ページの先頭です

カードローンのご利用可能枠を増額する際のメリットと注意点

カードローンのご利用可能枠を増額する際のメリットと注意点

「大きなお金が必要なものの、今のカードローンの限度額では足りない」「限度額がいっぱいで、これ以上お金が借りられない」。カードローンを利用していると、このような状況に直面することもあるのではないでしょうか。

そんなときは、カードローンのご利用可能枠(借入限度額)を増額することを検討してみてください。増額の手続きを行うことで借りられるお金が増えるため、より柔軟にカードローンを利用することができるでしょう。ただし、ご利用可能枠(借入限度額)を増額するには、審査が必要となります。ここでは、カードローンを増額するメリットと注意点を紹介します。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

1.ご利用可能枠(借入限度額)の増額とは

カードローンを契約した際には、「◯◯万円まで利用可能」というご利用可能枠(借入限度額)が設定されています。
通常、この限度額以上のお金を借りることはできませんが、引きあげるための手続きを行うことで、増額することができます。しかし、増額するためには、審査を通過する必要があるため、誰でも行えるというわけではありません。
増額の手続きはカードローンによって異なりますが、基本的にはインターネットもしくは電話で行うことになります。また、増額はいつでも行えるものではなく、利用実績が必要になるケースもあります。
このような期間が設けられているのは、きちんと返済する能力があるかどうかを見極めるためです。返済遅延がなく、利用実績が多い人であるほど、増額の審査を通過する可能性が高くなります。

2.ご利用可能枠(借入限度額)を増額するメリット

カードローンのご利用可能枠(借入限度額)が足りなくなった場合、他のカードローンを新たに契約すればいいと考える方もいるでしょう。しかし、カードローンは、1つの会社で利用したほうがメリットは大きくなります。
ここからは、ご利用可能枠(借入限度額)の増額のメリットについて具体的に説明していきましょう。

借り入れできる金額が増える

まず、ご利用可能枠(借入限度額)が増額されることで、いままで以上のお金を借りられるようになります。
現状では借りられるお金が少ないと感じている場合や、突発的に大きなお金が必要になった場合などに便利でしょう。ただし、借りられるお金が増える分、返済計画をきちんと立てないと、借金がなかなか減らないという事態に陥りやすくなります。増額を検討する際は、計画的に利用するという前提を忘れないようにしてください。

複数の会社から借り入れをするより、金利を抑えられる

カードローン商品によって異なるので一概にはいえませんが、基本的にご利用可能枠(借入限度額)が高ければ高いほど、金利は低く設定されています。そのため、例えば150万円の借り入れを検討している場合、限度額50万円のカードローンを3枚持つよりも、限度額150万円のカードローンを1枚持つほうが金利は低くなるのです。

JCBが提供するカードローン「FAITH」の場合、ご利用可能枠(借入限度額)ごとの金利は以下のように設定されています。

■カードローン「FAITH」の借入限度額および金利

ご利用可能枠(借入限度額) 金利
500万円 4.40%
400万~499万円 6.20%
350万~399万円 6.90%
349万円 8.00%
250万~299万円
200万~249万円 10.50%
150万~199万円
100万~149万円 12.50%
~99万円

また、カードローンを一本化することで、複数のカードローンから借り入れを行ったときよりも、返済の手間が省けたり、返済忘れの可能性も低くなります。

3.ご利用可能枠(借入限度額)を増額する際の注意点

カードローンを増額する際、契約時と同じように審査が行われます。増額を行う場合に注意すべきポイントはどこにあるのでしょうか。詳しく説明していきます。

増額の申請をする必要がある

クレジットカードの場合は、利用状況に応じて自動的にご利用可能枠(借入限度額)が引きあげられることがありますが、カードローンは増額の申請をしなければ、ご利用可能枠(借入限度額)が変更されることはありません。増額の審査では、源泉徴収票や給与明細書といった収入証明書の提出が求められる場合があります。必要書類をそろえてスムーズに対応するためにも、事前にカードローン会社のウェブサイトを確認しておきましょう。

