ページの先頭です
×

カードを比較する

カード

年会費(税別)

ポイント

旅行障害保険
(死亡・後遺症害の場合)

国内・海外航空機遅延保険

ショッピングガード保険

ライフアクシデントケア

トラベル

実施中のキャンペーン

追加カード

お申し込み対象(本会員)

クレジットカードとキャッシュカードは何が違う?特徴や使い分け方を紹介

クレジットカードとキャッシュカードは何が違う?特徴や使い分け方を紹介

日常のさまざまな場面で、必要に応じてキャッシュカードとクレジットカードの使い分けが行われています。キャッシュカードで現金をおろし、通販サイトでのお買い物にはクレジットカードを利用します。中には、両方の機能が備わった一体型カード一枚で、支払いからATMの操作まで済ませている人もいるでしょう。一方、明確にはどのような違いがあるのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。
この記事では、それぞれのカードの特徴や違い、そしてさまざまな場面で便利に利用できるクレジットカードのメリットと、おすすめのクレジットカード情報について紹介します。

目次

クレジットカードとキャッシュカードの違いと特徴

まず、クレジットカードとキャッシュカードについて説明します。また、両方のカードと一部似た特徴を持つデビットカードについてもあわせて紹介します。

キャッシュカードはATMで銀行口座の預貯金の操作ができるカード

銀行口座を開設するとカードが発行され、ATM(現金自動預払機)で口座の預貯金の出入金や振り込みを行えるのがキャッシュカードです。わざわざ窓口に行かなくても、金融機関やコンビニのATMで現金操作ができます。多くの場合、口座の開設には年齢制限がなく、キャッシュカードの作成についても同様です。つまり中高生でもキャッシュカードを所有できます。また最近では、従来の磁気ストライプ型のカードではなく、ICチップを搭載したカードや生体認証の導入が進み、よりセキュリティが強化されています。なお、キャッシュカードはあくまでも、個人が所有する口座で出入金や振込を行うためのものであり、店舗やネットストアなどでの支払いに利用することはできません。
また、一部金融機関においては、口座開設に際してキャッシュカードが発行されない場合があります。

クレジットカードは現金の代わりに買い物ができるカード

手元に現金がない場合でも、利用限度額以内であれば支払いができるのがクレジットカードです。さまざまな店舗、ECサイト、公共料金や税金の支払いにも利用でき、とても便利です。支払いはカード会社が代行し、利用者は後払いという形で翌月以降に利用額をカード会社に支払います。カード会社に代金を立て替えてもらう以上、一定の信用が必要です。そのため、「18歳以上であること」や「一定の収入があること」などの条件があり、審査の上でカードが発行されます。カードのランクによって年会費が異なり、年会費無料のカードもあれば、年会費が高い反面、魅力的な特典が付いたステータスの高いカードなどもあります。
また、家族カードやETCカードといった追加カードの発行も可能であり、現金を借りるキャッシングサービスが付いているのも特徴です。そして、国際ブランド加盟店であれば海外でも利用できるため、多額の現金を持ち歩かずにお買い物ができて安心です。
なお、クレジットカードの発行に際しては、銀行口座の開設が必要となる点にご注意ください。

デビットカードとの違い

クレジットカードのようにさまざまな支払いに利用できるという点で似ているのが、デビットカードです。大きな違いとして、クレジットカードはカード会社が支払いを代行するのに対し、デビットカードは個人の口座から利用した金額分が即時引き落とされます。銀行からお金をおろさずカード一枚で支払いに利用できる手軽さがあり、口座残高以上に使いすぎる心配がないことも特徴です。デビットカードの種類によっては年会費がかかったり、クレジットカードのような付帯サービスがなかったりする場合もあります。
クレジットカードの利用には抵抗がある、または年齢制限のためにまだクレジットカードが持てないという人には、こちらのJCBデビットがおすすめです。

JCBデビットについて

以下に、キャッシュカード、クレジットカード、デビットカードの違いについてまとめました。

キャッシュカード クレジットカード デビットカード
支払い方法 支払いの利用不可 一括払いや分割払い、リボ払いなど選べる 一括払い
年齢制限 制限なし 原則として18歳以上(学生不可の場合あり) 発行会社により異なる。例:中学生を除く15歳または16歳から など
決済・引き落としのタイミング 即時 翌月(口座引き落とし) 即時(口座引き落とし)
口座残高の把握 容易 把握しづらい 容易
利用明細の把握 把握しづらい 容易 容易

クレジットカード機能付き一体型キャッシュカードとは

ここまで、キャッシュカード、クレジットカード、及びデビットカードについて触れてきましたが、それぞれの機能が一体化した一体型カードも存在します。一体型カードは、銀行各社が国際カードブランドと提携して発行しており、主にクレジット機能付きキャッシュカードとデビットカード機能付きキャッシュカードの2種類に大別されます。
カード一枚の左右で機能が分かれており、片方の向きにクレジットカード機能もしくはデビットカード機能が付き、もう片方にキャッシュカード機能が付いています。目的にあわせてカード一枚で利用できる便利さが特徴です。

