物件を検索する際に「支払い方法」を検索条件に追加して物件を探せます。この機能を活用して、クレジットカード決済可の物件を見つけるのに役立ててみましょう。

クレジットカード払いが少なかった理由

物件によってはクレジットカード決済未対応である旨はご説明しましたが、主な理由としては手数料の存在が挙げられます。 家賃の支払いが口座引き落としや銀行振込の場合、その際に必要となる手数料は入居者が負担します。しかし、クレジットカード決済の場合、物件のオーナーや管理会社側でカード会社に手数料を支払わなければなりません。支払われた家賃から手数料を差し引くと、収入面ではマイナスとなってしまうため、クレジットカード決済の導入に消極的な貸主が多かったという背景があります。
また、不動産会社と賃貸仲介会社が別の場合、クレジットカード決済を導入すると、その2者間での手続きが煩雑になる、という理由もあります。

クレジットカード払いが増えてきている理由

貸主側にとって、クレジットカード決済の導入がデメリットばかりというわけではありません。 まず、クレジットカードによる決済であれば家賃滞納の心配がありません。貸主側はカード会社から家賃の支払いを受けるため、借り主の経済状況にかかわらず、円滑な家賃回収を実現できます。
また、キャッシュレス決済が一般化してきている昨今、入居者の利便性や他の物件との差別化という観点から、クレジットカード決済の導入を進めている貸主も増えてきています。 その他にも、貸主側が不安なくクレジットカード決済を導入できるサポートを行う、不動産事業者向けに提供されているサービスもあります。
このように、オーナーや管理会社にとってクレジットカード決済導入の敷居が低くなってきている現状があるため、家賃のクレジットカード決済が可能な物件も増えてきているのです。

クレジットカードで家賃を支払うメリット

ここで、クレジットカードによる家賃決済のメリットを何点か紹介します。

・多額のポイントを貯められる

クレジットカードによる支払いではポイントが貯まります。家賃は普段のお買い物に比べて高額であることがほとんどなので、一度に貯まるポイントも同様に多くなります。なお、クレジットカード会社によっては、家賃の支払いについてはポイント加算の対象とならない場合もありますので、事前に確認が必要です。

・家賃の支払い忘れを防げる

銀行振込やコンビニ決済を選択している場合、支払いを忘れてしまうリスクがあります。クレジットカード払いでは、カード会社によって自動的に家賃の決済が行われるため、支払い損ねてしまう心配がなくなります。

・振込の手間を省ける

クレジットカード決済なら、わざわざ銀行に赴いて振込作業を行う必要がなくなります。振込時に余計に支払っていた手数料の負担も必要ありません。カード会社が自動的に決済を行ってくれるため、支払い忘れを防止できることもメリットの一つです。

・その他の支払いと一元化できる

毎月の公共料金の支払いと家賃の支払いをクレジットカードにまとめてしまえば、家計管理がとても楽になります。毎月のカードの明細を確認すれば、家計簿代わりにもなります。

・家賃の支払いタイミングをずらせる

クレジットカードは、利用日の時点で代金をカード会社が立て替え、毎月訪れる支払い日にカードの利用代金をまとめてカード所有者が支払うシステムとなっています。家賃の支払い日がカードの利用日となるため、家賃出費の時期を通常よりも遅らせることができるのです。

クレジットカードで家賃を支払う際の注意点

家賃をクレジットカード決済にすると多くのメリットもありますが、しっかりと確認しておかなければならない注意点もあります。

・全てのクレジットカードが利用できるとは限らない

カードによっては利用対象とならない場合があります。どのカードが利用できるのか、事前に確認しておくと安心です。

・口座残高に注意

カード利用分が引き落とされる際、口座残高に十分な金額がない場合は支払い延滞となってしまいます。延滞が繰り返されてしまうと信用情報に傷が付いてしまうので、口座残高には十分に注意しておきましょう。

