ページの先頭です

リボ払いは怖い?カードローンを上手く活用して返済を早く終わらせるコツ

リボ払いは怖い?カードローンを上手く活用して返済を早く終わらせるコツ

「リボ払いは怖い」と言われることがありますが、これは本当なのでしょうか?実際のところ、リボ払いは計画的に使えば特に問題がなく、便利です。しかし、計画性をもって使わないと、大きな損失にもつながるため、今後リボ払いを利用するかもしれないという方は、計画的な利用を心がけましょう。

この記事では、リボ払いが怖いといわれる理由と、万が一クレジットカードの使い方を誤り、月々の支払い負担が大きくなってしまった場合の対処法について解説します。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

目次

1.クレジットカードのリボ払いとは?

クレジットカードのリボ払いの仕組みや特徴をよく理解しないまま利用すると、リボ払いは「怖い」と思われることがあります。まずは、リボ払いの特徴について知っておきましょう。

リボ払いならクレジットカードの返済額をほぼ一定にできる

そもそも、リボ払いというのは、「クレジットカードを使った金額にかかわらず支払いを一定にできる返済方法」のことです。

例えば、10万円のものをクレジットカードの一括払いで支払うと、翌月(あるいは翌々月)の支払日に10万円が請求され、銀行口座から引き落とされます。ところが、これを「月々1万円支払いのリボ払い」にすると、支払日に引き落とされる金額が「1万円」になるのです。

ただし、残りの金額を支払わなくていいわけではありませんから、その後クレジットカードを使わなかったとしても、リボ払いの支払いは続きます。

リボ払いには手数料がかかる

クレジットカードの主な返済方法には、「一括払い」「ボーナス払い」「リボ払い」「分割払い」があります。このうち、「一括払い」「ボーナス払い」「2回払い」は手数料なしで利用できます。

一方、リボ払いと3回以上の分割払いには、クレジットカードの規約に応じた手数料(利息)が発生します。手数料率はクレジットカード会社により様々ですが、支払い回数が増えれば増えるほど、かかる手数料も高くなります。

例えば、10万円のものを分割払いの10回払いで購入する場合と5回払いで購入する場合では、5回払いの方が手数料は安く済みます。

一方、リボ払いでは1ヵ月の支払額を指定しますが、1回に支払う金額が高いほど支払い回数が少なくなり、手数料も抑えることができます。10万円のものをリボ払いで購入して、毎月1万円返済する場合と2万円返済する場合では、2万円返済する方が最終的な支払い手数料が安いのです。

それでは、分割払いとリボ払いだと、どちらが安いのでしょうか。これは、それぞれの条件によって異なります。とはいえ、「10万円の5回払いと、10万円を毎月2万円+手数料でリボ払いする場合」のように、支払い回数が同じであれば、それほど大きな差はでません。一方、10万円を5回払いで買った場合と、10万円を毎月1万円のリボ払いで買った場合では、分割払いの方が支払い回数を少なくできるので、手数料も抑えられる可能性が高いでしょう。

2.「リボ払いは怖い」と言われている理由

リボ払いは、ネガティブな論調で語られることも多い支払い方法です。
「リボ払いは怖い」「リボ払いはやばい」「リボ地獄」「リボだけはやめておいた方がいい」というような言葉を聞いたことがある方もいると思います。しかし、前述の通り、リボ払いは「月々の支払いを一定額にする支払い方法」なので、計画的に利用できます。

例えば、10万円の家電製品をリボ払いで買ったとしても、毎月1万円+手数料の支払いをする設定にしておけば、10回で支払いが完了します。ちなみに、この場合の利息は総額6,674円です。それでは、なぜリボ払いは怖いと言われることが多いのでしょうか?理由は3つあります。ひとつずつ、詳しく見ていきましょう。

手数料が高い

リボ払いは、手数料が高額になりがちな支払い方法です。ただし、「必ずリボ払いは手数料が高い」というわけではありません。利用の仕方によって、支払う手数料は変わります。
2つのシミュレーションを見てみましょう。

■10万円のものを一括払い、分割払い(5回)、リボ払い(毎月5千円+手数料払い)で返済

  総支払額 手数料額 支払い回数 1ヵ月当たりの返済額
一括払い 10万円 0円 1回 10万円
分割払い(5回)※1 10万3,598円 3,598円 5回 2万755円
(1回目と5回目は多少前後する)
リボ払い(毎月5千円+手数料の定額払い)※1 11万2,920円 1万2,920円 20回 5,063円~6,171円
  • シミュレーションの結果は、実際のお支払い金額と異なる場合があります。
  • 1 年利15.00%で計算した場合