とはいえ、この一枚を紛失してしまうと双方の機能が利用できなくなる、使い方を間違えて予定にないキャッシング利用をしてしまう、といったリスクも存在します。また、一体型カードの解約時に銀行口座を残しておきたい場合は、新たにキャッシュカードの発行が必要となるなど面倒な側面もあります。加えて、クレジット機能を利用しない場合は、年会費が発生する可能性があるため注意が必要です。
カード一枚で事足りるという点は大変便利ですが、紛失や盗難などのリスクを考えると、用途にあわせてそれぞれのカードを用意しておく方が賢明でしょう。

クレジットカード・キャッシュカードそれぞれ持つなら、便利でおトクなJCBカードがおすすめ

続いて、クレジットカードを持つことで利用できる便利なサービスや得られるメリットについて紹介します。

クレジットカードを持つメリット

クレジットカードには、多額の現金を持つことなく支払いができる以外にも、さまざまなメリットがあります。特に利用する度にポイントが付くという点は、現金にはない大きな利点です。店舗だけでなくネットショップで利用できるほか、設定を行えばキャッシュレス決済に利用できるなど、さまざまな決済手段として利用できる利便性もあります。また、クレジットカードの会員サービスを利用することで、利用明細をウェブやアプリから簡単に確認できるため、家計管理がスムーズになります。

さらに、国際ブランドのカードであれば、海外でも国内と同じように利用できます。
日本発のクレジットカードとして唯一の国際ブランドであるJCBカードは、「JCBプラザコールセンター(海外)」にて、海外旅行中のトラブル時にも日本語・英語でサポートを行っています。加えて、24時間体制で不正利用を監視する安全・安心のセキュリティを備えており安心です。また、JCBは東京ディズニーランド(R)、東京ディズニーシー(R)のオフィシャルスポンサーとしてチケットがあたるキャンペーンを実施するなど、嬉しい特典が満載です。

キャッシュレス化で広がりをみせるタッチ決済にもクレジットカードが便利

クレジットカードの普及とともに、今や国内外を問わず一般的になってきたキャッシュレス決済。さまざまな種類がありますが、JCBカードをお持ちであれば、QUICPay(クイックペイ)TMの設定とお申し込みが可能です。QUICPayは、iPhoneやAndroid端末はもちろん、カードタイプやコインタイプなど、ご自分の好きなスタイルで決済ができます。事前にチャージをしておく必要も、わざわざ現金を準備する必要もありません。QUICPayが設定されたスマートフォンやカードを決済時にかざすだけでお買い物が完了します。また、QUICPayにJCBカードを設定することで、おトクに利用ポイントが貯められるといったメリットもあります。利便性の高さとおトクなポイントシステムを兼ね備えたQUICPayは、これからさらに普及していくでしょう。

JCBカードにおけるQUICPayの設定についてはこちらをご覧ください。

タッチで、ラクラク!QUICPay

はじめてのクレジットカードにおすすめのJCBカード

「クレジットカードを作りたいけど、普段は現金支払いがメインであるため、どのようなカードを持てば良いかわからない」、そうお悩みの人もいるのではないでしょうか。
そこで、はじめてクレジットカードを申し込むのにおすすめのJCBカードを2種類紹介します。

JCB カード W / JCB カード W plus L

JCB カード W / JCB カード W plus L

ウェブからの申し込み限定カードです。18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある人、または高校生を除く学生の人であれば申し込めます。年会費は39歳以降も永年無料となっております。ポイント還元率は常に2倍以上で、パートナー店でのご利用で還元率が大幅アップします。

JCB一般カード

JCB一般カード

ウェブからの申し込みで初年度年会費無料、さらに条件を満たせば翌年の年会費も無料となります。普段のお買い物や海外でのご利用でOki Dokiポイントがどんどん貯まる、JCBのスタンダードなカードです。国内外問わず最大3,000万円の旅行傷害保険も付いています。クレジットカードを持つのがはじめてで、ポイントを貯めながらお買い物をしたい人におすすめのカードです。

まとめ

今回は、クレジットカードとキャッシュカード、及びデビットカードの違い、そしてクレジットカードを利用するメリットについて紹介しました。それぞれのカードに便利な機能や特徴があることが、おわかりいただけたかと思います。
キャッシュカード機能と、クレジットカード機能やデビットカード機能が一つになった一体型カードもありますが、安全性などを考慮するのであれば、キャッシュカードとは分けて所有するのがよいでしょう。
この記事で紹介した内容を参考に、はじめてのクレジットカードはJCBカードを選んでみてはいかがでしょうか。

注意事項

本ページ記載の内容は2021年7月現在のものです。
また記載内容は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関連するカード

< >
JCB CARD W

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB CARD W plus L

ポイント還元率が高い年会費無料のクレジットカード

JCB一般カード

安心と信頼のJCBのスタンダードカード

ページの先頭へ