ページの先頭です

おトクな法人カードはこれ!
メリット盛りだくさんな1枚を見つけよう!

従業員が増えてくると、立替精算の手間も増えてきます。
そんなとき、法人カードを利用することで、業務負担を軽減できる場合があります。今回は、法人カードを利用することで得られるメリットを整理しつつ、おトクな法人カードをご紹介します。

法人カードのメリットとはなにか?

法人カードを利用することによる大きなメリットは、経理にかかる業務負担の軽減です。具体的にどのように業務負担が軽減されるのでしょうか。まずは法人カードを活用せず、出張で立て替えた経費を精算するというケースを例に挙げてみましょう。

出張中に社員が立て替えた経費は、経費精算を行う必要があります。出張後、利用した公共交通機関の利用経路やその運賃を確認して伝票に書いたり、領収書を揃えたりと、経費精算の手続きには手間がかかります。そのため、時間があるときにまとめてやろうと考えて後回しにしてしまうことも多いかもしれません。

しかし、経理担当者としては経費精算にタイムラグが生じると、仮払金の精算負荷や一度に精算する伝票数の増加を招き、結果として業務負担が増えることになります。経費精算を催促された社員としては、多忙な業務の合間に急いで手続きを行ったにもかかわらず、不備があり差し戻しされたら、さらに手間がかかることになります。

これが法人カードを利用した場合、どうなるでしょう。経費精算の手続きは簡素化され、カード会社が一括で会社の口座から引き落としをするので、出張に行った社員は経費精算の手間を省くことができます。

法人カードの利用明細は、カード会社が作成します。いつ、どこで、誰が所有している法人カードでどのような内容で経費が使われたか、明細を見ればわかるため、今までかかっていた時間も手間も削減することができます。また、経費精算を行う従業員が多いほど、小口現金の残高があわなくなるリスクは大きくなります。しかし、法人カードを活用すれば小口管理をする必要がなくなり、小口残高があわなくなるリスクも、経理担当者の業務負担も軽減することができます。従業員への振込業務の負荷軽減や振込手数料削減の効果もあります。このように法人カードを活用することで、会社にはさまざまなメリットがあります。

法人カードを選ぶときのポイント

法人カードには経費精算の手間を削減できるなど、会社にさまざまなメリットがあることはご理解いただけたでしょうか。従業員全員に法人カードを持たせるのは難しいけれど、この魅力は捨てがたいという場合には、出張の旅費交通費や接待交際費の経費立て替えが多い、一定以上の役職者に法人カードを保有させることを検討するのもいいでしょう。ご検討の際には、業務軽減ができるほか、おトクで役に立つ機能がある法人カードであるかも、以下を参考にし、チェックしてみましょう。

付帯保険はどうか
法人カードの付帯保険の内容を確認しておきましょう。付帯保険とは、クレジットカードに付帯されている保険のことをいいます。

ポイントはどうか
法人カードのご利用でも、もちろんクレジットカードのポイントはたまります。水道光熱費や携帯電話料金のように、毎月必ずかかる経費をクレジットカード払いにするだけでもポイントはたまっていきます。ポイントのたまりやすさや、どのようなものに交換することができるかも調べておきたいところです。

ビジネスサポートはどうか
法人カードには、ビジネスを円滑かつおトクに進めるためのサポートが受けられる法人カードもあります。ビジネスサポートとしてどんなサービスを受けることができるか確認しましょう。

おすすめの法人カードはこれ!

法人カードを検討されている方に、おすすめのカードがJCB法人カードです。

JCB法人カードは法人カードのメリットに加え、ポイントがたまりやすく、付帯保険、ビジネスサポートも兼ね備えています。JCB法人カードの場合、10万~100万円のご利用可能枠(限度額)の範囲内でカードを利用できるだけでなく、旅行傷害保険で最高3,000万円の補償を受けられる保険を付帯しています。また、優待店舗を利用することでポイント還元率をアップすることができ、貯めたポイントでさまざまな商品に交換することもできます。ETCカードをJCB法人カードの発行枚数とは関係なく、年会費無料で複数枚発行できることも大きなメリットです。
さらに、ビジネスサポートも強力です。出張の際の交通手配のサポートはもちろんのこと、経理ソフトとの連携による入力業務の自動化など、会社の業務をしっかりサポートします。

まとめ

このようにJCB法人カードでは、経理にかかる業務負担の軽減や出張交通の手配など、おトクなビジネスサポートをご用意しています。
さらなる業務効率アップのために、JCB法人カードの導入をぜひご検討ください。

注意事項

本ページ記載の内容は2021年2月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >

経営者・個人事業主向けのスタンダードな法人カードです。

ページの先頭へ