ページの先頭です

法人がクレジットカードを作るなら?選ぶポイントとおすすめカード

法人クレジットカードのおすすめ

法人にとって、事業用のクレジットカードを作ることにはさまざまなメリットがあります。しかし、実際に作るとなると、何を基準に法人カードを選べばいいかわからないこともあるでしょう。
そこで、法人カードを選ぶときに着目したいポイントと、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

法人カードとは?

法人カードとは、法人や個人事業主に対して発行されるクレジットカードのことです。法人カードには、個人向けカードとは異なる特徴があります。まずは、法人カードの特徴を見てみましょう。

法人や個人事業主に対して発行されるクレジットカード

個人カードが個人に対して発行されるのに対し、法人カードは法人や個人事業主に対して発行されます。法人の場合は引き落とし口座も法人名義の口座になり、個人事業主が発行する場合は、屋号付き口座か個人の口座から引き落とされます。

法人カードはご利用可能枠が高く設定されることもあり、個人カードではできないような、高額の事業用の支払いなどにも対応することができます。

多くの法人カードは、個人カードでいう家族会員のような形で、社員に対してクレジットカードを複数発行することができます。社員にクレジットカードを発行し、会社口座から決済することで立て替え業務の簡略化が可能です。

法人カードの支払方法

法人カードの支払いは、基本的に分割払いができず、1回払いのみとしているところが多いです。また、キャッシングの機能についても、付帯していないことがほとんどです。
ただし、法人カードであっても、契約名義が代表者個人のカードの場合は、一部分割払いやキャッシングの機能が使えるカードもあります。

法人利用に特化した特典がある

法人カードは、法人が利用することを前提として作られているため、クレジットカードの付帯サービスについても、法人向けにアレンジされています。出張の手配サービスや会計ソフトとの連携サービスなど、それぞれのカードによってさまざまな特典や機能が用意されています。

コーポレートカードとビジネスカードの違いとは?

法人カードは、コーポレートカードやビジネスカードといった呼ばれ方をすることがあります。両者に厳密な違いはなく、カード会社によって、企業規模や決済方法などで区別しています。

法人カードのランク

法人カードのランクには、一般、ゴールド、プラチナがあります。法人向けカードとしては、現時点でプラチナ以上のランクはほとんどありません。ランクの違いによって、年会費やご利用可能枠、保険、付帯サービスに違いがあります。
法人カードを選ぶときは、年会費だけでなく、利用したいサービスがそのランクで実現できるのかを確認しておくことが大切です。せっかく申し込みをして法人カードができたのに、「利用可能枠が低くて不便だった」「サービスが不十分だった」などということがないようにしましょう。

JCBが発行する「JCB法人カード」の場合、法人カードに一般、ゴールド、プラチナの3つのランクを用意しています。それぞれのランクによって、年会費やご利用可能枠、保険、付帯サービスなどが変わってきます。JCBの場合、それぞれの違いは下のとおりです。

JCB法人カードラインアップ

法人カードを作るメリット

法人がクレジットカードを作ると、さまざまなメリットがあります。ここでは、法人カードの具体的なメリットをご紹介します。

経理業務の簡略化

法人カードを利用することで、現金管理の必要がなくなり、社員の仮払いや立替精算の業務を省略することができます。また、利用明細が残るため、いつ、誰が、何に、いくら使ったのかも確認できます。外部の会計士などに経理業務を委託している場合も、利用明細を送ることで、会計事務所へいちいち領収書を送る手間を省略できる場合があるでしょう。

また、自社で経理業務を行っている企業でも、法人カードと会計ソフトを連携させれば、記帳の手間を省くことができます。

キャッシュフローの明確化

法人カードの引き落とし日は毎月一定なので、キャッシュフローが明確になります。さらに、クレジットカード払いを利用することで、支払い期間に猶予を持たせることもできます。
JCB法人カードの場合、支払い猶予は最長57日です。手元資金に余裕ができることから、キャッシュフローの改善にも役立つでしょう。

私的利用との区別がつけやすい

仕事の買い物などに個人のクレジットカードを使っていると、仕事の経費と個人の生活費の境が曖昧になってしまいがちです。確定申告の時期になって、「どっちの支払いだっけ?」と悩んでしまうこともあるかもしれません。

最初から法人カードと個人のクレジットカードを分けておけば、このような心配は無用です。

法人カードを作るときのポイント

法人カードを作るときのポイント

法人カードを作るときは、事業の規模や内容に合ったものを選ぶのが基本です。クレジットカードのスペックと、自社で必要なクレジットカードがどのようなものなのかを考えて選びましょう。
具体的にチェックすべきポイントは下のとおりです。