この例では、リボ払いを利用した場合の総支払額がもっとも高額になる設定で算出しています。1ヵ月当たりの返済額は低く抑えられますが、支払いも1年8ヵ月続く結果になりました。

それでは、リボ払いの支払額が「5,000円」ではなく「2万円」の場合はどうでしょうか。

■10万円のものを一括払い、分割払い(5回)、リボ払い(毎月2万円+手数料払い)で返済

  総支払額 手数料額 支払い回数 1ヵ月当たりの返済額
一括払い 10万円 0円 1回 10万円
分割払い(5回)※1 10万3,598円 3,598円 5回 2万755円
(1回目と5回目は多少前後する)
リボ払い(毎月2万円+手数料の定額払い)※1 10万3,565円 3,565円 5回 2万254円~2万1,068円
  • シミュレーションの結果は、実際のお支払い金額と異なる場合があります。
  • 1 年利15.00%で計算した場合

この場合は、分割払いよりもリボ払いの方が、かえって総支払額が低くなっています。わずかな差ですから、シミュレーション条件の差によって逆転することがあるかもしれませんが、いずれにせよ、分割払いとそれほど大きな差は出ません。

とはいえ、実際にリボ払いを利用する際は、月々の支払額を低く抑えたり、繰り返し利用したりするケースが多いでしょう。
分割払いの場合、繰り返し利用したらその分支払総額が上乗せされていきますが、リボ払いでは返済額は一定となるので、最終的に支払う手数料総額は長期化し高額になっていきます。そのため「リボ払いは手数料が高くつく」というイメージがあるのです。

また、カード会社によっては、分割回数の少ない分割払いであれば、リボ払いよりも実質年率を低く設定しているところもあります。このようなクレジットカードを利用する場合は、分割払いの方が支払い手数料を抑えられます。

返済が長期化しやすい

リボ払いは、「いつまで経っても支払いが終わらない」と言われることがあります。このような返済の長期化は、リボ払いを繰り返し利用したり、月々の支払額が少なかったりすると起こりやすくなります。
特に、リボ払いの支払額が「手数料を含めて一定額」という支払い方法を取っている場合は、返済の長期化に注意してください。

リボ払いの支払額は、基本的に月々一定ですが、この「一定」の中に手数料を含めるタイプの返済方法と、含めないタイプの返済方法があります。
手数料を含める場合、「毎月1万円定額返済する」のであれば、支払い額は1万円ぴったりです。「元金+手数料=1万円」になるように調整して返済するということですね。一方、手数料を含めない場合は、支払いは1万円+手数料の合計額で、1万円よりも高額になります。

「1万円ぴったりのほうがわかりやすい」と思うかもしれませんが、そうすると元金の返済額が少なくなり、支払いが長期化しがちになります。特にリボ払い残高が高額だと手数料が高くなり、「毎月1万円支払っていても、そのうちの元金分はほんのわずかだった」ということもあり得ます。

繰り返しリボ払いを利用している方や、月々の返済額の設定を低めにしている方は、そのうちのどのくらいが利息で、どれだけ元金が減っているのか確認しておいた方が良いでしょう。ここの管理がしっかりできていないと、「いつまで経ってもリボ払いが終わらない」という状態になってしまうかもしれません。

自分がいくら使っているのかわかりにくくなる

リボ払いは、繰り返し利用しても月々の返済額は基本的に一定です(残高に応じて返済額が変わる場合を除く)。これは、使えば使うほど支払額が増える「一括払い」や「分割払い」とは違う、リボ払いならではの特徴です。

支払額が一定というのは、月々の負担を減らしたり、家計管理をしたりする上では便利かもしれません。「思わぬ高額のクレジットカード請求に驚く」ということも、リボ払いならありません。
しかし、だからこそ、「自分が一体いくら使っているのか」がわからなくなってしまう可能性があります。

リボ払いを利用していると、「今月いくら使ったのか」や「今、合計でいくら残高があるのか」ではなく、「あといくら使えるのか」に意識が向きがちになることがあります。しかし、これはとても危険な考え方です。リボ払いの利用枠は貯金ではありませんから、「まだ○○円使える枠が残っている」ではなく「○○円返さないといけない」と考えるべきでしょう。

無自覚に使いすぎ、リボ払いがある状態が普通になってしまうと、いつの間にか高額なリボ払い残高(=借金)を抱え、多くの手数料を支払うことになってしまうのです。

ショッピングリボ払いのご利用条件はこちら

ショッピング分割払いのご利用条件はこちら

3.カードローンはリボ払いの借り換えの強い味方!

