ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

簡単・スピーディーなタッチ決済!便利でおトクな利用方法を解説

簡単・スピーディーなタッチ決済!便利でおトクな利用方法を解説

クレジットカードやスマートフォン等をかざすだけで決済が完了する「タッチ決済」は、近年急速に普及しています。この記事では、タッチ決済とは具体的にどのような支払い方法なのか、その使い方やメリット、安全性などについて紹介します。

目次

タッチ決済について

近年、クレジットカードを端末にかざすだけで決済が完了する非接触型決済サービス「タッチ決済」が利用可能になっています。ここではタッチ決済について、その概要や電子マネーとの違いを紹介します。

タッチ決済とは?

タッチ決済とは、お店のレジのリーダーに、非接触型ICカードや非接触決済機能を有するスマートフォン等をかざして支払いを行う方法です。

クレジットカードはもちろん、スマートフォン、スマートウォッチをはじめとした、さまざまな端末で支払いが可能なうえ、国内外問わず利用できます。操作は、クレジットカードやスマートフォン等をかざすだけで、サインや暗証番号の入力は不要のため、スピーディーに支払いができます。(※)
このような利便性から、タッチ決済は今後ますます普及していくと考えられています。

※一定金額以上のお支払いの場合は、サインまたはICカードを挿入したPIN(暗証番号)などの本人確認が必要となることがあります。

電子マネーとの違い

混同しやすい支払い方法のひとつに「電子マネー」が挙げられます。両者は、非接触という点では類似しているものの、利用している規格や支払い方法が異なります。

SuicaやPASMO、楽天Edyなど日本の電子マネーは、ソニーが開発した「Felica(フェリカ)」という規格を利用しています。一方、タッチ決済は「Type A/B」という規格を利用しており、決済端末(リーダー)が異なります。

最も大きな違いは、利用できる場所です。「Type A/B」は世界各地で利用されているため、タッチ決済は海外でも利用可能ですが、電子マネーは海外で利用できないケースがほとんどです。

タッチ決済のメリット

続いて、タッチ決済のメリットを紹介します。

スピーディーな決済

通常のクレジットカード決済は、サインまたは暗証番号の入力が必要です。そのため、少額でのカード利用の場合、手間がかかり煩わしく感じることもあるでしょう。
しかし、タッチ決済は、かざすだけでスピーディーに支払いが完了するため、カードの受け渡しも不要で少額の買い物でも気軽に利用できます。(※)

※一定金額以上のお支払いの場合は、サインまたはICカードを挿入したPIN(暗証番号)などの本人確認が必要となることがあります。

非接触による感染防止

非接触で支払いが行えるため、新型コロナウイルス感染症などが心配される状況では感染対策にもなります。
通常のクレジットカード決済でも現金の受け渡しはありませんが、店舗によってはカードを手渡す必要があり、接触が避けられない場合もありました。しかし、タッチ決済はカードの受け渡しが不要なため、より衛生的です。

クレジットカードのタッチ決済ならチャージが不要

電子マネーは事前に現金を入金してチャージする「プリペイド型」が多く、チャージ金額が不足していると買い物ができません。定期的にチャージする手間もかかります。
一方、クレジットカードのタッチ決済は、後払いの「ポストペイ型」となるため、事前に現金をチャージする必要がありません。残高を把握する必要もなく、支払い時に「足りない」と慌てることもなくなります。

タッチ決済の安全性

では、タッチ決済の安全性はどうなっているのでしょうか。ここでは、タッチ決済が安全な理由についてご紹介します。

カード情報漏えいを防止できる

スキミングとは、専用の機械を使ってクレジットカードの情報を読み取り、偽造カードを作成する犯罪です。現在日本ではスキミング犯罪などを防ぐため、「ICチップの搭載」が義務付けられています。ICチップの情報が暗号化され、簡単に盗めない仕組みを作っています。しかし、IC決済では、暗証番号を求められることがあり、漏えいの危険性がありました。

一方、タッチ決済には、世界基準のセキュリティー技術である「EMV(R)」(※)が採用されています。カードを手渡すことなくショッピングが完了するため、カード情報を盗み見られるリスクが下がり、不正利用防止につながります。さらに、カード情報は複雑に暗号化されるためセキュリティーが高く、より安心して利用いただけます。

※EMV(R)は米国およびその他の国における登録商標です。EMVの商標は、EMVCoが所有しています。

JCBカードでタッチ決済を利用する方法

ここまで、タッチ決済についてご紹介してきました。では、JCBカードでタッチ決済を利用するにはどのようにすればいいのでしょうか。

JCBのタッチ決済が利用できるお店は?