・家賃はポイント付与とならない場合もある

カード会社によってポイント付与の条件は異なり、家賃の支払いは残念ながら対象とならない場合があります。家賃の支払いに利用するカードのポイント制度を事前に必ず確認しましょう。

・引っ越しのタイミングによっては、2軒分をまとめて支払う必要がある

クレジットカードの利用登録が完了するまでには手続きの時間がかかります。そのため、引っ越しの時期によっては新居と旧居両方の費用を支払わなければならないこともあります。一度に予定外の金額が引き落とされるので、事前に残高を確認しておきましょう。

ちなみに、JCBカードであれば「MyJCBアプリ」を使って毎月の支払い額や利用状況を簡単に把握できます。詳細は以下から確認できますので、ぜひ一度ご覧ください。

MyJCBアプリ。便利な機能が満載。アプリで快適なカードライフを。

家計管理が簡単に!家賃の支払いや
毎日のくらしにJCBカードがおすすめ

家賃の支払いにクレジットカードを利用する際のメリットや注意点について紹介してきました。注意すべき点をしっかりと把握しておけば、クレジットカードによる家賃の支払いはとても有益といえます。では、家賃支払いには、どのクレジットカードがおトクに利用できるのでしょうか。家賃の支払いをクレジットカードに変えていきたい人をはじめ、毎日のくらしに関するお支払いにもJCBカードがおすすめです。

JCBカードなら、毎月の家賃はもちろん、敷金、礼金、仲介手数料といった入居一時金に使用できますし、公共料金との一元化も可能なので、口座管理が楽になります。振込の手間も省ける上、毎月の利用明細を確認すれば家計簿代わりにもなります。利用明細は「MyJCBアプリ」、ウェブから確認できます。スマートフォンがあれば、いつでもどこでも利用状況の把握が可能です。
※なお、Webの利用明細サービスの使用にあたりWEB明細サービス「MyJチェック」への登録が必要となります。

このように家計簿代わりにもなる「JCBカード」。それでは、これからクレジットカードで家賃を支払いたい方に向けて、年会費の負担が少ないカードを紹介します。

JCB一般カード

JCB一般カード

Webからのご入会で初年度の年会費が無料になります。MyJチェックへのご登録(入会と同時に自動的に登録となります)と、年間合計50万円(税込)以上のショッピングご利用で翌年の年会費も無料になります。家賃の支払いもショッピング枠に入るため、毎日のお買い物と併せて利用することで2年間は年会費が無料となり、非常にお得です。

JCB カード W / JCB カード W plus L

JCB カード W / JCB カード W plus L

Webからの入会限定カードです。39歳までの入会で、40歳以降も年会費無料でご利用できます。ポイント還元率が高いことも魅力です。

JCBゴールド

JCBゴールド

通常11,000円(税込)の年会費が、Webからの入会限定で初年度は無料となります。JCB ORIGINAL SERIESパートナーのご利用でお得にポイントを貯めることができます。

JCBカードをご利用の際には、カードのご利用可能枠をご確認ください。

まとめ

今回は、毎月の家賃をクレジットカード決済に変更する際のメリットや注意点について紹介しました。
全ての物件でクレジットカードが利用できるわけではありませんが、入居者、そしてオーナーや管理会社の双方にとって有益な決済手段であり、利用できる物件は今後も増えていくことでしょう。従来の口座引き落としや銀行振込に比較し、入居者にとっては手間が省け、手数料の心配も要りません。さらにポイント還元などの特典も付いてくるため、家賃はクレジットカードの支払いにメリットがあります。紹介した内容を参考にし、この機会に家賃のクレジットカード決済を検討してみてはいかがでしょうか。

注意事項

・本ページ記載の内容は2021年7月現在のものです。
・また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB一般カード

安心と信頼のJCBのスタンダードカード

JCB CARD W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB CARD W plus L

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCBゴールド

ゴールドカードならではの安心とクオリティーを兼ね備えた1枚

ページの先頭へ