ご利用可能枠

ご利用可能枠は、法人カードを作るときに、非常に重要なポイントのひとつです。仕事に必要な額がしっかり賄えるのかを確認しておきましょう。ご利用可能枠は、初年度は低めでも、利用を重ねるうちに上がっていくこともあります。

発行可能枚数

社員に対して法人カードやETCカードの配布を行う予定がある場合は、必要な枚数を発行できるか、事前に確認しておきましょう。クレジットカードの案内ページなどを見ても、自社に合った使い方ができるかわからないという場合は、コールセンターに連絡して確認しておくと安心です。

ポイントのためやすさ

利用金額が大きい法人カードでは、ポイント還元によるコスト削減も大きなメリットになります。ポイントの還元率がどれくらいなのかということは、法人カードを選ぶポイントになるでしょう。また、カードによって、指定の場所でカード払いを選択すると、ポイント還元率がアップするなどの特典を用意している場合があります。自社のカードの利用方法を考えて、ポイントをためやすい法人カードを選んでください。

国内・海外旅行傷害保険は付帯されているか

クレジットカードに付帯されている、国内・海外旅行における傷害保険は、ランクが高いカードのほうが充実している傾向があります。法人カードを利用して交通機関や旅行代金を決済した場合、国内や海外に出張に行く際に別途、傷害保険に加入する必要がないので便利です。

その他付帯サービス

法人カードには、法人の業務の手間を軽減するサービスを用意している場合があります。会計ソフトと利用明細の連携や、出張の手配サービスなど、自社の業務効率化や経費削減に役立つサービスがあるか、確認しておきましょう。

そのほか、法人会員向けのサービスや、それぞれのカードのランクに応じた特徴を検討した上で、自社に合った一枚を選択することができれば、その後の大きなメリットにつながるでしょう。

おすすめのJCB法人カード

JCBでも法人用のクレジットカードを発行しています。「JCB法人カード」のメリットをご紹介します。

タクシーや新幹線等の交通費もカード決済可能

出張の際に、タクシー代や新幹線代を社員が立替えて後から精算すると、業務が煩雑になり、社員は一時的に金銭的負担をしいられます。だからといって、仮払いしておくのも手間になるでしょう。
JCB法人カードであれば、カード決済はもちろん、タクシー利用時の降車の際に名前や料金を記入するだけで利用できる、JCBタクシーチケットを発行できます。

また、法人向けの限定出張プランの提供や、海外のサービス窓口設置など、出張に役立つサービスも用意しています。

Oki Dokiポイントがたまる

JCB法人カードでは、月の利用額の合計に対してOki Dokiポイントがたまります。通常利用だけでなく、ETC利用についても同じようにポイントがたまり、商品券などに交換したり、お支払い金額に充当したりすることができます。

WEBサービスで利用明細の確認可能

通常のクレジットカード利用でも、ETCカード利用でも、どちらも会員専用WEBサービスMyJCBを利用して、簡単に利用明細を確認することができます。
WEBから好きなときに明細書を印刷できるため、紛失リスクもなく便利です。

利用明細データの会計ソフトへの取り込みが可能

MyJCB外部接続サービスを利用して、JCB法人カードの利用明細データを、弥生およびfreeeの会計ソフトに取り込むことができます。各種会計処理の自動実行により、面倒な仕訳作業を省略することができるため、経理業務が非常に簡単になります。

ゴールドやプラチナを選択すると、ワンランク上のサービスが受けられる

JCBでは、プレミアムなカードとして「JCBゴールド法人カード」と「JCBプラチナ法人カード」をご用意しています。JCB法人カードと比べ、カードご利用可能枠や旅行傷害保険、ショッピングガード保険の上限金額などがアップします。また、ゴールド、プラチナ法人会員は、空港ラウンジサービスやゴルフエントリーサービスが利用でき、JCBタクシーチケットの発行手数料も無料です。
特に、最高ランクの「JCBプラチナ法人カード」では、秘書サービスが利用できる「プラチナ・コンシェルジュデスク」や、世界の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」といった特典があります。ご利用可能枠も入会時で150万円以上となるため、最初から不便を感じることなく利用することができます。

法人カードは目的に合わせて選ぶ

法人カードは目的に合わせて選ぼう

法人カードに、「絶対にこのカードがおすすめ」という正解はありません。それぞれの企業の規模や希望する使い方によって、選ぶべき法人カードやランクが異なるからです。
法人カードを申し込むときは、クレジットカードをどのように利用したいのかイメージしながら検討しましょう。

この記事に関連するカード

< >
JCB法人カード

経営者・個人事業主向けのスタンダードな法人カードです。

ページの先頭へ