3.カードローンはリボ払いの借り換えの強い味方!

では、もしリボ払いを利用しすぎてしまった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。
もちろん、リボ払いを完済できるだけの貯金があるなら、貯金を使って返済するのが一番確実です。しかし、それができないという方には、カードローンで「借り換え」をする形でリボ払いの返済に充てる方法もあります。

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

カードローンの仕組み

カードローンは、専用のカードを作ることで、ATMなどで融資を受けられるシステムです。あらかじめ設定された限度枠の範囲内であれば、目的を問わず何度でも繰り返し利用できます。返済もATMから行えて、借入や返済には、ATMの手数料がかからない場合がほとんどです。

また、カードローンは限度額が高額なため、複数のリボ払いを一本化することも可能です。1ヵ月に何度も引き落としがあって管理が大変な方や、リボ払いで支払額を抑えたはずが、複数利用しているせいで結局負担が大きいという方は、カードローンでの借り換えにメリットがあるでしょう。

カードローンにかかる手数料

カードローンの手数料は、「いくらまで借り入れができるか」という借入限度枠に応じて決まります。具体的な手数料率はカードローン会社によって異なりますが、JCBのカードローン「FAITH」の場合、手数料は4.40%~12.50%です。

リボ払いの手数料は多くの場合15.00%程度ですから、カードローンに借り換えるだけで手数料を低くすることができるでしょう。

カードローンとリボ払いを返済シミュレーションで比較!

最後に、リボ払いを続けた場合と、カードローンで借り換えを行って返済した場合について、シミュレーションしてみましょう。リボ払いは、月々の返済額が「1万円+手数料」の場合と「1万円ぴったり(手数料を1万円の中に含む)」の場合、両方について計算しています。

リボ払いとカードローンの支払額比較

どの場合でも、リボ払いよりもカードローンの方が総支払額は低くなりました。特に、毎月1万円の定額(手数料を1万円の中に含む)返済を行うリボ払いの場合、カードローンに借り換えることで総支払額が約23万4千円も軽減できます。

実際には、リボ払いを途中まで支払って借り換えるケースが多いと思いますが、それでも十分なメリットがあるでしょう。また、複数のクレジットカードのリボ払い残高がある方や、1度だけでなく繰り返しリボ払いを利用している方は、さらにメリットが大きくなる可能性もあります。

とはいえ、詳細な借り換えメリットがどのくらいあるかは、リボ払いの利用状況によって変わります。カードローン会社のシミュレーションなどで、月々の支払額や総支払額を確認してみてください。リボ払いを続けた場合の総支払利息や完済日も、利用明細に記載されている残高や支払額からシミュレーションしてみればわかるでしょう。

ただし、借り換えでリボ払いの枠があいたからといって安易に再びリボ払いを使ってしまうと、かえって借金が増えてしまうこともあります。リボ払いを完済した後は、計画的なクレジットカード利用を心掛けましょう。

4.リボ払いを「怖い」と感じたら、
カードローンで一括返済するのがおすすめ

リボ払いは、使い方によっては支払いがなかなか終わらず「怖い」と感じてしまう方もいるかもしれません。その場合は、リボ払いを多用することをやめ、クレジットカードの使い方を見直す必要があるでしょう。
もしもリボ払いが長期化し、月々の支払い負担が増えてまったら、カードローンで一括返済するという選択肢があることを覚えておいてください。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

  • この特集の内容は、一般的な情報を元に記載しております。JCBカードローン「FAITH」のサービスには該当しない情報も含まれています。

この記事に関連するカード

信頼のカードローン「FAITH」

  • 年利4.40~12.50%の低金利(当社比)設定
  • 借入限度額は50万~500万円
  • WEBで申し込み完結
  • 最短即日審査完了
  • 借り換え・おまとめにも対応
  • 手数料無料で全国15万台以上のCD・ATMを利用可能
  • インターネットまたはお電話の申し込みで最短数十秒でお振り込み

お申し込みはこちら

ページの先頭へ