ページの先頭です

カードローンとフリーローンの違いを
徹底解説!

カードローンとフリーローンの違いを徹底解説!

急な出費や現金の持ちあわせがないときに活用できる「カードローン」と「フリーローン」。どちらも使用用途の限定がなく、自由に使うことができるのが特徴のローンですが、使うのであればどちらを使うべきか、迷ってしまう方も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、似た特徴を持つこの2つのローンの違いや、目的別の選び方について解説していきます。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

1.カードローンとは

カードローンとは、専用のカードを用いて利用できる個人向けローンのことで、銀行や消費者金融、およびクレジットカード会社などがそのサービスを取り扱っています。

少々専門的な話にはなりますが、カードローンの場合、「当座貸越」という貸付形態になっています。これは、利用者は一定のお金の「利用可能枠」の範囲内でお金を借りることができるというものです。

例えば審査によって、100万円というカードローンのご利用可能枠(借入限度額)が決められた場合、その枠内で1万円だけ借りることも可能ですし、100万円を借りることもできます。

2.フリーローンとは

フリーローンは、おもに銀行が取り扱っている個人向けローンで、事業用や投資用として使う以外の目的であれば、自由に使うことができます。

フリーローンは貸付形態が「証書貸付」という形態になり、カードローンのようにご利用可能枠(借入限度額)が設定されるのではなく、必要な分のお金をそのまま借りられることが特徴になっています。

3.カードローンとフリーローンの違い

ここからはカードローンとフリーローンの違いについて、解説していきましょう。

借入回数

カードローンとフリーローンの大きな違いは、借入回数の違いです。

各ローンの特徴の部分でも触れましたが、カードローンの場合は、利用する際にご利用可能枠(借入限度額)が設定され、その範囲内であれば何度でも借りることができます。

100万円のご利用可能枠(借入限度額)であれば、最初に50万円を借りて、その後25万円を2回借りるというような借り方も可能になります。また、最初に100万円と借入限度額いっぱいまで借り入れたとしても、50万円の返済が完了すれば、また50万円分の枠が空くことになりますので、再び50万円を借りることもできます。

対してフリーローンの場合は、契約書に基づき、借入金額や金利、返済金額を決めたうえで融資が実行されます。そのため、1回の利用につき借りられるのは1回だけとなっており、再び利用したい場合は、再度申し込みと審査を行わなければなりません。

この借入回数の違いは、カードローンとフリーローンにあるさまざまな違いのなかでも、最も大きなものといえます。

金利

用途を限定せずに、お金を借り入れられるという部分で似た特徴を持ったカードローンとフリーローンですが、それぞれに適用される金利も異なります。

もちろん、扱っている金融機関や借入額などの細かな条件によって金利は変動するので、一概にいえるものではありませんが、フリーローンのほうがカードローンに比べ、金利は低めに設定されていることが多くなっています。最終的な返済金額を少なく抑えたいという方にとっては、フリーローンがいいといえるでしょう。

2回目以降の融資スピード

2回目以降の融資スピードの差も、カードローンとフリーローンの違いのひとつです。
カードローンは、融資スピードが非常に早いことが特徴です。ご利用可能枠(借入限度額)の範囲内であれば、何回利用してもすぐに借り入れすることができます。

それに対してフリーローンの場合は、利用ごとに契約をする必要があるため、2回目以降の利用だからといって、審査や融資までのスピードが早くなることはありません。

そのため、突然の出費に急いで対応できるという部分では、カードローンのほうが強みを持っているといえます。

お金の管理のしやすさ

カードローンの強みでもある、ご利用可能枠(借入限度額)の範囲であれば、何度でも借りられるという特徴は、使い方を誤るとお金の管理が上手にできなくなり、返済金額や残りの利用額が把握しにくくなってしまうデメリットとなりえます。

フリーローンの場合であれば、一度借りた後は返すことだけに集中できるため、お金の管理はカードローンに比べるとやりやすいといえるでしょう。

ただし、カードローンであっても、自分自身でしっかり記録をつけるなどしていけば、十分管理することができますので、人によっては、そこまで大きな差と感じることはないかもしれません。

4.ケース別、カードローンとフリーローンの選び方

最後に、カードローンとフリーローン、どちらのほうが適切かということについて、ケース別に見ていきましょう。

結婚式のご祝儀を用意するケース

結婚式のご祝儀代を捻出する場合は、カードローンのほうが向いています。

結婚式は、いつ招待されるかわかりませんし、すぐに別の友人や同僚の結婚式に出席することもない話ではありません。そのため、借り入れまでのスピードが早いカードローンのほうが、使いやすくて便利です。

また、借り入れる金額もご祝儀のみと考えれば数万円程度となります。少額の場合には、フリーローンの利用ができない場合もありますから、そういう意味でもカードローンのほうが適切だといえます。

家族での海外旅行費を用意するケース

海外旅行のような、日程があらかじめ決まっており、かつ金額もそれなりに高額になる場合には、フリーローンのほうがおすすめです。旅行に行く直前に申し込みをしない限りは、審査も十分間に合うはずですし、金利もカードローンに比べると低めに設定されていることが多いため、最終的な返済額も抑えることができます。

また、一度借りた後は、返済に集中するだけになります。

自動車の購入資金を用意するケース

海外旅行費用と同じく、時間的余裕がある場合や高額の借り入れが必要な場合は、フリーローンがおすすめです。

一方で、自動車の購入に関しては、自動車ローンという別のローンを利用することができます。このような使用用途が限定されているローンは、カードローンやフリーローンのような自由度こそないものの、それらに比べるとかなり低い金利で借入を行うことができます。

専用のローンが存在する商品を購入する際は、まずはそのローンが利用できるかどうか検討するようにしましょう。

5.カードローンとフリーローンの違いを理解し、
効果的に利用していこう

カードローンとフリーローン、それぞれの特徴や違いについて解説してきました。
一見すると似ているこの2つのローンですが、細かな部分を比べると違う点も多く、その違いこそが、利用する際の決め手となっています。

総合的に見てどちらのほうが優れているといったものはありませんので、利用したいシーンとも照らし合わせながら、自分に合ったローンを選択するようにしましょう。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

この質問に関連するカード

信頼のカードローン「FAITH」

  • 年利4.40~12.50%の低金利(当社比)設定
  • 借入限度額は50万~500万円
  • WEBで申し込み完結
  • 最短即日審査完了
  • 借り換え・おまとめにも対応
  • 手数料無料で全国15万台以上のCD・ATMを利用可能
  • インターネットまたはお電話の申し込みで最短数十秒でお振り込み
ページの先頭へ