ページの先頭です

ノンバンクとは?銀行との違いやメリットを解説

ノンバンクとは?銀行との違いやメリットを解説

カードローンなどを利用する際、ノンバンクという言葉を見たり聞いたりすることが多いのではないでしょうか。しかし、ノンバンクとは具体的にどういったものなのかについてまで、詳しく知っている方は少ないと思います。

ここでは、ノンバンクとは何なのか、そして、それらを利用することによってどのようなメリットがあるのかについて解説していきます。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

1.ノンバンクとは銀行以外の金融機関

ノンバンクとは、銀行以外の金融機関のことを指し、預金の受け入れを行わずに、お金を貸すなどの与信業務に特化した金融機関のことを指します。

お金を貸すための元となる資金は、主に銀行から得ており、いわば金融業界のなかの商社的立ち位置と考えてもいいかもしれません。

この情報だけ聞くと、どんな企業がノンバンクに該当するのかイメージできない、という方もいるかもしれませんが、私たちの生活の身近なところにノンバンクはたくさんあります。

例えば個人向けの融資を行う「消費者金融」もそのひとつです。テレビCMなどでもよく見かける大手消費者金融会社をイメージしてみれば、お金を預けることはできないけれど、借りることはできるという、ノンバンクの特徴を表していることがわかるはずです。

2.ノンバンクと銀行の違い

ここからは、ノンバンクと銀行の違いについて見ていきましょう。融資を行うという部分で近しい要素もかなり多い両者ですが、主に次のような点が異なります。

適用される法律が異なる

ノンバンクは「貸金業法」という法律、銀行は「銀行法」という法律が適用され、そのルールに従って業務を行っています。

利用する側にとって、意識することはないかもしれませんが、一点だけ重要なポイントがあります。

それは、ノンバンクは「総量規制」というルールの対象になるということです。

この総量規制とは、いわば利用者の借りすぎを予防するためのようなもので、次のルールが定められています。

  • 借入限度額は年収の3分の1まで
  • 1社から50万円以上借りるとき、または複数の会社から100万円以上借りるとき、収入証明書を提出しなければならない

これは、貸金業法にのみあるもので、銀行法にはありません。

本人に安定した収入がないと利用できない

総量規制が適用されるという特性上、ノンバンクは本人に安定した収入がない、年収がそもそも存在しない専業主婦や未就業者などは原則として利用することができません。

金利は銀行よりもノンバンクの方が高い?

銀行に比べると、ノンバンクのほうが金利が高い傾向があります。

その理由としては、次のような背景があるからだといわれています。

  • ノンバンクの資金の出所は銀行なので、利益を出すためには銀行よりも高い金利で貸し出す必要があるため
  • ノンバンクは保証会社の保証を受けることができないので、貸し倒れを防ぐため
  • ノンバンクは総量規制の影響もあり、借入金額が少なくなりやすいため

一昔前では、適用される法律が曖昧な部分があり、非常に高い金利を設定しているノンバンクも少なくありませんでした。しかし、法整備が進むなかで、是正されています。ちなみに、この法律の曖昧さによって生まれたのが、テレビCMなどでも話題の「過払い金」です。

近年では、そもそも消費者金融業者が銀行の傘下になっていることも多く、各社のサービスもより見直されている関係上、銀行とノンバンクで金利の差がほとんどなく、場合によってはノンバンクのほうが金利が低いというケースもあります。

融資スピードが早い

会社や商品によって差はありますが、審査から融資までのスピードは、ノンバンクのほうが早いといわれています。消費者金融系の大手企業では、カードローンの審査が最短30分、融資が最短1時間というところもあり、借りたいと思ったその場で、すぐにお金を借りられる点が大きな強みとなっています。

3.ノンバンクと銀行、どちらが優れている?

それでは、ノンバンクと銀行のどちらが優れているのでしょうか。

結論としては、ノンバンクと銀行で、「必ずこちらを利用したほうがいい」とは言い切れません。先ほどもご紹介したように、金利の面では銀行が優位に立つケースがありますが、一方でノンバンクのほうが審査スピードで優位に立つケースも多く、どちらがより重要な要素になるかは、使う人や使う目的によっても異なるでしょう。

基本的には目的やタイミングにあわせて、それぞれ銀行とノンバンクを使い分けるやり方が最も適切といえます。

4.ノンバンクと銀行、それぞれの強みをしっかりと
把握し、効果的に活用しよう

知っているようで意外と知られていない、ノンバンクの意味と特徴について解説をしてきました。

適用される法律の違いなど、少々複雑な部分に関しても紹介しましたが、あまり難しく考えるのではなく、利用者の属性や目的にあわせて、利用できる金融機関の選択肢が複数あるという認識を持っていれば問題ないでしょう。

ノンバンクと銀行、それぞれ金融機関という同じカテゴリーのなかであっても、会社や商品によって金利や融資のスピードは異なります。一概にどちらが優れているといったことはいえません。だからこそ利用者は、商品の特徴をしっかりと把握し、どれが自分にとって最も大きなメリットをもたらしてくれるのか、しっかりと比較・検討していく必要があります。

それぞれの強みをきちんと理解し、効果的に活用するようにしましょう。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

この質問に関連するカード

信頼のカードローン「FAITH」

  • 年利4.40~12.50%の低金利(当社比)設定
  • 借入限度額は最大500万円
  • WEBで申し込み完結
  • 最短即日審査完了
  • 借り換え・おまとめにも対応
  • 手数料無料で全国15万台以上のCD・ATMを利用可能
  • インターネットまたはお電話の申し込みで最短数十秒でお振り込み
ページの先頭へ