JCBのタッチ決済が利用できる店舗には、以下のマークが表示されています。加盟店は、国内に限らず海外にもあり、旅行先でも簡単に支払いが可能です。

JCBのタッチ決済の使い方

タッチ決済をする際は、会計時に「JCBのタッチ決済で」「JCBで」と伝えましょう。JCBカードを、お店のレジのリーダーにかざすだけで決済が完了します。一般的に、日本のタッチ決済の限度額は1万円程度のため、少額の決済時はとてもスピーディーで便利です。
一部のお店では、一定金額以上のお支払いでタッチ決済を利用できない場合があります。その場合は、ICカードを挿入すればJCBカードでの支払いが可能となります。

タッチ決済が便利なおすすめのJCBカード

JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)は、日本国内をはじめ世界で広がりを見せています。国内ではコンビニ、ファストフード店、スーパー、ドラッグストアなどで利用可能です。

ここでは、タッチ決済が便利なおすすめのJCBカードを紹介します。通常のJCBカードの利用と同様に、タッチ決済でもポイントやマイルが貯まります。なお、JCBのタッチ決済に対応していない店舗でも、従来どおりの方法でクレジットカード決済が可能です。

JCB一般カード

JCB一般カード

インターネットからの入会で初年度年会費が無料になる上、MyJチェックの登録と、年間合計50万円(税込)以上のショッピング利用により翌年の年会費も無料となります。普段の買い物や海外での利用でOki Dokiポイントが貯まる、JCBを代表するスタンダードカードです。

JCB一般カード

JCB カード W

JCB カード W

39歳までの入会で、以降の年会費が無料となります。 ポイントが常に2倍以上と高い還元率を誇っており、日常の買い物の支払いをこのカードにまとめておトクに利用したい人におすすめです。

JCB カード W

JCBゴールド

JCBゴールド

国内の主要空港、およびハワイ ホノルルの国際空港内にあるラウンジを無料で利用できるラウンジサービスやJCBゴールド グルメ優待サービスの付帯、海外旅行傷害保険は最高1億円補償など、ゴールドカードならではの安心とサービスを兼ね備えた1枚です。オンライン入会を行うと、初年度の年会費が無料となります。
また、条件を満たせばワンランク上の「JCBゴールド ザ・プレミア」へ招待されるチャンスもあります。

※上の保険の内容は概要を説明したものであり、実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約に基づきます。また、事故の内容によっては補償の対象とならない場合があります。
※カードにより補償内容が異なる場合があります。

JCBゴールド

JCBプラチナ

JCBプラチナ

旅やエンターテインメントの手配を手厚くサポートする、スタイリッシュなステータスカードです。
24時間・365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」、国内の厳選したレストランで1名様が無料になる「グルメ・ベネフィット」、世界の空港ラウンジが無料で利用可能となる「プライオリティ・パス」など、豪華特典が付帯しています。

JCBプラチナ

まとめ

安全性が高く、簡単でスピーディーに支払いができ、非接触により感染予防も図れることから、タッチ決済は近年急速な増加傾向にあります。利便性の高いJCBの非接触タッチ決済「JCBのタッチ決済(JCBコンタクトレス)」でより快適で安心な買い物を楽しみましょう。

タッチ決済について紹介してきましたが、非接触型決済サービスは他にもあります。Google Pay 、Apple Pay、スマホ決済については、以下の記事を参考にしてください。

関連リンク

「 Google Pay TM (グーグルペイ) とは? 設定方法やメリットを解説」

「Apple Pay(アップルペイ)の便利な使い方! 対応カードの設定方法やメリットを解説 」

「スマホ決済とは?便利で早いお支払い方法&おトクな使い方など紹介」

注意事項

本ページ記載の内容は2021年11月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB一般カード

安心と信頼のJCBのスタンダードカード

JCB カード W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCBゴールド

ゴールドカードならではの安心とクオリティーを兼ね備えた1枚

JCBプラチナ

自分らしく生きるあなたのためのスタイリッシュなステータスカード

ページの先頭へ