ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

あなたのカードは大丈夫?スキミングに備える安心クレジットカード

クレジットカードを使用するうえで懸念されるのが、カードを悪用されないかということ。「偽のセキュリティソフトによる詐欺被害」「関係者を装う不審電話」「情報商材の販売」「スキミング被害」など、カード不正使用の手口は多様化しています。JCBでは第三者によるクレジットカードの不正使用防止のため、さまざまな対策を行っています。そのなかでも、多くの人が注意しなければいけないスキミングに対して、どのように対処していけばよいかを考えてみましょう。

クレジットカードのスキミングとは?

スキミングとは、「スキマー」と呼ばれる特殊端末で、磁気ストライプからクレジットカードの情報を盗み取る手口です。同時に、入力する際の手もとの動きをカメラで撮影することで、暗証番号も容易に知られてしまいます。盗んだ情報でクローンカードを作り、不正使用されてしまうのです。

過去にはATMや店舗のカードリーダーにスキマーが取り付けてあった事例もありました。情報を抜き取る時間はものの0.5秒ほど。巧妙に細工してあるため、その場でスキミングされたことに気付くのは難しいといわれています。
このような被害は、年間どれくらい発生しているのか、カード犯罪被害件数の推移を見てみましょう。

カード犯罪の認知・検挙状況の推移(平成18年~27年)

参考:警察庁 平成28年版 警察白書 第2章 生活安全の確保と犯罪捜査活動より

平成18年と平成27年のカード犯罪の認知件数を見ると、10年の間で半数以下まで減少しています。これは、国を上げてセキュリティー対策に力を入れていることや、個人や企業でも、危険性を把握し対策をとるようになったからであると考えられます。しかし、減少傾向にあるとはいえ決して少ない件数とはいえません。安心せずに自身でも継続して対策をとる必要があります。

不正使用や悪用を防ぐためにできる対策

クレジットカードを使用する場面では、スキミングの被害を含め、不正使用や悪用される可能性があることを覚えておきましょう。その対策のひとつとして情報漏えいを防ぐことがあげられます。
では、皆さんは情報漏えいを防ぐためにどのようなことに気をつけているのでしょうか。

情報漏えいを防ぐために気を付けていること

参考:一般社団法人日本クレジット協会【平成28年度 クレジットに関する消費者向け実態調査結果】より

インターネットでクレジットカード情報を入力する機会が増えたため、多くの方がネット上での対策をしているようです。しかし、項目を1つずつ見ると、割合の高いものでも50%以下にとどまっており、まだまだ防犯対策の実行や知識が少ないことがわかります。「怪しいメールは開かない」「推測されにくいパスワードにする」ことは、自身で可能な対策のなかでもそれほど難しくないでしょう。できそうなことから、情報漏えい対策をとることをおすすめします。
では、インターネット以外での利用場面では、どのようなことに気を付ければ、不正使用や悪用を未然に防げるのか、ポイントをお伝えします。

まず、カードの選び方として、スキミングに強いICカードタイプにすることがあげられます。さらに、セキュリティー対策が万全なカード会社を選ぶことが大切です。
すぐにできる対策法としては、暗証番号を単純な文字列ではなく、推測されにくいものに設定すること、暗証番号を入力する際は手もとを隠すことです。

もしスキミングや不正使用などで悪用されたとしても、過失がなければ被害額は補償される場合が多いです。しかし、基本的には補償期間が定められているので、早期に被害に気付くことが重要になります。
不正使用に気付くには、利用明細を毎月しっかり確認すること。身に覚えのない請求がないか必ず確認するようにしてください。また、気付いたらすぐにカード会社に連絡することが大切です。

スキミング対策がされたクレジットカードが安心

自身での防犯対策も重要ですが、カード自体もセキュリティー対策がなされているものを選ぶことでさらに安心して使用することができます。
JCBではカード犯罪に備えて「ICカード」を採用しています。また、「不正検知システム」を用いて、24時間365日第三者による不審な利用がないかチェックしており、セキュリティーを強化しています。また、万が一被害にあわれた場合にも補償制度を用意しています。所定の手続きを調査のうえ皆様に規約違反や故意・過失がないと判断した場合は補償が適用されますので、ご安心ください。

まとめ

スキミングは身近な犯罪です。スキミング被害を未然に防ぐには、自身での防犯対策に加え、セキュリティーの万全なクレジットカードを使用することが効果的です。また、被害の補償もあれば、もしものときも慌てずに対処できるでしょう。

注意事項

本ページ記載の内容は2018年1月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

JCBカードを申し込むならこちら

ページの先頭へ