※JCBが提供するカードローン「FAITH」の増額申請方法は「キャッシング専用のカード「FAITH」の増額申込方法について」をご覧ください。

キャッシング専用のカード「FAITH」の増額申込方法について

審査がある

増額の審査は、基本的に契約時と同様の観点でチェックされます。おもなポイントは次のとおりです。

・信用情報
第三者機関に記録されている信用情報を基に、審査が行われます。契約時からいままでのあいだに返済遅延がなかったか、他社のカードローンやクレジットカードの利用状況はどうか、自社以外の債務はどのくらいあるかといった点が確認されます。

・在籍確認
カードローンの契約時と同様、増額の審査でも在籍確認が行われる場合があります。転職した直後は、勤続年数が短いことを心配して、勤務先の変更がないと申請する人もいますが、在籍確認が行われると事実が明らかになります。正しい勤務先情報を申告する必要があります。

場合によっては減額されることも

増額できると考えて手続きを行ったのに、場合によっては限度額を減額されてしまうケースがあります。
以下の4つのポイントが重要になりますので、自分が該当しないか事前に把握しておきましょう。

・総量規制オーバーになっていた
消費者金融や信販会社をはじめとする貸金業者は、貸金業法の総量規制の範囲内でしかお金を貸すことができません。総量規制は年収の3分の1と設定されていますので、年収300万円の人はトータルで100万円までしか借りられなくなっています。
他社のカードローンやクレジットカードのキャッシングを利用していて、増額の申請時に総量規制の枠を超えていた場合は、枠内に収まるよう限度額が減額されることになります。

・年収が下がり総量規制の枠が狭まっていた
総量規制では、借入額が年収の3分の1に収まらなければなりません。
例えば、転職などで年収が450万円から300万円に下がると、借りられるお金は総額150万円から総額100万円になります。これまでのカードローンの利用限度額が150万円だった場合は、総量規制の枠内に入るように利用限度額が減額されます。

・転職で勤続年数が短くなった
カードローンの審査では、遅れることなく返済する人物かどうかを重視します。勤続年数が長いほど収入も安定していると考えられるため、勤続年数の長さは審査において重要になってきます。
そのため、転職して勤続年数が短い状態になった場合は、審査に影響する可能性があります。とくに、年収が増えていないケースや、年収が下がったというケースでは影響する場合もあります。

・返済遅延などがあった
増額を希望するカードローンはもちろんですが、他社のカードローンやキャッシングで返済遅延などがあった場合、減額される可能性があります。

増額の案内がカードローン会社から来ることもある

カードローン会社から増額の案内が来たり、ATMの画面上に増額可能という表示が出たりする場合があります。カードローン会社は、定期的に契約者の審査を行っており、利用実績が優良な人には増額の案内をしているのです。
ただし、案内が来たからといって、必ず増額できるというわけではありません。案内をした人に関しても審査が行われますので、転職して年収が下がっていた場合などは審査を通過できない可能性もあります。

4.カードローンを増額して計画的に利用しよう

カードローンのご利用可能枠(借入限度額)の増額は、申請することができます。ただし、審査が必要になりますので、信用情報や他社の借入状況には十分注意してください。
利用実績が良く、総量規制にも抵触しなければ増額される可能性は高くなります。ご利用可能枠(借入限度額)を増額すれば借りられるお金が増えるので、必要に応じて柔軟に借り入れを行うことができるようになります。とはいえ、借入額が多くなれば返済額も多くなるので、返済計画をしっかり立てて正しく利用しましょう。

キャッシングサービスのご利用条件はこちら

カードローン「FAITH」の申し込みはこちら

この記事に関連するカード

信頼のカードローン「FAITH」

  • 年利4.40~12.50%の低金利(当社比)設定
  • 借入限度額は最大500万円
  • WEBで申し込み完結
  • 最短即日審査完了
  • 借り換え・おまとめにも対応
  • 手数料無料で全国15万台以上のCD・ATMを利用可能
  • インターネットまたはお電話の申し込みで最短数十秒でお振り込み

お申し込みはこちら

ページの先頭へ